フランスのバレエ学校用の2週間ダイエットメニューやデュカンダイエットである程度痩せたい体重になって、体脂肪率も減り見た目もバレエのレッスンで自分の姿をみるのが楽しみになったら、ダイエットはそこでいったん終了となります。
理由:エンドレスでダイエットを続けていると、食べたいものも食べられず頭が満足しなく、過食に走ることがあるからです。
とはいっても痩せたからだを維持したいですよね?
職業としてバレエ、ダンス系、モデルやフィギュアスケート、新体操等をやっている人は常に痩せた細い体を維持することが求められています。
そして一般の人でも痩せたら世界観が変わりませんか?
自分なりのファッションやヘアメイク、メイクやエステ等の自分がもっと綺麗になりたいという世界がでてきます。
女性でも男性でもそういう自分に対しての欲望=新たな目標はでてくるのは当然です。
そういったときにどう対処するか?
引き続きずっとダイエットメニューを続けるのか?
そうなると友人たちとの食事や外食でも食べられるものが少なく、楽しめないことも生じます。
そういう場合に、ダイエットメニュに準じた基本的な食事管理はしつつ、「筋トレ」で体を引き締めていきリバウンドしないように痩せたからだを維持するのがメジャーな方法です。

筋トレ、バレエや有酸素系の運動、それに筋肉の量を保持して体脂肪率を保つためにプロテイン、BCAAといわれるアミノ酸MIL MIL MICHILU
を毎日摂取していくことが望ましいです。
一般的にはダイエット中や、アスリートたちが試合前・試合中に体脂肪を下げて筋肉の量を増やす目的でこうったサプリメントや飲料を用いますが、ダイエット後に体系を維持するための低い体脂肪率を維持するためにもこのようなサプリメントを摂取するのも一つの良い方法です。
フランスではダンサーたちが毎日の練習や数多い舞台で体力をかなり使うため、こういったサプリメントを常備している人は多かったですよ。MIL MIL MICHILU

2週間バレエ上達無料メルマガ講座

LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

バレエ上達2週間無料メルマガ会員

フランスのバレエ学校で学ぶバレエ解剖学を取り入れた上達する方法をポイントでお伝えしてます。

 

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

おすすめの記事