以下の内容は、実際にバレリーナの人たちや、バレエの先生等のバレエ関係者、芸術系のアスリートたちや普通に体幹を鍛えて体脂肪を減らして見た目も実際にも体重を減らして痩せたい主婦の人たちや、中年の太った男性も私が通っているバレエ関係者が行っている筋トレメニューでいつも教わっていることです。
普通のアスリートと違って、バーベルを上げる時間も回数も違います。同じようにトレーニングしていると、筋肉に負荷がかかりすぎで見た目がマッチョになってしまう危険がありますからね。
このデッドリフトの目的は、下背部・臀部・脚部を強化するもの。
バーベルを上げるときの上げ方も普通のジムとは違います。
1少しだけ各自がもっている筋肉にバーベルをあげることによって負荷を短時間でかけ、筋肉の組織を少し壊す

2小休憩
1,2の繰り返しを決まった回数をすることによって、壊れた筋肉を小休憩によって回復させる。その回復させるときに微妙な筋肉がつき体が修復していく作用があります。
こうやって徐々に必要な筋肉をつけていきます。

体脂肪も減るし筋力がつくので、例えば足をアラベスクに上げるときは太ももでなく腰の筋肉であげます。
こうすることによって足が高く90以上上がるようになります。

よく超人のようにアラベスクが上がった人をみますが、そういう人は臀部の筋肉の収縮でアラベスクをあげているのですよ。
このように筋トレメニューは個人の持っている筋肉の質や筋力によってもメニューの組み方が違います。
この筋トレメニューとバレエに必用な食事療法をやることによって、海外のバレリーナのように細いけどテクニックも強くできる体を作っていくことができます。結果見た目も外国人のバレエダンサーのようにやせることが可能です。

2週間バレエ上達無料メルマガ講座

LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

バレエ上達2週間無料メルマガ会員

フランスのバレエ学校で学ぶバレエ解剖学を取り入れた上達する方法をポイントでお伝えしてます。

 

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?