バレエのアラベスク・バランスをもっと楽にする方法

バレエのアラベスクでのバランスをとるとき、よく見かけるのが、手がつっぱって硬直気味あったり(手に力入れすぎで手でバランスをとっている)、首に力入れすぎや上にひっぱりすぎ。

↑これは見ていて苦しいものがある💦

バランスとるのもけっこう力がはいっちゃう感じでしょ?

 

アラベスクでバランスをとるために背筋や腹筋を使う、とか引き上げが足りない、とかいろいろ原因はあると思います。

 

私自身がバレエ団時代も今も、フランスでのバレエのための解剖学と実際の踊っていた経験で体がアラベスクでバランスをとるときの瞬間、どこを最初にイメージできるかによって完成度が違うことに気づきました。

 

「会員限定のバレエ上達サロン」ではそういったことも細かく話しますが、ここではあまりまだ日本では教えられていないことをフランスのバレエ解剖学の観点から一つ情報公開します。

 

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– スマホ用レスポンシブル –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-1291817856532052″
data-ad-slot=”1072084120″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

バレエのアラベスクでバランスをとる瞬間、どこから立とうとスタートしますか?

日本のバレエ教室でバレエを習っていた子供のころは、先生も根性時代のバレエだったので(笑)、頭で考えるよりも実践して自分で学んでいくバレエでした。

 

フランスのトゥールーズのコンセルヴァトワールで元校長先生から教わったのは、まったく違うこと。バレエの解剖学ではどこの筋肉をアラベスクの時に重点的に使う意識をするか?をしっかりと習ったのですが、ここではそこの筋肉の話は「会員限定サロン」だけで話すとして・・

 

バレエ初心者でなければアラベスクのフォームがお魚の開きでなく、骨盤の向きをできるだけ進行方向まっすぐに向けることはできている前提で話を進めます。

 

バレエでアラベスクバランスの瞬間、どこから上に立とうとするか?

↑これを考えてみてください!

 

バレエのアラベスクでバランスを確実に成功するコツ:フランスのバレエ解剖学より

私自身がいたフランスのバレエ学校ではアラベスクのバランスはスタートするときにどこをまずポイントとするかで軸がとれて楽にバランスがとれるか?ということを何度も言われてました。

 

体も頭もすぐ忘れてしまうのですが(笑)。

アラベスクの形が一応まっすぐにできているのを前提にして考えると、最初の立つ「軸足」を考えるとバランスを楽にとりやすくなります。

 

そう、アラベスクでプリエから立つプレパレーションの後に、軸足を先に素早く床に立たせてあげる。

この時ひざは曲がらないように♪

 

軸足で立つ位置に足を立たせてあげる。特にポワントの時はそうやってつま先で立つ位置を安定させてあげてから手をアラベスク1番の位置にもっていて、最後に後ろ足をアラベスクに持っていく感じです。

 

言葉で書くとかなり難しいのでしっかりと伝わるかちょっと不安なのですが・・。

 

バレエのアラベスクのバランスでの日本の民間療法

アラベスクのバランスをとる瞬間、

  1. 「手を先にアラベスクの位置にもっていく」
  2. 「遠くに軸足を立たせる」

とおっしゃる先生もいるけど・・。

 

1 手を先にアラベスクの位置に持って行ってしまうと、手に力がはいって手でバランスをとってしまうことが多い。

 

2 遠くに軸足をプリエからもっていくと、軸の移動がプリエ~アラベスクまでの移動距離が大きく、それだけ軸をとる時間が遅れてしまう→バランスの軸の位置がプリエから変わってしまう距離が大きいのでその分、バランスをとるためにまた軸を考えなければならなくなる。タイムロスが生じるわけです。

 

1,2の注意は私自身も日本のバレエ教室でこどものころ習いました。また今もバレエのオープンクラスでそのように注意している先生もみかけます。

 

多分、日本のバレエではそういう注意も当たり前なのでしょう・・。

ただその先生が、どれだけバレエの解剖学のもとに正しい知識を学んでいるのか?学びなおしているのか?ということを考えさせられてしまいます・・。

 

アラベスクに足をもっと楽にあげる筋肉つくりの話は他で話しているので、ここではアラベスクでバランスをとるときの軸足のタイミングを最初に考えると、バランスを自分の軸になる場所で立ちやすくなります♪

 

バレエの解剖学観点からバランスのスタート時の立ち脚のことが理解できたら、あとはその軸足のもとで引き上げするときの上半身の位置とアラベスクの位置の問題になってきます。

↑これはやはり個人指導で自分のアラベスクの軸をどこに感じるのかしっかりと修正してもらったほうが自分のバレエの上達のためになりますよ!

 


フランスバレエでもっと上手くなりたい人限定無料会員サロン

当会員サロンではフランス流バレエ限定無料会員サロンの2か月無料のメルマガをやってます。

会員の方も2020年5月初めに100名を突破しました♪

 

https://www.xn--ick2dvds33lkj3e.net/

 

 

正規会員登録までの流れ

まずは正規会員サイト申込フォームに申し込んでください
簡単なアンケートにお答えください♪

 

 会員登録画面

  • お名前
  • メールアドレス
  • カンタンな質問アンケート

を入力し、「確認」ボタンを押してください。

 

 

 

 

 

 登録完了画面

登録したメールアドレスに会員限定サロン(無料)のご案内とサロン専用の「パスワード」が送られてきます。

すぐにご確認ください。

 

メール内容

送られてくるメールに 会員本登録サイトが書かれています。これをクリックします。

 

ログインパスワードも書かれているので、サイトをみるためにこのログインパスワードをコピペ&張りつけします。

 

 

↓ 会員限定サロンのURLをクリックすると、

 

限定会員サロン本登録サイトへ繋がります♪

情報は随時更新中です。バレエ上達にむけて応援してます!

 

メールに送られてきた「パスワード」を入力し、最後に「確認」ボタンを押すだけ♪

 

会員サイトへ繋がります。

 

 

注意事項

まず厳重注意として、このプライベートサロンではバレエを習っている方たち(子どもや女性,プライベート)の画像・動画を扱っております。サロンの主催・責任者として「万が一」の性犯罪やその他男女関係のトラブルはあってはならないことと責任を感じております。

 

大変残念ですが過去に成人男性登録者よる出会い系や恋愛系目的でサロンに入会する方が増えたため、男性の参加を基本的に「お断する結果」となりました。

 

純粋にご自身の「バレエ上達」だけを目的とした限定サロンなので、恋愛系・出会い系とは趣旨が全く違います。

 

また有料会員の方たちとのバレエの上達を目的とした「交流のイベント」をいくつか準備中ですが、このイベントは「女性限定のイベントの内容」になるため、男性の方の参加はお断りしております。

 

主催者としての責任を負っている立場として、子ども&女性の方の安全を第一優先に考慮するため、女性の方と未成年の女の子、幼少期からバレエを習っている未成年の男性のみの入会とさせていただきます。以上、ご了承ください。

 

またこのように注意書きしても執拗に名前やメールアドレスを変更して繰り返し登録してくる男性の方に対して法的措置も考えられます。ご理解のほど重ねてお願いいたします。

 

総合Arts-Danse代表
Artomo

おすすめの記事