バレエを踊るのに適したいない脚の条件だと、体の強い部分が人より余計に発達させて弱い脚をカバーシてしまうことってよくあります。
それがししゃもふくらはぎと太もも外側のボコっとした筋肉。
鏡で横からも前からも見た自分の姿で、足のラインが特に汚く映ってしまいます。
鏡をみるのもイヤになるぐらい・・・
脚に無駄な筋肉がついていない外人体系の若いバレエをやっている人がいっしょにレッスンをやっていると本当に自分がが~んって落ち込んじゃいますよね。
バレエのコンクールや講習会にいってもそう。
特に足のラインの綺麗な生徒に注目が集まる・・。

見た目が綺麗になり、踊りも綺麗なラインの脚で踊れるように上達すれば、いい役もつくし、コンクールでも上位入賞は可能だし、海外のバレエ学校やカンパニーに入団することも可能ですよ。

2週間バレエ上達無料メルマガ講座

LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

バレエ上達2週間無料メルマガ会員

フランスのバレエ学校で学ぶバレエ解剖学を取り入れた上達する方法をポイントでお伝えしてます。

 

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

おすすめの記事