バレリーナの体形に必要な筋力や代謝のいい体をつくるために、食材を吸収・消化させ、いらないものは体の外へ排出させることが必要です。
この体の基本的なサイクルが上手くいかないと、便秘や代謝が悪くなり、不必要なものを体にため込む結果、痩せづらい体やポッコリおなかの原因となってしまいます。
食事をする時間もだいたいでいいので、いつもおなじくらいの時間帯で摂ったほうが痩せる体つくりのリズムを体の基幹に覚えさせるにも役立ちます。この現象は医学的にも証明されていることで、食べたものを体が取捨するリズムを一定にするためです。
よく言われることは夜ご飯は21時までに済ませるとか・・・。
でもこれはプロのバレリーナや大人になるほど結構21時までに夕食を済ますことは難しいことなんです。

夜ごはんの時間が遅ければ、それだけ消化・吸収・排出する時間もかかります。
だから朝食時間をいつもよりずらして遅くとることをお勧めします。
=朝食時間が遅れるということは、必然的におひるごはんの時間が朝食が遅れた分時間wおずらしたり、ランチの量を減らしたり、食べるものの質をローフードに変える必要があります。

 


2週間バレエ上達無料メルマガ講座

LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

バレエ上達2週間無料メルマガ会員

フランスのバレエ学校で学ぶバレエ解剖学を取り入れた上達する方法をポイントでお伝えしてます。

 

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?