バレリーナ体系って聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?
ガリガリに細くてやせ細ったバレリーナを想像する人も多いでしょう。
手足が長細くて、首が長くて立っているだけで美しいバレエダンサーを思い浮かべる人もいると思います。
逆に手足や背中、おなか回りの筋肉がけっこう発達していてガッチリしているバレエダンサーはイメージにないですよね。
どれも正しいバレリーナの体系であり、人ぞれぞれ痩せるフォームが違うことっていうのをまず認識してほしいです。
バレリーナの前に人間なんですから、筋肉がつく度合いやラインの見え方も人それぞれなのが真実。
ロパートキナやザハロワ、ルシア・ラカッラのような見た目も元から細いバレリーナもいれば、ロッホさんやアナニアシヴィリ、ボリショイ系のプリマの人たちはけっこう筋肉が見た目もついていて頑丈そうに見えますよね。
それほどバレリーナにもいろいろな体系の人たちがいても全然大丈夫てことです。
だからダイエットをやみくもにやっても自己流ダイエットだと栄養素がちゃんと取れてなく、体力がおちてレッスンやリハーサル、本番に集中できなかったり、体調が割る日が続いたり、生理が止まってしまったり、拒食症と過食を繰り返すようになったり。

バレエの動きにぶれない筋肉と骨作りに必ず必要です。

2週間バレエ上達無料メルマガ講座

LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

バレエ上達2週間無料メルマガ会員

フランスのバレエ学校で学ぶバレエ解剖学を取り入れた上達する方法をポイントでお伝えしてます。

 

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

おすすめの記事