MENU
LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

②フランス流バレエ上達のための骨格

✈海外バレエ留学のための個別コンサル

コンセルヴァトワールとバレエ学校留学情報

コンセルヴァトワールへバレエ留学するというと、パリにある国立音楽舞踊高等専門学校のことを通常指します。ただフランスにはこのコンセルヴァトワールは各地方都市にほぼあり、地方でもパリでも才能のある子どもが芸術を専門的に学べるように、プロ養成学校になります。

さてコンセルヴァトワールですが、日本ではまだまだパリにある最上レベルのコンセルヴァトワールだけが知られていますが、パリにはコンセルヴァトワールは複数存在します。

今回はコンセルヴァトワールの基本情報を明確にし、複数あるコンセルヴァトワールをレベルごとにいくつかに分類していきます。最後にバレエ留学のオーディション基本情報をまとめてあります。

フランス政府の方針が変わらない限りコンセルヴァトワールのバレエ留学のためのオーディション規定は毎年同様になります。

コンセルヴァトワールはコチラも一部参考になりますが、ざっくりとしか詳細がのっていないことがわかります。音楽、舞踊、演劇部門ではそれぞれ留学できる条件、卒業、在籍期間、資格も異なっています。

今回は、特に舞踊部門に関してフランスのコンセルヴァトワールについて日本にない情報をまとめます。

注:留学業者、舞踊関係者他、許可なしにすべての情報を転載・記載することを禁じます。見つけた場合、法的処置をとります。

目次

コンセルヴァトワールの基本情報

パリをはじめ、フランスの各地方都市には国公立経営のコンセルヴァトワールがあり、ここで才能のある子どもたちがバレエ、音楽、演劇等を学ぶことできる高等専門学校になります。

フランスのコンセルヴァトワールの分類と役割

少し話しましたが、フランスのコンセルヴァトワールはパリだけでなく、ほとんどの各地方都市にあり、次のように分類されています。

①Conservatoire National Supérieur de Musique et de Danse (CNSMD)国立コンセルヴァトワール、国立高等音楽舞踊学院
②Conservatoires à rayonnement regional(CRR)、地方コンセルヴァトワール、地方音楽院
③Conservatoire à rayonnement départemental(CRD)、県立コンセルヴァトワール、県立音楽院
④Conservatoire à rayonnement communal/intercommunal(CRC、CRI)地方自治体コンセルヴァトワール、地方自治体音楽院

コンセルヴァトワールを経営する機関が国立の場合は①、②は州立機関、③は県が経営、④市町村区の自治体が経営しているコンセルヴァトワールに分かれます。

フランス全土にあるコンセルヴァトワールのリストはコチラ⇒

バレエやコンテンポラリーダンスで日本人留学生に人気なコンセルヴァトワールは、①のパリ国立コンセルヴァトワールや、②パリ地方コンセルヴァトワール、①のリヨン国立コンセルヴァトワールになります。

普通科の学校と同時並行で踊りに関することをすべて学び、通常の学校の時間割を調整することができます。通信制の学校に登録する生徒も多く、1日中踊りつけの生活をする生徒、午後から通常の学校へ単位を取るために通う生徒、放課後にまたコンセルヴァトワールに戻り学校が終わったあとに練習をする生徒さんがいます。

コンセルヴァトワールはコチラも一部参考になりますが、ざっくりとしか詳細がのっていないことがわかります。音楽、舞踊、演劇部門ではそれぞれ留学できる条件、卒業、在籍期間、資格も異なっています。

コンセルヴァトワールの難易度、レベル

コンセルヴァトワールのレベルはパリのコンセルヴァトワールがトップになり、パリ・オペラ座バレエ学校と同等のレベルになります。

パリ以外の地方都市のコンセルヴァトワールはパリよりも入学しやすいです。

フランス国内のコンセルヴァトワールのバレエや舞踊学校は入学審査からかなり厳しく、また卒業も難しいのが特徴です。毎年2月~5月に行われる学期末テストに合格しないと、留年または退学を言い渡され、プロの道は閉ざされます。

ヨーロッパの国公立のバレエ学校と同じく厳しい進級制度になります。

日本からの留学生の場合、オーディション動画と書類選考、フランス語学能力証明書が必要になるため、かなりハードルは高いです。ただしコンクールのスカラシップで留学の場合、条件が異なることもあり、コンクールのスカラシップの条件をよく参照しましょう。

またサマースクール等の短期留学、研修は3カ月未満であれば学生ビザの取得が必要ないため、フランス語能力証明書は必要ない場合が多数あります。詳細は学校ごとに異なるため事前に十分確認が必要です。

コンセルヴァトワールには年齢制限があるの?

コンセルヴァトワールに入学する年齢と在籍できる年齢に当然制限を設けています。

フランス人の場合は最初の学年に入学していないと次の学年に進めないことになっています。各コンセルヴァトワールにもよりますが、バレエ・舞踊部門の場合大半が10歳までに入学規定となります。

コンセルヴァトワールにバレエ留学する場合の年齢制限

日本からのバレエ留学生は、大半が15、16歳歳以上で18歳~20歳、または22歳までが留学可能年齢になります。

ただしコンセルヴァトワールによって年齢制限の規定が異なるため、十分前もって調査が必要です。

さてここまでがコンセルヴァトワールに関する基本情報になります。パリだけではなく地方都市でも十分にコンセルヴァトワールにバレエ留学ができるほど学校がたくさんあるということがわかっていただけたでしょうか?

さて次は日本人留学生に人気なコンセルヴァトワールの紹介とオーディション情報のついてまとめていきます。

コンセルヴァトワール共通のバレエオーディション時の服装

パリ国立コンセルヴァトワール、パリ地方コンセルヴァトワール、リヨン国立コンセルヴァトワール他、コンセルヴァトワールのバレエ留学オーディション時の服装は同様に次の通りです。

女性:
ピンクタイツとレオタードのみ。
スカート着用不可

男性:
無地の白Tシャツとグレーのタイツのみ。

コンセルヴァトワールのバレエ課、1日のスケジュール参考

月~土曜日

  • クラシックバレエ(ジャズやコンテンポラリー) 7時~11時30分
  • ダンスのための音楽 13時30分~14時
  • キャラクターダンスやコンテンポラリーダンス:毎日1.5時間
  • 音楽理論・分析学 毎日2時間
  • ダンス史 毎日1時間

まさにバレエ漬けです。これで上達しないわけないでしょ!

コンセルヴァトワールのバレエ課、1日のスケジュール参考

月~土曜日

  • クラシックバレエ(ジャズやコンテンポラリー) 7時~11時30分
  • ダンスのための音楽 13時30分~14時
  • キャラクターダンスやコンテンポラリーダンス:毎日1.5時間
  • 音楽理論・分析学 毎日2時間
  • ダンス史 毎日1時間

まさにバレエ漬けです。これで上達しないわけないでしょ!

パリ国立コンセルヴァトワールのバレエオーディション

パリ国立コンセルヴァトワール基本情報

パリ国立コンセルヴァトワールとも、パリ国立高等音楽舞踊専門学校ともいいます。

Conservatoire National Supérieur de Musique et de Danse de Paris(CNSMDP)


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次