MENU
LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

②フランス流バレエ上達のための骨格

✈海外バレエ留学のための個別コンサル

留学専門コンサルタントによるバレエ留学サポート

バレエ留学するには、フランス、ドイツ、ロシア、イギリス他、国によっても留学手続きが異なります。

またエージェントでサポートを受けるばかりでなく、コンクールの上位入賞で短期留学や長期留学が可能だったり、個人で留学手続きをするバレリーナもいらっしゃいます。

今回はバレエ留学を成功させるために、フランスの国立バレエ学校元校長の多大な協力の元、留学を成功させるための学校選定方法等を少し情報提供していきたいと思います。

有料サポートを受け留学合格する生徒さんもいらっしゃるため、全ての情報を無料で公開というわけにはいきませんが、個人でバレエ留学する人のために学校の選定方法(リスク、メリット&デメリット)の概要をお伝えしていきたいと思います。

目次

個人でバレエ留学するための準備編:留学先のバレエ学校の選び方

個人でバレエの先生のサポートも得ずに留学する場合、どのバレエ学校へ留学するのか?あるいは留学できるのか?を決めていく必要があります。

大学受験と同じように、自分のレベルにあまりにも合わない学校を受けても不合格する場合がどうしてもでてきます。

また自分の体型や踊り方にあったメソッドの学校へ留学できれば才能も伸びますが、あまりにも合っていない伝統メソッドのバレエ学校へ長期留学してしまうと、伸び悩んでしまうこともあるため学校選びは慎重にします。

行きたい国、留学したいバレエ学校を決めよう

バレエ留学したい!といっても目的は個人で違います。また保護者の方のお考え、予算、期間、レベルによっても留学できるバレエ学校が異なってきます。

コチラでは例えば生徒さんのご希望、実際のレベルを動画で確認します。

その後希望の国や留学したいバレエ学校をある場合はそれを書き出します。

あまりにも受験するバレエ学校が多多い場合は選定が必要です。

オーディション日程も重なったり、動画オーディションやバーチャルオーディションで

ここで注意したいのが、あまりにもバレエ学校の数が多すぎたり(10校以上の受験)、メソッドがかなり違っているバレエ学校を選定している場合、オーディション動画対策も違ってきます。

また学校により指定のアンシェヌマンやパが違ってくる場合もあり、最終的に数校に絞ることが先決です。

  • ロイヤルメソッド
  • オペラ座メソッド(フランスメソッド)
  • ロシア・メソッド

のバレエスタイルも確認しながら、希望の国やバレエ学校の選定を行っていきます。

ここまででexcel等にまとめて一覧表を作ると、作業がその都度振り返りやすくなり、新たな学校の情報も追加できるので、ぜひまとめましょう。

ここまでのバレエ学校選定方法をバレエ学校に受かりやすいポイントをまとめながらエージェントと一緒に行っていくこともできます。

この他、このバレエ留学準備段階でのバレエ学校選定表(excel)をもとに、オーディションに必要な事項もいっしょにまとめてあると便利です。

↑このバレエ選定方法は留学エージェントによって独自の方法があるため、これに限らずいろいろなやり方があります。

こちらではEXCEL表をもとに、バレエ学校の詳細を追加でまとめていきつつ、同時に必要に応じてZOOMで生徒さんとヒアリンングしながら、希望校の順位をつけていきます。

このバレエ留学オーディションのための一覧表を先に作成することで留学目的がはっきりとし、いつまでに何をやっておくことが明確になります。

バレエ留学の目的を的確に考えてますか?

時々バレエのセカンドピニオンとして、ラインやメール、中には相談日を設けてZOOMでバーチャル相談を受ける中、バレエ留学後の自分を想像してない生徒さんもいらっしゃいます。

ただ留学するのではなく、留学後、どのような自分でいたいのか?を明確にクリアにすることで、近い将来の職業がきまってきます。

日本ではバレエダンサー、バレリーナの職業は社会的な保証が確立してません。

生計はアルバイトやフリーランスのバレエ講師、インストラクターとしてレッスンを行うことで生活費を得ています。

社会的な観点からみると、フリーターという扱いになってしまいます。

また留学しても劇場雇用にならなく、就職先(バレエ団)が決まらず帰国し、スタジオとアルバイトの日々に明け暮れる人も少なくないです。

日本でバレエ団に所属する、フリーランスのバレリーナで活動するということは社会保障が全くないため、フリーターやフリーランス、自営業に属することになります。

また留学経験目的にし、大学へ編入し就職を目指す生徒さんもいらっしゃいます。

将来、どのような職業に就きたいか?という視野も含め留学計画を立てていくことが望まししいです。

  • 留学目的
  • 留学後の目標・就きたい職業

他にも留学サポート中に様々な追加ポイントがありますが、生徒さんとその都度確認しながら、生徒さんにとって最適な留学経験が得られるように行っていくことが望ましいです。

こちらでは上記のような留学希望者用のセルフチェックシートも活用しながら、より具体的に留学までの準備を最短で進めていきます。

まとめ、留学専門コンサルタントによるバレエ留学の計画と学校選び方法

バレエ留学を決めてから準備期間も含め、実際に海外へ留学するまに数々のやるべきことを一つずつ完結していくために時間をり要します。

最低1年前から準備をスタートし、できる箇所は自分で、サポートを得ながら留学コンサルタントに一部代行を依頼しながら、最短で最適なバレエ留学を成功させていきましょう。

一部自分でできることがらもあります。そうすることでコストダウンが図れるますよ。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる