MENU
LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

②フランス流バレエ上達のための骨格

✈海外バレエ留学のための個別コンサル

海外バレエ留学には必須!海外保険付きクレジットカードは何を選べばいいの?

バレエの短期留学でも長期留学でも障害保険に加入することは海外渡航者に義務付けられています。未成年者はとくに一人で留学するため、海外では信用のためにもクレジットカードは最低でも2枚は持っていた方が無難です。盗難にあったときも、2枚あるとどちらか1枚が使えるので安心です。

 

ここでは海外保険AIUとは別に海外で身分証明にもなるもっていたほうがいい未成年用クレジットカードの種類を実体験をもとに情報提供していきます。

 

目次

バレエ留学先ではAIU海外保険会社は保証してくれなかった事実

私が最初にフランスのバレエ学校へ留学した時は、海外で怪我や病気になったときに現地の病院で手当てを受けた場合、現地で支払った費用が英語で書かれた書類を提出すれば後で保険料が支払われるというAIUの保険会社に日本で加入してました。

 

フランスについて学校が始まると、言葉が通じないストレスと友達も知っている人もいなく、親もいない、誰一人として助けてくれない生活だったので心がだんだんマイナス傾向になり、睡眠時間も少なくなってしまったため、日中はいつも眠い状態でした。

 

そんな悪循環の状況で週6日朝から夜までバレエ漬けだったので、体調を壊しました。また持病の喘息もあり、足首の捻挫&疲労骨折でレッスンが一時中断しました。

現地の外科にかかったとき、現地ではもちろん外国人なので保険がきかないため、実費100%で支払いました。保険が使えないとかなりの出費だったため、AIU保険会社に保険料の払い戻しをしようと思い国際電話をかけました。

 

そうしたら、

英語の保険証明書と領収書がいるということ。

ちょっとまって。ここフランスだし。現地のすべての医者が英語を話せるわけでもないし。英語のレセプト(領収書)をすべての個人病院を含む病院が発行できるとは限らないし。

 

パリだったら英語が通じる病院もありますが、当時のToulouseにはそんな病院ありませんでした。

 

そしてフランス語がほとんど話せない、フランス語を話せる友人もいない、そして毎日ストレスを感じている自分にとって、英語で領収書を再発行してとか、日本の保険会社から求められてる内容を話すとか、そんな高度なフランス語会話はかなり無理でした。

 

そういう状況をAIU保険会社に何回か話しても、どうにもならないの一点張り。

言い方も対応の仕方もかなり冷たくあしらわれました。

 

AIUに限らず保険会社は、掛け金を支払うときは会社が儲かるのでスマイルでは怒りを誘うような言動はしませんが、保険加入者がいざ病気やケガをしたときに保険料を請求すると当然会社からお金がでていきマイナスになるので、対応がいいわけありません。

 

結局AIU保険会社からは保険料支払いができなかったというかなり苦く、思い返すと冷たい対応しかしなかった保険会社にかなりの怒りだけが残ってます。

 

上記を考えると、海外傷害保険会社はいざというときには信用できないなと思います。

留学する際に海外傷害保険に加入することを義務付けている国々は多いのでAIUに加入しなければならないこともあると思います。その時は一番費用の安い掛け金で十分だと思います。

 

海外のバレエ学校で現地の傷病保険に加入できる事実を知ってますか?

海外では国公立の学校へ入学すると現地の学生保険へ加入することもできる学校があります。現地の傷病保険に加入できる国とそうでない国もあるので、事前に調べておくことをお勧めします。

 

フランスのバレエ留学の場合、学生ビザで留学することになるので現地の学校が指定する傷病保険に加入できます。加入できれば、怪我した場合や病気になった場合、一旦実費100%で支払った後に、領収証があればあとは保険会社の指定する審査用紙に必要事項を記入するだけで、フランス人学生と同様に保険の払い戻しができるので、かなりお得です。

 

私自身、フランスのバレエ学校へ留学した時は、初年度以外は日本の留学用の保険には一切加入しませんでした。現地のバレエ学校入学手続の時に、学生保険への加入が学校でできたからです。

 

国によって、また、留学期間、国立・私立によっても学生保険への加入可否は異なってきます。不安な場合、詳細は学校事務局URLのお問い合わせに直接メールするか、留学エージェントに代行して頂く方法も利用しましょう。

 

学校事務局へ直接交渉となるため、言語や時間の労力・交渉能力を必要とされるため、有償サービスになりますが、ネット情報や口コミだけでは情報の正確性は確かではないこともあります。

 

留学後、現地で困っても誰も助けてくれない、助けてほしいけど言葉が通じなくて、傷病保険加入ができるかどうか聞くこともできないと悲劇になることのないように、準備は十分すぎるほど必要です。

 

知ってますか?クレジットカードにも海外傷病保険がついているってこと・・・

バレエ留学する時に便利なクレジットカード。このクレジットカードにも海外保険補償がついていることが多いって知ってますか?

未成年や一定の安定した収入がないバレエ留学生も持てるクレジットカードは限定されてしまうというデメリットもありますが、何かのために海外旅行時の傷病保険保証がついているクレジットカードを留学前に作っておいた方がかなり安心です。

 

クレジットカードの規約をよく読むと、海外保険についての詳細がのってます。そのため高い保険料を払ってAIUの保険を選ぶよりも、海外保険付きのクレジットカードを一枚に安心のために選ぶことをオススメします。

 

これについてはコチラに詳しく書いてあります。

未成年の学生や安定した収入がない留学希望者に人気なUCプラチナカード

留学する場合、クレジットカードはVISA又はMasterカードが一般的です。留学生のデータを調査すると、特にUCプラチナカード も留学生に選ばれているカードの中で人気があります。

 

海外の大きな都市ではそれ以外のクレジット会社も使えますが、田舎や地方の場合、ビザ、マスターカード以外だと使えないお店、レストラン、公共機関もあるので、無難に世界樹で信用のあるUCやVISAカードを選べば安心です。

 

UCプラチナカードは現在いくつかのカードの種類があり、留学前の申し込みの時にどれが一番必要なカードか迷ってしまわないようにまとめました。

 

バレエやダンス留学で海外でもっているときにとっさに現地で役に立つクレジットカード?

バレエ留学でもダンス留学でも海外にもっていくと何か怪我や病気をしたときも海外保証があるクレジットカードはたくさんあります。

 

その中でもUCプラチナカードが留学生や海外渡航する人にとっても人気です。

というのもこのカードには高額な海外傷害補償がついているのが人気がある主な理由です。

 

保護者が親カードを作ることで、<家族カード>が低料金で作れるため、未成年や18歳以上で学生や一定の安定した収入や企業での就業年数がなくても比較的カードを作る審査が通りやすい、という理由があるからです。

UCプラチナカードの特徴

UCプラチナカードがバレエ留学やダンス留学する時に選ばれるメリットとして次のメリットがあるからです。

 

  • 18歳未満の学生や安定した収入のない18歳以上でも親カードを作ることで家族カードを持てる
  • 旅行代金をUCプラチナカードでお支払いいただいた場合、海外旅行では最高1億円の傷害死亡・後遺障害の補償がつきます
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険あり
  • 初年度年会費無料で翌年度以降条件により年会費無料(年会費といっても年1,375円(税込)のみで、学生の場合は在学中は年会費も無料のまま)

 

海外旅行傷害保険付きが最高2,000万円まで3か月間保証があるため、留学生に選ばれる理由でしょう。

また、引き受け元の保険会社も大手老舗の損害保険ジャパン株式会社であることも安心材料になります。

 

他の銀行は、クレジットカードの事前申請をしてから海外旅行傷害保険が付かないなどの制約があるなどマスト・ルールが多く手続きがかなり面倒な印象を受けました。

 

その点、UCプラチナカードはこのカードで旅費を決算すれば海外旅行傷害保険も一緒に付加されるため、手間がかからないです。

 

 

他にもいろいろ興味を引く特典がついているので、UCプラチナカード へ本契約する前に確認してみるといいですよ。

 

他のカード会社の場合、年収規定や継続した一定の安定した収入をカード審査対象としているので、バイトや親元で生活をしながらバレエやダンス留学をしようと考えている人にとっては、留学に必要なクレジットカードは審査で引っかかることが大いに考えられます。 

 

以上より、保護者がUCプレミアムカードを作ることで、家族カードが低料金で作れ、普通の比較的カード審査が緩やかで通りやすく、海外傷害保険も3か月の範囲で保証されるカードを最低1枚は持っておいた方が安心できます。

 


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる