ヨーロッパのバレエ団の情報:フランス、ニースバレエ団のオーディションとバレエ団の情報

南フランスのリゾート地、ニースにもバレエ団があります。

このバレエ団は1947年に創設され、オペラと歌劇とバレエの3構成でなりたっている劇場です。現在の芸術監督は、パリ・オペラ座元エトワール、エリック・ヴュ・アンさんが率いています。

 

フランス、ニース・オペラバレエ団の特徴

 

このバレエ団の特徴は、近隣のニース・コンセルヴァトワール(高等地方音楽院)やロゼラ・ハイタワー、モナコ王立バレエ学校の生徒たちにも経験としてコンテンポラリーダンスの共同作品にも力を入れて入れます。

(これらのバレエ学校から当然ニース・オペラバレエへのプロのダンサーとしての採用もしています。)

 

バレエ団の作品は、クラシックバレエもコンテンポラリーも上演されていて、どちらも高いダンス能力が求められています。

 

バレエダンサーは、2017年時点で26人の中規模的なdバレエ団です。ニース市の管轄なので、公務員として社会保障は整備されていて踊ることだけに集中できる社会環境もうらやましい限りです!

 

現時点で日本人の在籍者はドゥミ・ソリストに女性ダンサー1名です。

 

 

フランス、ニース・オペラバレエ団のオーディション情報

 

 

ニース・オペラバレエ団のオーディションは毎年行われるのでなく、欠員が出たときに行われるようです。

2018年のバレエオーディションは以下のとおりです。いずれにしてもバレエだけでなく、高いレベルのコンテンポラリーダンスやインプロ能力も求められています。

 

公募オーディション

1次選考:書類審査(合格者のみ2次審査への案内がメールで届きます)

締め切り:2018年1月31日

必要書類:(履歴書、 写真数枚、ビデオ審査用url )

送付先:concours.opera@ville-nice.fr

2次審査

公開オーディション

日時:2018年2月12日(月)、男性8時~、女性12時~

オーディション会場: LA DIACOSMIE, 8 avenue Claude Debussy, Nice France

 

 

 
 




PAGE TOP