ベルリン国立バレエ学校への留学情報

 

ベルリン国立バレエ学校では、留学生やすでにバレエを本格的に練習しているドイツ国内の学生においては、第5学年からの入学を推奨しています。

この学校に留学するには、必ず事前にオーディション申請が必要です。

 

ベルリン国立バレエ学校 STAATLICHEN BALLETTSCHULE BERLIN und Schule fuer Artistik

アクセス

住所: Staatliche Ballettschule Berlin und Schule für Artistik 、Erich-Weinert-Str. 103、D-10409 Berlin Germany  

HP: http://www.ballettschule-berlin.de/cids/englisch/

TEL:  +49 30 405 779 0

Fax: +49 30 405 779 19

メール: sekretariat@ballettschule-berlin.de

 

ベルリン国立バレエ学校への留学方法はいろいろ

 

 

日本人の場合、過去の関係者によると、日本や海外のコンクールの上位入賞者が留学できる制度としてあったり、日本のバレエ教室の先生のコネクションで留学できたりということが大道です。

 

その他、バレエ留学業者を通して日本のバレエ学校の先生を通さずにも留学は可能ですが、今は誰でも留学資金の準備がクリアーでき、ある程度バレエができれば留学業者を通してバレエ留学できてしまう時代です。

 

そういった場合、実力以外のもので留学を実現しているという意味がこめられているので、「留学」が目的でそのあとに繋がるプロのバレエダンサーになるという夢が実現できるかは問題です。

 

  • 通常の入学時期:9月
  • 年齢:10歳~20歳
  • 寮あり
  • 授業料:ドイツ国立のバレエ学校のため、授業料は基本無料
  • その他、寮費や食費は必要
  • 寮費約220ユーロ/月
  • 食費:朝食、昼食、夕食込み(月曜~日曜)で 10,50ユーロ /日

 

ベルリン国立バレエ学校第5学年(11歳)の編入試験の時期

 

 

年4回編入試験あり、10月、12月、2月、4月(要問合せ)

ドイツの義務教育期間は6~16歳(1学年~10学年)です。

 

オーディションの試験で、バレエ能力によっては第5学年でなく、もっと上級クラスへの編入も可能です。全ては入学オーディションの試験結果によります。

 

最終学年を卒業できれば、 Ernst Busch Academy の演劇学科の高校卒業証が取得できることになってます。

ただし試験はドイツ語能力が必須となるので、このドイツの卒業証書を取得できる留学生はそれほど多くないのが現状です。

 

 

第5学年以上の上級クラスへの編入方法:

ビデオ審査が可能なので、次の必要事項を学校へ送り、あとは学校の指示に従うことになります。

 

  • ビデオ審査(YoutubeやDVD等)用の自撮りのバレエワーク
  • 学校のHPから申し込み書をダウンロードして必要事項を記入したもの
  • 小学校、中学校の卒業証明書( the copy of your last two school certificates)

 

年に一度、毎年冬に学校の発表会があり、学年ごとに踊りを披露するようになります。上級学年になると、ソロヴァリエーションをもらえるダンサーもいます。すべては実力次第。

 

2週間バレエ上達無料メルマガ講座

LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

バレエ上達2週間無料メルマガ会員

フランスのバレエ学校で学ぶバレエ解剖学を取り入れた上達する方法をポイントでお伝えしてます。

 

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

おすすめの記事