フランスのバレエ留学につきもの、面倒くさい学生ビザ申請を成功さえるコツ

フランスのバレエ学校からオーディション合格通知が届いたら次にやることは、フランス大使館でのビザ申請。

 

2015y07m24d_024028889

年々、学生ビザを取得することはかなり難しくなっています。

実際、語学留学の人は学生ビザの申請却下されて、ビジタービザで申請変更する場合がかなりあります。

 

語学留学は誰でもお金がある人はできますが、バレエ留学は選ばれた人だけができる留学です。

自信をもってください。

 

語学留学希望者だけのびざ申請は手続きは後回しにされる傾向はありますが、国公立のバレエ学校の正規留学の場合ビザ申請の処理は早いです。

 

だいたい1ヶ月~1.5ヶ月もあれば学生ビザの申請がおります。

 

留学エージェントを利用すると、この面倒くさいビザ申請までのオーディション申請と入学手続きや留学先での宿泊手配を代行してくれるところもあります。

ただしビザの申請は、フランス大使館で面談もあるので、当事者がビザ手続きをすることになります。

 

 

以前はフランスだけでなく、こういったバレエ留学エージェントもなかったので、留学する人各自がいろいろな手続きを行いました。

 

面倒くさいこともありましたが、自分で手配するので後々何かトラブルが生じても、何をどうすればいいか理解できます。

 

逆に全ての留学手続きをエージェントに代行してもらうと、いざ留学先でのささいな手続きトラブルにも自分で対処できないことが多いです。

フランス現地でのサポートを受けられる留学エージェントもありますが、費用がその都度かかります。

その対処もすぐにしてもらえるわけでなく、時間がかかることが多いです。

 

 

未成年だからといって何ひとつ自分で手続きをしないまま、留学エージェントに丸投げはやめた方がいいです。

現地で咄嗟の対応も自分一人では何もできなくなってしまいますよ。

 

だから一部のサポートは留学エージェントへ依頼して、自分でやれるところはやった方がいいですね。

 

 

フランスへバレエ留学する時、学生ビザ申請場所はここしかない!

 

2015y07m24d_023915628

フランス大使館からの情報によると、ビザ申請は直接フランス大使館で電話予約してから、予約日に申請書類を提出するようになります。

特に入学時期直前は込み合うので、フランスの学校入学の約3か月前に電話予約したほうがいいです。

 

在日フランス大使館
〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44
Tel:03-5798-6000(代表)、Fax:03-5798-6106

 

フランス大使館の内部の方たちは、話の分かるフランス人が多いですが、電話受付の日本人女性はいつも応対が非常に悪いです。

 

これは私が留学申請した10年前から変わっていません。

フランス大使館に問い合わせをする時は、不快な思いをすると思いますがこれをクリアできれば大丈夫です!

 

フランス大使館ビザセクションはこちら

 

 

フランスの学生ビザ取得に必要な書類とちょっとした情報

 

2015y06m06d_060332558

必要書類に未記入の箇所や、書類・添付コピーに不備がある場合、ビザ申請が却下される場合があるので、書類を申請するときはチェック表を作って、提出忘れがないように最新の注意を払ってください。

 

日本のように後日提出等の寛大な処置は一切ありません。

 

  • ビザ申請用紙(大使館のHPよりダウンロードして取得可)
  • パスポートサイズ証明写真1 枚(正面、無帽、背景は白、35×45mm、デジタル写真不可)
  • パスポート:残存期間が 15 ヶ月以上と写真があるページのコピー1枚
  • (仮)入学登録書や(仮)入学登録証明書:これは学校から送られてくる。万が一送られてこない場合は早急に学校へ問い合わせること
  • ビザ申請料 : 10,000円弱で現金払い
  • 経済証明書のオリジナルとコピー:銀行残高証明書があれば大丈夫。フランス語の翻訳も添付すること
  • 保証書:保証人の経済証明書(源泉徴収とその仏語法廷翻訳)、保証人の身分証明書のコピーとその仏語法廷翻訳
  • フランス到着日から3 ヶ月間の滞在先の証明 - 住居の賃貸契約書、ホテルの予約書、寮の契約書等 
  • フランスの移民局(OFII)提出書:フランス大使館のHPからダウンロード可

 

フランス大使館の情報からは上記の書類だけですが、フランスで学生ビザを滞在許可証に変更する手続きや、住居契約をする時、銀行口座の手続き時等、様々な場合で上記の書類のコピーが必要となる場合があります。

 

またフランスの移民局では、必要のない書類まで提出するように求められることもあります。

 

そのためにもフランスに行ってから困らないように、上記の書類のコピーは大目に5部ずつ持っていけば安心です。

 

 

 
 




PAGE TOP