パリ・オペラ座バレエ学校: サマースクールへの参加条件

4959777610_d580c88ba0_b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランスのオペラ座バレエ学校もサマースクールを開催してから数年がたちました。

サマーコースの最後の日は、オペラ座の劇場でパフォーマンスを披露できます!

 

10年一昔まで、外国人のダンサーを嫌っていたオペラ座の体制も変わり、学校全体の考え方がやっと世界のバレエ学校と同じレベルに追いついてきた感じです。

 

でも依然として、フランス人優遇の人たちなので、サマースクールに参加すると嫌な思いをすることもあると思いますがめげずに頑張ってください。

サマースクールであれば、フランスの国以外の有名なバレエ学校の生徒も来るし、フランスの地方のバレエ学校の生徒もきているので、普段のフランス人がほとんどの異様な雰囲気のバレエ学校とは違い、オープンマインドに近いので、1,2週間のサマースクールならがんばれます。

 

オペラ座のバレエ学校のサマースクールを受けたい人のための詳細情報を以下に記載します。

 

オペラ座バレエ学校のサマースクールの参加条件と申請方法

 

988898429_9a7235b3c5_b

 

書類送付先

Ecole de l’Opera de Paris

Stage d’été – Service des inscriptions

20 Allée de la Danse, 92000 Nanterre France

TEL : +33 (0)1 40 01 80 00

FAX : +33 (0)1 40 01 80 50

 

申請方法:郵送のみ受付

規定の申請書は複数枚ありますが、1通のメールで写真も申請書も送るのであればメール申請も可能とかいてありありましたが、直感的にメールはしないほうがいいと思います。

オペラ座バレエ学校のネット環境は悪い時があり、繋がらない場合もあります。またフランス人にはよくあることですが、送ったメールを見てなかったといういい訳をする人のいるので、信頼しないほうがいいです。

 

郵送で送る場合、普通郵便でなく保障つきの郵便で送ったほうが安心です。フランスでは郵便事情も世界ワーストに入るほど、送ったものが届かないことがよくあります。私も何度も日本からフランスへ送ったものが紛失されたことがあります。

 

それを避けるために、保障つきのEMSであれば7~10日でフランスに届きます。だいたい書類なので2000円ほどで送れます。

申請期日までもし日数がないのであれば、2,3日でフランスまで着く<Fedex>で重要書類用の郵送方法を使えば大丈夫です。こちらの方が値段は高いけど、確実に住所の相手まで手渡しで届けてくれるので必ず届きます。だいたい1万円ほどかかります。

 

申請受付期限:1月中旬(着)まで

申請書類

  • 学校指定の申請書
  • 証明写真(3,5 x 4,5 cm, jpg形式)。この写真は写真なのでバレエのポーズ写真ではありません。
  • 35ユーロ(クレジット払い、又は銀行小切手)
  • バレエ写真2枚:バレエポーズの全身写真2枚(jpg形式)
  • バレエの履歴書1枚(短い内容のもの)
  • 健康診断の証明書(バレエをやっても問題ないということが書かれていること):

仏語の訳をつけてフランス大使館で翻訳証書の印鑑をもらうか、公的な仏語訳の業者に公的仏訳証明書を作ってもらうことが必要です。
海外留学保険の保障証1通(海外保険はAIUが有名です。)

  • バレエレッスンのDVD(mov形式 又は mp4形式):

バー:プリエ、デガジェ、ロンド・ジョンブ、フォンデュ、グラン・バットマン

センター:アダージオ、デガジェ、ピルエット、小アレグロ・ジャンプ、グラン・ジャンプ

女性はセンターの内容に関して、上記の中から3つのエクササイズをポワントでやること。

 

 

2016年のパリ・オペラ座バレエ学校のサマースクールの申請

 

Ballerina

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サマースクール:2016年7月5日~7月16日

申請期日:2016年1月22日(必着)

申請用紙はコチラからダウンロード https://www.operadeparis.fr/en/artists/ballet-school/summer-internship/courses

申請書のp11~12の書類に記入して郵送すること。

p13は奨学金申し込み(フランス人に限る)なので書く必要はありません。

料金:

10歳~12歳 レッスン料+寮3食付、1週間900ユーロ、2週間1900ユーロ

12歳~19歳 レッスン料+寮3食付、1週間1000ユーロ、2週間1300ユーロ

 

パリ・オペラ座バレエ学校のサマーコースのレッスン内容

 

女性、男性ともレベル別にクラスが編成されます。

 

レッスン時の格好

女性クラス:

  • 入門:ピンクのレオタード+ピンクタイツ、又はピンクのユニタード
  • 初級以上:黒のレオタード+ピンクタイツ
  • 女性クラスは全て、髪の毛をおだんごにまとめること
  • キャラクターダンス(黒のヒールがアルシューズ)のシューズは持参すること。

男性クラス:

  • 体にフィットした白のTシャツ
  • グレーのタイツ
  • バレッシューズはグレー
  • 白の靴下
  • キャラクターダンスのブーツは持参すること。

レッスン内容

女性クラス

  • 入門:バレエ、民族舞踊、マイム、音楽表現
  • 初級:バレエ、民族舞踊、マイム、音楽表現、ヨガ、フロアーバー、ポワントワーク
  • 初中級:バレエ、バロックダンス(宮廷のダンス)、キャラクターダンス、音楽表現、ヨガ、ポワントワーク
  • 中級:バレエ、キャラクターダンス、コンテンポラリーダンス、ヨガ、ポワントワーク、ワークショップ
  • 中上級:バレエ、コンテンポラリーダンス、キャラクターダンス、ストレッチ、ヨガ、ポワントワーク、ワークショップ
  • 上級:バレエ、パ・ド・ドゥ、コンテンポラリーダンス、ジャズ、ヨガ、ポワントワーク、ワークショップ
  • プロフェッショナル:バレエ、パ・ド・ドゥ、コンテンポラリーダンス、ジャズ、ヨガ、ポワントワーク、ワークショップ、振付クラス

男性クラス

初級:バレエ、民族舞踊、マイム、音楽表現、フロアーバー

中級:バレエ、宮廷ダンス、キャラクターダンス、音楽表現、ヨガ、男性の舞踊テクニック

上級:バレエ、パ・ド・ドゥ、ワークショップ、コンテンポラリダンスー、キャラクターダンス、ストレッチ、男性の舞踊テクニック

プロフェッショナル:バレエ、パ・ド・ドゥ、ワークショップ、コンテンポラリダンスー、ジャズ、ヨガ、男性の舞踊テクニック

 
 
 




PAGE TOP