パリ・オペラ座バレエ団の昇級試験の結果(速報)2018年11月

2018年11月に行われた、パリオペラ座バレエの昇級試験の結果です。

今年もやはり厳しい審査結果となりました。

審査は2018年11月9日金曜にオペラ座のガルニエ宮で行われました。

 

 

その結果を速報でここで公式にお伝えします。参考した情報はフランスの公式バレエサイトです。

参考;Concours interne de promotion 2018 (novembre) – Résultats des danseurs、9 novembre 2018、Catégorie :A la barre

 

パリオペラ座の昇級試験:2018年11月、カドリーユからコリフェへの昇進結果と順位

 

今回は2人がカドリーユからコリフェへ昇進しました!

男性2人のみの昇進結果となりました。

女性は今回は0人です。

 

コリフェで昇級試験を受けたのは12人です。

 

順位は以下のとおり

1位 、レオ・ドゥ・ブッセロール、Léo De Busserolles

2位、 アンドレア・サリ、Andrea Sarri

 

3位、Chun-Win Lam

4位、 Milo Avêque

 

男性の規定ヴァリエーションはパキータの第2幕、リュシアンのヴァリエーション(ピエール・ラコット版)

 

昇級試験には規定のヴァリエーションと、「Variations libres」男性のフリーバリエーションが審査対象になります。

 

パリオペラ座の昇級試験:2018年11月、男性カドリーユが選んだバリエーション

 

男性のカドリーユの団員の12人が選んだフリーバリエーションは以下の通りです。フリーバリエーションといえども全てクラシックバレエのバリエーションですね・・。

 

ジョルジオ・フーレ Giorgio Fourès : バヤデール、第2幕、ソロルのヴァリエーション(ヌレエフ版)

ジャック・ガストウット Jack Gasztowtt : チャイコフスキーパドドゥ、男性ヴァリエーション

ジュリアン・ギルマー Julien Guillemard : Dances at a gathering、 (ロビンス振付)

チュン・ウィン ラム Chun-Wing Lam : エチュード、マズルカバリエーション 

イサック・ロペス・ゴメス Isaac Lopes Gomes : 白の組曲、マズルカ

アンドレア・サリ Andrea Sarri : ドニゼッティ・パドドゥ、男性バリエーション (マニュエル・ルグリ振付)

ニコラウス・チュードリン Nikolaus Tudorin : ナポリ、男性バリエーション

ミロ アベック Milo Avêque : 白鳥の湖、1幕ジークフリートのバリエーション(遅)(ヌレエフ版)

アレクサンドラ ボッカラ: ラ・フィーユ・マルガルテ、第一幕、男性バリエーション

サミュエル・ブレ Samuel Bray : グラン・パ・クラシック 男性バリエーション

アントニオ・コンフォルティ Antonio Conforti : ジゼル、第二幕、アルブレヒトのバリエーション

レオ・ドゥ・ブッセロール Léo de Busserolles : ラ・シルフィード、第二幕、ジェームスのバリエーション(ラコット版)

 

パリオペラ座の昇級試験:2018年11月コリフェからスジェへの昇進結果

 

2018年11月9日のコリフェからスジェへの昇進ポストは2名だけの空きでした。

課題曲は「眠れる森の美女」第3幕の宝石の踊りより男性バリエーション

この昇級コンクールのバレエマスターはかつてオペラ座のエトワールだった、ジル・イゾワール(Miteki Kudoの夫)。

 

昇級したのは次の1,2番の男性のみ。

1位、アクセル・マグリアーノ、 Axel Magliano

2位 アントワーヌ・キッシャー、 Antoine Kirscher

 

3位以下

3位、トマス・ドキール、 Thomas Docquir

4位、シモン・ル・ボーニュ、Simon Le Borgne

5位、フロラン・メラック、Florent Mélac

6位、アレクサンドル・ガス、Alexandre Gasse

 

パリオペラ座の昇級試験:コリフェからスジェへ昇級した男性が選んだバリエーション

 

男性のスジェのバレエ団員の9人が選んだフリーバリエーションは以下の通りです。フリーバリエーションといえどクラシックバレエのバリエーションが多いです。

 

 

Alexandre Gasse : Push Comes to show (トワイラ・サープ Twyla Tharp)

Antoine Kirscher : Dances at a gathering, 男性バリエーション

Mickaël Lafon : ライモンダ、第2幕、アブレムの第2バリエーション、(ヌレエフ版)

Simon Le Borgne : バヤデール、第2幕、ソロルのバリエーション(ヌレエフ版)

Axel Magliano : 白鳥の湖、ジークフリートのバリエーション (ヌレエフ版)

Florent Melac :  カルメン、ドンジョゼのバリエーション (ローラン・プティ版)

Hugo Vigliotti : Pas./Parts (フォーサイス、William Forsythe)

Mathieu Contat : シンデレラ、第1幕、男性バリエーション (ヌレエフ版)

Thomas Docquir :白鳥の湖、ジークフリートのバリエーション (ヌレエフ版)

 

パリオペラ座の昇級試験:スジェからプルミエールへ昇級した男性の結果

 

2018年11月9日に行われたパリオペラ座の昇級試験で、男性のスジェのバレエ団員からプルミエールへ昇級したのは1人のみでした。

規定バリエーションは、ライモンダ第3幕(ヌレエフ版)ジャン・ドゥ・ブリエンヌのバリエーション

バレエマスターは日本でもマスタークラスの研修で時々講習会をやっている、世界帝に有名なバレエ教師のアンドレイ・クレムさんです。

プルミエールに昇級したのは、1位のマーク・モローさんのみ。

 

1位、マーク・モロー、 Marc Moreau

2位、フランチェスコ・ムラ、 Francesco Mura

3位、パブロ・レガサ Pablo Legasa

4位、フロリモン・ロリウ Florimond Lorieux

5位、ダニエル・ストック Daniel Stokes

6位、ヤン・カイユ Yann Chailloux

 

パリオペラ座昇級試験:プルミエールへ昇級した男性が選んだバリエーション

 

 

男性のスジェのバレエ団員の7人が選んだフリーバリエーションは以下の通りです。

フリーバリエーションといえども今回はクラシックバレエのバリエーションのオンパレード。

 

Pablo Legasa : ラ・シルフィード、第2幕、ジェームスのバリエーション (ラコット版)

Florimond Lorieux : 眠れる森の美女、第2幕、王子のバリエーション (ヌレエフ版)

Marc Moreau : Manfred (ヌレエフ版)

Francesco Mura : 泉 La Source、第2幕、男性バリエーション (ジャン・ギヨーム・バール版)

Daniel Stokes : エチュード、マズルカのバリエーション

Sébastien Bertaud : チャイコフスキーパドドゥ

Yann Chailloux : オネーギン、第2幕、レンスキのバリエーション

 
 




PAGE TOP