MENU
LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

②フランス流バレエ上達のための骨格

✈海外バレエ留学のための個別コンサル

バレエ留学と奨学金、スカラシップの情報

バレエ留学となればドイツやフランスの国公立のバレエ学校であればレベルはかなり高いですが、授業料はほぼ無料のため生活費のみを必要とする学校が多いのはかなり大きなメリットと言えます。ただ生活費を考えると、やはり年間ざっと200万円前後が必要になってきます。

アメリカ留学でニューヨークに住む場合はもっとも生活費だけでも世界中で高い国とも言われています。

実際にバレエ留学の費用まとめはコチラを参照ください

バレエ留学するのはかなりの資金が必要になってきます。年収1000万円以上の中流家庭でもラクにできることではありません。

今回はどうしてもバレエ留学を希望する生徒さんや保護者の方への奨学金情報を考えていきたいと思います。

目次

バレエ留学するための奨学金タイプ4つ

バレエ留学するための奨学金やスカラシップを得るための方法が4つあることをご存じでしょうか?

コンクールの上位入賞者へ与えられるスカラシップ(一部、全額)のほかにそれほど利用者が少ない奨学金もあります。

  1. コンクールのスカラシップ
  2. 政府の奨学金制度
  3. 一般企業の奨学金制度
  4. 外国政府の奨学金

バレエ留学と奨学金① バレエコンクールのスカラシップを狙う

すでにご存じの方も多いと思いますが、バレエ留学で一番多いのはコンクールの奨学金、スカラーシップで行く場合です。

ただ注意が必要な点は、スカラシップには短期期間と長期期間のものがあり、授業料が一部免除、又は全額免除されるものもあるため、全てがタダで留学できるとは考えない方が賢明です。

例え授業料が免除されたとしても、生活費や海外保険料、航空チケット代、その他万が一の場合に備えて年間150万~200万円前後の資金は準備が必要となってきます。

スカラシップのある人気バレエコンクール

こちらの情報とかぶってしまう情報もありますがご了承ください。

奨学金授業料
全額免除
授業料
一部免除
その他の
制度
期間
ジャパン
グランプリ
30万長期短期
バレエ学校入学権利あり
1年間
Prix du Japon
エデュケーショナル
×最優秀者のみロシア政府
スカラーシップ(1年~4年)
推薦候補賞あり
1か月
NBA全国
バレエコンクール
100万××長期短期バレエ学校
入学権利あり
短期
長期
京都
バレエコンクール
×学校により授業料や寮費、
渡航費用の一部補助あり
短期
長期
伊達
バレエコンクール
2万~
10万
(各部門1位)
入学許可と全額
又は一部受講料補償
短期
長期

(↑詳細は毎年変わる場合があります。詳しくは各コンクールHPで確認してください)

ジャパングランプリ

HP:https://www.jjgp.jp/

開催日程 夏

開催地 東京

参加年齢 10歳~19歳

奨学金

  • グランプリ賞 :コンクールの協力校で指定されたバレエ学校のフル奨学金と賞金30万円
  • スカラシップ賞 :コンテンポラリーダンスを除いた、全クラシック・バレエ部門で各部門バレエ学校の1年間受講料免除、またはサマースクールの受講料免除

決選出場者は舞台ステージでレッスン審査も行われているんが特徴。通常のバリエーションだけでなく、このレッスン内容が審査内容の一部にもなっているため、アンディオールができているか他、目立つコンクール仕様にできあがった派手なテクニックよりも海外で通用するバレリーナを育てるために基礎力が十分評価されます。

スカラシップのバレエ学校は、アメリカ、西ヨーロッパ、カナダが中心になります。ロシア以外にバレエ留学されたい生徒さんに適しています。

スカラシップのあるおもなバレエ学校リスト

エイリー・スクール(アメリカ)

ボストン・バレエ・スクール

ベルギー王立アントワープ・バレエ・スクール(ベルギー)

ベルリン国立バレエ学校(ドイツ)

カナダ・ナショナル・バレエ・スクール(カナダ)

カナダ・ロイヤル・ウィニペグ・バレエ(カナダ)

ドルトムント・バレエ(ドイツ)

ハリッド・コンサルバトリー(アメリカ)

ハンブルグ・バレエ(ドイツ)

ジョン・クランコ・バレエ・スクール(ドイツ)

国立バレエ・アカデミー・ミュンヘン(ドイツ)

オランダ国立バレエ・アカデミー(オランダ)

ニュージーランド・スクール・オブ・ダンス(ニュージーランド)

ノジャ-ネビュラ・ステージ・エデュケーション(オーストリア)

ピッツバーグ・バレエ・シアター・スクール(アメリカ)

ラドフォード大学バレエ・ユース(アメリカ)

サンフランシスコ・バレエ・スクール(アメリカ)

スカラ座(イタリア)

シンガポール・ダンス・シアター(シンガポール)

タルサ・バレエ(アメリカ) 他

ジャパン・グランプリ公式HPより

Prix du Japon エデュケーショナルバレエコンクール

HP:https://www.prixdujapon.com/

開催日程 3月

開催地 東京

奨学金

スカラーシップ賞 4協力校への無償研修留学許可
(1ヶ月間の授業料、寮費、食費免除。その後、有償で延長可。)

ゴールドスター賞・・・4協力校への留学許可。(1年〜)
シルバースター賞・・・4協力校への短期留学許可。(5ヶ月〜)
リトルシルバースター賞・・・3協力校への約2週間〜1ヶ月間の留学体験許可。

Prix du Japon エデュケーショナルバレエコンクールHP参照

Prix du Japon エデュケーショナルバレエコンクールの場合、奨学金はスカラシップ受賞者に限り、最初の1か月のみ生活費・授業料等全て免除されるということです。

1年以上継続して留学希望の場合、1年間分の授業料・生活費ざっと200万円前後の資金を準備しておくことが望ましいです。

スカラシップのあるバレエ学校

・ワガノワバレエアカデミー
・ボリショイバレエアカデミー
・ペルミバレエ学校
・ノボシビルスクバレエ学校

ロシアにバレエ留学を希望する生徒さんにとってかなりレベルの高いバレエコンクールになりますが、奨学金枠は少なく、1か月のみの全額免除のため、あまり期待できなさそうですね。

同時にコンクール開催中に、私費留学希望者のロシアバレエ留学オーディションも行っています。

私費留学でもバレエ学校で学びたい生徒さんはコンクール以外でも留学のチャンスが十分狙えるコンクールです。

NBA全国バレエコンクール

HP:https://www.nbaballet.org/competition/national/index.html

開催日程 冬、1月

開催地 東京

参加年齢 小学1年以上~

奨学金

中学生以上の優秀成績者に総額100万円あり

スカラシップのある学校

ただし、学校側や社会情勢により留学先のバレエ学校については変更もあり。詳細はコンクール参加する際にホームページを要確認しましょう。

エルムハースト・バレエ・スクール
カナダ・ナショナルバレエ学校
ジョンクランコバレエ学校
ボストンバレエ学校
ボッソブバレエシアター(アメリカ)
ノジャ・ネビュラステージエデュケーション(オーストリア)
モザ・バレエ・スクール(ベルギー)

NBA公式ホームページより

京都バレエコンクール

HP:https://www.kyoto-competition.com/

開催日程 夏&冬(通常年2回の開催)

開催地 京都

参加年齢 小学1年~高校3年生

スカラシップ

・ウィーン国立劇場バレエ学校
・ハンガリー国立バレエ学校
・ボリショイバレエ学校
・クルージュナポカ国立バレエ学校
・ティミショアラ国立アートカレッジ
・リスボン国立コンセルヴァトワール ダンススクール
・チューリッヒバレエアカデミー
・スロベニア国立マリボール音楽バレエ学校
・ハーレキン芸術舞踊学校
・ノースカロライナ州立芸術大学

京都バレエコンクール公式HPより

バレエ留学は可能ですが、奨学金があるかどうかはHPに記載されていないため、直接コンクール主催者へお問合せしていただくことが賢明です。

伊達クラシックバレエコンペティション(宮城)

HP https://www.date-competition.net/

開催日程 3月

開催地 宮城県 仙台市

参加年齢 7歳~

スカラシップ

・ロンドンスタジオセンター
・サラソタバレエスクール【アメリカ】
・ミルウォーキーバレエスクール【アメリカ】
・サラソタキュウバンバレエスクール【アメリカ】
・ラドフォード・ユニバーシティ・ダンス 【アメリカ】
・ルツページスクールオブダンス【アメリカ】
・インターナショナルバレエセミナーインバリ【イタリア】
・バリインターナショナルバレエコンペティション【イタリア】
・ケンタッキーバレエアカデミー【アメリカ】

伊達バレエコンペティションHPより

フルスカラシップと短期フルスカラシップ受賞者には、入学許可又は入学許可と受講料の補助制度があります。ただ、奨学金の資金額については詳細は書かれていないため、気になるようでしたらコンクール主催者側へお問合せして頂くことと安心です。

伊達バレエコンペティションはアメリカへバレエ留学を考えている生徒さんにとってこのコンクールはかなり魅力的といえますね💛

当社でも2021年秋以降、アメリカへバレエ留学した才能ある生徒さんはこのコンクールを受け高校生の部で見事2位入賞しました💛

このコンクール入賞を期に本来なら留学申請期間も締め切り後かなり時間がたっていましたが、他のもっとレベルの高いアメリカのバレエ学校へ編入することができました。

バレエ留学を一つのきっかけとして、現地でよりレベルの高いバレエ学校へ編入することも可能です!

②バレエ留学のための政府の人気な奨学金制度2つ

バレエ留学にはコンクールに上位入賞することで奨学金がもらえて海外のバレエスクールへ留学できると考える生徒さんや保護者の方が多いのですが、実は政府が主催している公的な奨学金制度もあることをご存じでしょうか?

留学する国によって、応募できる年齢、語学力、学歴等が異なってくるため、全ての希望するバレエ学校の国へ適用できるわけではありませんが、ヨーロッパの政府が行っているバレエを始め芸術分野で公的な奨学金制度を募集している情報をまとめました。

今回は、過去にバレエ留学されている実例がある政府の奨学金を2つ紹介していきます。

バレエ留学奨学金 公的奨学金① トビタテ!留学JAPAN

トビタテ!留学JAPAN とは? 概要

主催 文部科学省

HP https://tobitate.mext.go.jp/

  • 主催機関 日本学生支援機構
  • 第1回目開始 2019年
  • 対象者 高校生以上~
  • 対象分野 大学・大学院レベルの高等な専門分野から、芸術・スポーツ、国際ボランティアの4分野あり
  • 留学可能期間 2週間~1年

2019年から始まった比較的新しく、若い世代で留学希望者むけの奨学金制度になります。

このように公的な奨学金制度だと、年齢や学歴、高度な専門分野での募集が多く高校生で学問意義の分野で奨学金に応募できる制度はかなり珍しいです。

過去にもこちらの奨学金制度を利用してダンス留学した例もあります。

トビタテ!留学JAPANの目的

民間企業や各分野のプロフェッショナルな著名人他からの支援金や寄付などによって政府だけではなく、官民協働の目的で近い将来、世界で活躍できる日本人のためのグローバル人材を育成しています。

トビタテ!留学JAPAN 高校生コース のメリット

この奨学金の最大の魅力は奨学金返済が一切ないこと!です。

バレエ留学で年間200万~300万かかってしまうため、留学したくてもできない、あるいは2年以上の長期留学したいときに、私費で留学費用を貯めることと奨学金を利用することで、数年間の長期バレエ留学もかなえることができます。

モナコのバレエ学校や、ロシアの日本人クラスのある有名校、イギリスのロイヤルバレエスクール、アメリカのバレエ学校やカナダのウィニペグバレエスクール等は年間300万円前後の留学費用がトータルで必要とされます。

これが3年間で卒業を目標とすると、ざっと900万円は留学費用がかかってしまうことになります。このように奨学金を一部利用することで、1年分の費用だけでも免除されれば600万円前後で済むわけです。

採用されるかどうかは分かりませんが、チャンスがあるのにですからトライするのみです!

留学内容、渡航先、期間[14日間~365日間]を生徒が自由に設計できます。

返済不要な奨学金が給付されます。

全国から集う個性豊かな高校生と仲間になれます。

学校に行かない計画も応募可能です。
留学計画を設計する際、留学エージェント等のプログラムを利用いただくことも可能です。

https://tobitate.mext.go.jp/ より一部参照

トビタテ!留学JAPAN 高校生コース のデメリット

トビタテ!留学JAPAN 高校生コース でちょっと面倒だなと感じたのが、留学先と留学後に日本の良さを発信するアンバサダー活動をボランティアで行うことが課題になります。

応募コース

バレエ留学であれば スポーツ・芸術コースを選びます。

応募期間

留学希望年の1月から募集開始です。

例)2022年9月にバレエ留学予定 ⇒ 2022年1月からの募集開始に応募する必要があります。

応募方法と過去の採用予定者数

2020 年募集枠は800人と、かなり多くの高校生が留学できるように設定されています。

申し込みは、各自学校から応募することになるため、担任の先生に相談し早めの相談をしましょう。

ただし、コロナの影響で2021年は見送りになり、2022年以降は現在(2022年5月の段階)問い合わせ対応となっています。

直接公式HPから問い合わせてみましょう。

バレエ留学でトビタテ!留学JAPANの奨学金を利用した生徒さんの一部紹介

神田 紗綾さん

留学先 デンマーク・ロイヤル・バレエ団サマーコース

トビタテというのはとても手厚いサポートが受けられて、お金だけじゃなくて、海外留学に行く際のアドバイスだったり、いろんなサポートが文部科学省から受けることができて。

事前研修というものに行ってきたんですけど、事前研修で同じバレエで留学するという子とほとんど全員とお話することができて、トビタテの良さの一つで、いろんな人たちとつながれる、というのがあって。

あと、私が周りの大人から聞くことができない、海外に持っていったらいいものとか、あと海外の治安とか、注意したらいいこと

参考 https://www.dance-abroad.com/testimonial/2105-saaya-kanda-ballet.html
椙山女学園高等学校 間瀬あさひさん、石野愛奈さん

留学先

  • 間瀬さん フランスのカンヌのバレエ学校
  • 石野さん カナダへバレエ留学

7月から8月にかけて留学へ出発。

間瀬さんはフランスのカンヌ、石野さんはカナダのトロントにてバレエ学校へ留学しました。

将来はバレエ講師を目指している間瀬さんは、外国人の表現力の高さに刺激され、日本では学びきれないバレエの世界に触れることができ、石野さんは日本舞踊の経験を生かして他国の留学生と文化交流が図ることができました。

https://www.sugiyama-u.ac.jp/high/news/detail/post-377.htmlより一部抜粋

香川県 高松北高校生徒

留学先 ドイツ ハンブルクバレエ学校、ミュンヘン芸術大学付属バレエ学校 3週間短期留学

腕と指先を使い、もっと繊細な表現ができるようになるために、ミュン
ヘン芸術大学付属バレエ学校とハンブルクのバレエ学校に通いました。

日本にいるときから課題は認識していましたが、具体的にどこをどのように
改善すればよいか分からなかったので、今回の留学を通して、その改善の
ヒントを得られました。

香川県教育委員会 令和元年12月発行より
宇部高等専門学校 経営情報学科 栗田 日花瑠さん

留学先 フランス パリ、Studio Harmonic

バレエが生まれた国フランス(パリ)でバレエをするのが幼い頃からの夢で、バレエ留学をしてみたいと思っていましたが、お金の問題があり挑戦できませんでした。

そんなときに「トビタテ!留学JAPAN」の募集をたまたま教室の掲示で見て、締切の3日前くらいから急いで準備して応募しました。

留学先は、通っているバレエスタジオの公演でゲストとして来られたダンサーの方がフランスに住んでいて、留学の話しをしたら紹介してもらえるとのことだったので、夢だったフランスに決めました。

https://www.ube-k.ac.jp/international/overseas-training-12/004tobitate/

バレエ留学奨学金 公的奨学金② 日本政策金融公庫

HP https://www.jfc.go.jp/n/study_abroad/

バレエ留学のための奨学金で公的奨学金の2つ目の紹介は、日本政策金融公庫になります。

こちらは国の教育一般ローン制度になり、海外留学のためにも使える返済有の支援になります。

日本政策金融公庫のメリット

  • 上限450万円まで借り入れができるため1年以上の長期バレエ留学も可能です
  • 返済金利も銀行やカードローンの高い利子と比べかなり安い金利:固定金利で年1.80%
  • 3ヵ月からの短期留学でも融資が可能

300万円を借りた場合の毎月の返済額はどのくらい?

10年で返済する場合、毎月27,600円、最長18年で返済する場合、毎月16,400円の返済額になります。

(返済シュミレーションはこちらで実際に計算できます)

申込必要書類

  • 借入申込書
  • 住民票の写しまたは住民票記載事項証明書 世帯全員(続柄を含む)
  • 運転免許証またはパスポート
  • 源泉徴収票または確定申告書(控)
  • 預金通帳や領収書など

その他、必要書類につきましては公式ページへお問合せください。ネットで簡単に申込ができるため楽になりました。

バレエ留学のための奨学金③ 一般企業の奨学金制度

バレエ留学のための奨学金③ 一般企業の奨学金制度をここでは2つ紹介していきます。

英国ロイヤルバレエスクール奨学金 Kinoshita Royal Ballet Partnership

1つめは木下グループが100%出資となるイギリスのロイヤルバレエスクールに特化した奨学金制度です。

木下グループは英国政府の援助を受けられない日本人生徒のために、新たな奨学金制度を設けました。

現在は未来のダンサーとして可能性を秘める多数の学生をサポートしています。

木下グループHPより

奨学金制度については2017年のものなので、興味ある場合は直接主催企業へお問合せください。

バレエ留学のための奨学金④ 外国政府の奨学金

バレエ留学のための奨学金の最後の紹介は外国政府が実施している奨学金制度です。

ただしすべての国が行っているわけではなく、実施している国によって応募できる年齢、学歴、留学目的、留学先の学校により異なります。

留学したいバレエ学校が決まったら、その国で奨学金制度の有無の確認をHP等で確認してみることもお勧めします。

今回はそのうちの1つロシア政府が主催している奨学金でバレエ留学も対象ということで、ここに紹介します。

バレエ留学のための奨学金 ロシア連邦政府奨学金


HP https://www.permballet-japan.com/

ペルミバレエ日本校1期卒業生 Ballet studio fouetteの出身の生徒さん

留学先 国立ペルミバレエ学校

応募方法 ロシア国立ペルミバレエ日本校で募集

締切 希望する留学年の前年11月

詳しい応募条件・応募情報は直接バレエ学校へお問合せください。

まとめ バレエ留学と奨学金、スカラシップの情報

これまでバレエ留学のための奨学金制度を4つの方法で紹介してきました。

サマースクールに参加する短期留学費用から1年以上の長期バレエ留学にはかなり多額な費用がかかります。

また留学することはカンタンになりましたが、留学後の目標や夢を留学前にじっくりたて、留学先のバレエ学校を選び、留学期間を設定し、それに必要な費用をざっと計算したうえで計画的に奨学金申込、低金利ローンを借りることも検討していきましょう。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次