バレエで大きい胸は悩みのもと。胸を小さくし、健康的に痩せる方法!

バレリーナを目指している人がコンプレックスになっている体の悩みの1つが胸の大きさ。

思春期になるとどうしても胸が大きくなってしまい、レオタード一枚だと気になってくる時があります。バストがもともと小さい人ならレオタード一枚でも問題ないのだけど。

 

胸が大きいとやはり乳首がレオタードから透けてみえないか?

ジャンプをするときに胸が揺れてしまって恥ずかしい

胸が大きいと太ってみえるし、衣装合わせの時に恥ずかしい

 

いろいろな悩みが増えてしまいますよね。

 

私もジュニアの時はバストがあったほうなので(D65)やはり気になりました。

最初のうちはスポーツブラをつけたこともあったんですが、やはりレオタードにスポオーツブラをしているラインが現れてしまうこともあったので、やめてしまいました。ただ食事療法を初めて、体型もほっそりとして体重がやせるとそれだけ少し胸が小さくなる効果を実感してます。

 

 

バレエで胸が大きいと、ボディファンでやスポーツブラも逆効果

 

 

ballerina

 

ボディファンをつけたことがありましたが、胸がゆれてしまうのも防ぐこともできなかった・・・。

発表会で男性とパ・ド・ドゥを練習する時は、逆にボディファンのラインがレオタードからみえてしまったことがあったので、それが逆に恥ずかしくてレオタード一枚で練習した覚えもあります。

 

だから、ボディファンやスポーツブラをレオタードの下につけて練習するのは、ラインが気にならなければやってもいいと思います。

 

ジュニアの時にいろいろなことを試しましたが、結局正しいダイエットして痩せれば、胸も多少やせるということになります。

下手に食事制限して、栄養摂取が偏ってしまうと、かえって足の太さが目立ってしまったり、ウエストだけが先にやせてバストが小さくならなかったということもあります。

 

特にお豆腐や豆製品のタンパク質や、牛乳やヨーグルトの乳製品質をとらなかったり、油分や脂質を摂取しなさすぎだと、筋肉をつくったり形を保つ筋肉が作られなくなるので、胸を形作る大胸筋もやせてしまい、バストが垂れてレオタードからもだらしない形のバストにみえてしまうので、自己流ダイエットは避けるように!

 

バレエで胸が大きく気になる人へ、健康的な食事と同時に胸やせするポイント

正しいダイエットをすれば多少胸は小さくなるので、バレエでバストが大きく悩んでいる人にはダイエットも必要だということはお話しました。

 

ただ間違ったダイエットを継続すると胸がやせるのはいいけど、胸が下に垂れてしまい、レオタード姿でも胸が垂れてしまい、貧乳の悩みがでてきます。貧乳になってしまったら、バストを大きくする方法は実際にかなり難しいですよ(美容整形しかないでしょうね)。

 

だからダイエットで胸を小さくするのと同時に、貧乳で垂れないようにバストの形を整えることも同時に必要です。

その方法で一番効果的なのがエステに継続的に通って、きれいな体のラインを整えること。そうすれば、痩せてバストが小さくなっても垂れるのが防げます。レオタード一枚でも胸が揺れる具合も目だ立たなく、気にならなくなります。

 

体のラインを整えて、理想の体形のバレリーナになるにも効率的な方法です。

私自身も胸は小さくないんです。でも体重がやせるとそれだけ少し胸が小さくなる効果を実感してます。

【マルチ栄養ドリンク バランサー】

2週間バレエ上達無料メルマガ講座

LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

バレエ上達2週間無料メルマガ会員

フランスのバレエ学校で学ぶバレエ解剖学を取り入れた上達する方法をポイントでお伝えしてます。

 

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

おすすめの記事