病院のセカンドオピニオンは一般に広まりましたが、バレエの世界ではセカンドオピニオンとして外部のお教室やオープンクラスでまなんでいらっしゃる生徒さんのための公の相談制度はこのフランス・メソッドバレエサイトが日本初になります。

 

バレエの世界は狭く、年配の先生方はお教室をかけもちするだけでもその生徒さんのことを目の敵にし始めたり、あからさまな先生や他の生徒さんからのいじめ・攻撃も根強く残っているお教室もまだまだあります。

 

しかし、多様化している現在、いろいろな先生がたの考え・教え方が、生徒さん一人一人の問いにしっかりと答えることができているのか?お問合せを頂いているクライアント様とお話していく中で、私の中でも疑問点がたくさん浮かび上がってくることが多くあります。

 

今までのご相談内容の中には次のようなことがあります。

 

バレエコンサルタンとのご相談内容

 

 

 

バレエ留学したいと思っているのに先生が取り合ってくれない、相談にものってくれない・・

大人からバレエを初めてオープンクラスのみで習っているので、個人的にウイークポイントをしっかり教えてくれない(教える時間がない)・・

コンクールを受けさせてくれない

中学生から本格的に習えるバレエスクールを探している

習い事、趣味としてももっと本格的にバレエを学びたいけどどうやって他のお教室に移ればいいか分からない・・・

確証はないけどなんとなく先生は贔屓している生徒とそうでない生徒が見た目にもわかる・・

先生がちゃんと見てくれない、バレエを教えてくれない・・

基礎から学び直したいのだけれど、いったいどこからやり直せばいいのかわからない・・

 

こういった深いご相談をZOOMでお話しています。

 

このように深い、場合によっては将来を左右する、バレエの上達度や習得にかかる時間に影響のある相談内容のため、生徒さんから事前にいくつかのアンケートを頂き、その情報等をもとに、現在のご相談内容・改善方法等に関して、専門的な意見を提供しながら、今後の方向性に際して参考にしていただくことを目的としています。

 

場合によっては一緒にお話合いを重ねながらサポートをさせて頂くことも行っています。

 

ご質問・お問い合わせ内容 実例

バレエに関するお問合せはほぼ毎日約5~10通ほど頂くようになりました💛いろいろことに悩んでいらっしゃる、具体的に問題点を改善したい、誰にも理解しながら相談できる相手がいない・・という方が多いことに気づかされました。

 

できる限り頂く内容ですぐに答えられる軽いものから下調べが必要なこと、時には私のバレエ関係者や恩師のコンセルヴァトワールの先生のご意見や実際に先生の肩書と経験でバレエ学校へ口添えすることもありました。

 

バレエのお友達、両親、バレエの先生に話しずらいこと、専門的な対応をしてほしいというご依頼、それぞれ承ってます。

 

私の考え、バレエ学校や師範学校、カンパニーで学んできたことは一例にすぎませんが、それでも必要とされる方々にとってこの機会が良い方向へ進んでいくことを心から願ってます💛

 

ここで最近のお問合せやお悩み等、少しだけご紹介していきたいと思います。

もちろん、ご本のプライバシー・個人情報には細心の注意を払って個人が100%特定不可になるように、モザイク等を入れております。

 

セカンドオピニンオンは多岐にわたるバレエ相談が多く、実際にご相談内容で多いものをいくつかご紹介していきます。

 

大人の方からのバレエ上達のご相談

 

 

子どもさんのコンクールや普段のレッスン他についてのご相談

 

コンクールに向けてのVAの役作り

相談内容➡かなり真剣に役作りから取り組んでいて、回転系の具体的なお問い合わせ

コロンビーヌの役の解釈

コロンビーヌに見えるようなちょっとおどけた感じで、しかもかわいらしいお人形の雰囲気を踊りで見せるための 特殊な振付細部を2人の日本人のバレリーナさんを比較して説明しています。

まだまだたくさんありますが個々に載せきれないほど多くのご質問を頂いております。

 

バレエ留学相談

① バレエ留学希望、女性、21歳、Nさんからのご相談

21歳でも個人でフランスにバレエ留学できるか?その後のプロダンサーとしての活動ができるか?他、現在悩んでいらっしゃることを事前アンケートでご準備して頂き、ZOOM相談で留学の方法、概要他を説明いたしました。

実際にZOOMご予約されました

1回目のZOOM相談後、留学をするか迷っていましたが、留学へ向けて前向きに進んでいくことになりました。

オーディション合格へ向けて、普段のレッスン内容の改善点や準備事項、クラスやコンテンポラリーダンスにも強い先生やスタジオをご紹介いたしました。

・・・引き続き留学オーディションへ向けてレッスン方法、オーディションに合格するための改善点他、一つずつプランニンングしながら着実に継続中です。

② バレエ留学ご相談 18歳、地方在住、男性、Tさん、保護者の方からのご相談

すでにバレエ留学経験があり、コロナの影響で帰国され、プロのバレエダンサーになるために再度ドイツへ留学ご希望の保護者の方からのご連絡を頂きました。

以降、当エージェントでは、直実に再度留学へ向けて合格サポート・合格後の現地スタッフやドイツのバレエ学校経営者によるサポートまで準備を続行中です。

 

個人でバレエ留学するご相談はコチラでもっと詳しくご相談内容をうかがってます。当エージェントで留学サポートをご希望の方を優先的にご相談を伺っております。↓

 

 

 

 

バレエのセカンド・オピニオンのご相談方法

予約方法・ご相談方法

ご予約に関しましては、メールで承っております。下記お問い合わせ先までお願いいたします。

 

セカンドオピニオンはZOOMで行っており、基本初回30分程度お時間を頂くため完全予約制になっており、事前に日程調整をさせて頂いております。

対象となる方

バレエを習っていらっしゃる方、保護者の方

対象とならない場合

留学業者として当サイトのサービス偵察の場合

オープンバレエ教室の運営側・経営者の方のサービス偵察の場合

ご相談内容が当サイトの専門外である場合

ご予約の無い場合 等

費用

初回のご相談は無料になります(30分前後になります)

大変申し訳ないのですが、2回目からのご相談は専門的なバレエコンサルタント費用として5000円/時間(税込)を頂いております。

 

理由➡

ZOOM相談の日程を予約し、時間をかけてお一人ずつのお悩み解決に向けて一緒に前向きに進めるように、ご相談内容によって、かなり専門的な下調べ・調査をするための時間を必要とする案件が多いためです。

 

また調査内容によっては、海外の個人的なつながりのあるバレエ関係者へのサポート応援を依頼する場合もあるためです。

 

コンサルタント費用の参考として

個人的なご相談の方が多いため、コンサルタントの基本費用を参考に設定してます。
(専門参考URL→

またスタジオでのプライベート・レッスンは平均1時間8000円~1万円設定の先生が多いため、ZOOM相談では費用を下げて、ちょっと悩んだ時に気軽に遠慮なく話せるそうな機会にさせて頂いてます。

 

初回無料ご相談お申し込み

2回目以降のご相談のお申込み

(矢印をクリックすると申込フォームに変わります)

 

ZOOMご相談の日程

現在、ZOOM相談は日曜日に限定させて頂いております。

 

どうしても日曜のご都合がつかない場合、平日夜間のご相談も調整可。

(平日はバレエのお教室での教え、プライベート・レッスン、コンクール対策特別講座、留学サポートのための調査や事務処理のため、ご希望に添えない場合もございます。)

 

 

 

お問合せ受付時間

メールもLINEも24時間随時受付中

できる限り早急にご連絡いたします。

 

まずは初回無料なのですから、一人で悩んでいることを一緒にお話しする場として考えてみませんか?

 

初回ZOOM無料相談(30分前後)のお問い合わせフォーム➡

2回目以降有償ZOOM相談(1時間前後)のお問合せフォーム➡

バレリーナの食事サポートとダイエット厳選特集
プロフィール
userimg
<① バレエプロフィール>

・神奈川県の橘静子バレエ教室でバレエをスタート
・埼玉コンクール他

・フランス・Toulouse コンセルヴァトワール3位卒業
・フランス・Cannes・ロゼラハイタワー・ユースバレエ団
・Toulouse国立振付センター

・Tououse II Le Mirail大学院 古代キリスト教美術史修士修了

<②バレエ教室>

・帰国後、麻布十番のバレエ教室他、パリオペラ座メソッドを基に日本人の骨格に適応したレッスンやワークショップを随時開催中。

・2020年9月
地元=川崎市の二子新地から、初のパリオペラ座流のバレエをメソッドを通し、生徒さんの「発展し続ける能力」「一人一人が輝ける場」としてバレエ教室をスタート

・姉妹校であるフランスのToulouseのバレエ学校と今後連携したり、個人的につながりのあるバレエダンサーと連携し、生徒さんが「一人一人輝けるための」イベントやワークショップ、レッスン、ショーウィングを開催していく予定

<③資格>
・フランス・バレエ教師国家資格 DE
(Diplome d'Etat)
・バーアテール (床バレエ)教授法認定

<④ 総合バレエプロジェクト企画・運営>

☆ 2018年10月21日 [ SAKURA ] プロジェクト
イタリア、トレント市ペルジネ・バルスガーナ市立劇場で大盛況

日本人バレエダンサー(依田久美子、田中俊太郎)とイタリア人オペラ歌手(Katarzyna Medlarska、Andrea Fuoli)

☆ 2019年10月11日 [SPIRITS and HARMONY of 飛騨古川]
飛騨市 中垣克久彫刻庭園美術館で大盛況

日本人バレエダンサー(依田久美子、田中俊太郎)、彫刻家 中垣克久、音楽家 武満徹


<プロジェクト企画・運営の意図>

日本人のバレエダンサーによる日本人芸術家による創作活動を「日本から世界へ発信すること」で、将来的に企業や芸術に深い理解を示してくださるサポーターが増え、バレエを習うことのできる環境にある限られた家庭の子供たちだけでなく、数々の支援のもと、より多くの子どもたちが踊りに触れるチャンスが訪れるように。

そして今回のゲストダンサーのように稀有な才能を日本から世界に届けられるダンサーがもっと増えることを心より願ってます。

今後もバレエベースのコンテンポラリーダンスと他の芸術を融合させて創造できるアートプロジェクトを世界へ発信中

<⑤ バレエのネット講座>

バレエの更なる上達に向かって「オペラ座メソッド」で足に特化した悩みを解消しよう!

バレエで足に関係した悩みってつきないですよね?そういう時にプロのバレエ団で踊っていたバレリーナや、海外の本場でバレエ教師コースを修了した専門職として認定されているバレエ関係者の情報って信頼できるじゃないですか?

そういうわけでバレエの本場、フランスのバレエ学校、バレエ団、国家認定教師コースを取得した経験から<フランスバレエ上達サロン>で、もっとつっこんで「バレエをもっと上手く踊れるようになりたい!」人のための「バレエの脚に特化した悩み解消・改善」情報をいろんなバレエ動画を使ったりしながら発信中です。


<⑥このブログを始めた目的>

私は実は日本でバレエを教わった教室では「バレリーナになれない」「バレエ団は受けちゃダメ」と言われるほどバレエに向いていないバレエ条件の脚でした。

でもバレエが好きだったから、踊ることが好きだったし、バレリーナの動画や舞台を見て感動する幼少期でした。

バレエ教室では先生からはいわゆる落ちこぼれ生徒でよくレッスンを見てくれない、生徒確保で必要なだけの生徒でした。。

それでもバレエが好きだったからずっと続けてました。

24歳の時にフランスに大学正規学生として編入したことがターニングポイント!!
フランスのコンセルヴァトワールで元校長先生に声をかけていただき、そこから私のプロとしてのバレエ人生がスタート!

フランスのバレエ学校に24歳で特別留学して、フランス人の脚の美しさにショックを受けました。そこから自分の脚の長さ、太さ、筋肉の質にコンプレックスが頂点に達しました。

プロ生活と同時に「バレエに大切なのはまず足から♪」と考え、このブログで「バレエの脚の悩み解消」の情報を公開しようと思ったのが始まりです。

だから子どもからはもちろん、大人から始めてもバレエでもっと美しく踊れるようになりたいと思うのであれば「足の悩み」から解消することです!