バレリーナの見た目は細くて手足が長くみえますよね。
脂肪もありますが、やはり体脂肪率は一般の運動をしていない人たちよりも低いのが当たり前。
そのような痩せすぎた体型にならないまでも、ここで推奨されるリバウンドもしにくいダイエットには糖質制限が必要と何度も繰り返してきています。
ただ食事制限によるダイエットはとても重要ですが、それだけだど「食べてばかり」なので脂肪は燃焼しづらく、代謝も悪くなり痩せる速度がすごく緩やかになってしまいます。
それに対応するにはどうしたらいいのか?
簡単です。
ダイエットの基本4原則に戻ること。
ダイエットの基本

  • 糖質の量を制限しながら正しい食事制限をする
  • 適度な運動
  • 睡眠
  • ストレスや不安をためすぎない

腸腰筋=インナマッスルを短時間できたえてます。
バーベルを持ち上げてスクワットを長時間すると、筋肉ムキムキのアスリートみたくなってしまうので。
そこまではバレリーナの見た目には必要ない筋力なんですよ。
見た目はほっそりとスレンダーな体を維持していきたいですからね。
ジムでやっているバーベルスクワットは、

  1. バーベルを持ち上げる体制に気を付けながら10回スクワットをする
  2. 1分休み
  3. これを全部で3回繰り返すだけ

 

これだけやるだけでも私の場合は脇がまっすぐ保てて、この後バレエでピルエット系のもの、バランス系のものをやると驚くほどに体が軽く感じられ、軸もまっすぐになっているのが感覚でわかるようになります。
だから余計な力がいらずに、最小限の力で体を上下にひっぱって立つ感じでピルエットが楽に3回転できてしまうんです。
こういう感カウは個人差がありますが、自分のここなら安定して踊れる!という感覚を養うのは、バーベルスクワットは最適です。



 


2週間バレエ上達無料メルマガ講座

LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

バレエ上達2週間無料メルマガ会員

フランスのバレエ学校で学ぶバレエ解剖学を取り入れた上達する方法をポイントでお伝えしてます。

 

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

おすすめの記事