バレエダイエットで痩せよう!オンラインバレエでできる簡単な方法を紹介

バレエダイエットと聞くとどういう効果を期待しますか?

 

バレエをやるにはある程度の筋力は必要なので、一般の人やモデルさんのように筋肉がなさそうなスレンダーな脚のラインになるのは無理なんです。

これはバレエをやるうえでプロノダンサーになるにしても趣味でやるにしても同じこと。
例えばシルヴィ・ギエムさん、スレンダーでエックス脚ですが、筋肉の筋はタイツの上からでもくっきりとみえますよね?

 

陸上選手のように、アスリートのようなガチガチした見た目もムキムキした子持ちシシャモのふくらはぎや、太もも外側の筋肉がボコっと太すぎるのもバレエをやるうえで美しくない。

どうしてこのようなことが起こるのか?

本来ならバレエをやっていれば、理論的には綺麗な脚のラインの筋肉がつくはずなのに?

原因は、足の筋肉の間違った使い方をしているとよく言われますが・・。

確かにそうなのですが。

 

バレエダイエットで痩せられない原因とバレエ教室の関係

 

バレエの解剖学や筋肉のつき方をバレエ学校で勉強して、実際に毎日朝から夕方までバレエだけ練習しているという欧米のバレエ学校のように恵まれた環境のない日本では、自分の体の使い方を自分で感じながら、バレエの先生が注意することを聞きながら練習していくしか上達の方法がありません。

↑これが日本のバレエ教室の弱いところの1つ。

 

また大人バレエ向けのオープンクラスでは、バレエのレッスンを大勢でやるだけで特にバレエ講師の人は一人一人に注意してくれないでしょう?

 

ただ限られた時間の中で、バレエの動きやエクササイズの見本をみせるだけ。先生も年をとってきたり現役を引退すると、バレエの動きを端折ったり口で説明するだけの先生もいらっしゃるし・・。

 

こういうことも原因でバレエのレッスンだけでは例えば間違った筋肉の使い方をしていても一人一人に目を配れない事情があるから、正しい筋肉の使い方をしないために筋肉がとても太い足つきになってしまうことも発生しているんです。

脚の使い方が間違っているというよりも、脚がの弱い箇所を補うために、又は体の弱い箇所を補うために体の強い筋肉が作りやすいとことろでがんばってバレエのお稽古をした結果、子持ちししゃもや太ももの筋肉の異常な発達という結果になってしまったという他のバレエ教室からきた生徒さんもいらっしゃいます。

 

バレエダイエットで失敗する原因:バレエ教室で間違った筋肉の使い方を放置プレー?

バレエで体の弱いところは人それぞれですが、バレエ教室やオープンクラスに通ってもダイエットで痩せない多い原因は次のようなことが多いです。

 

  • 体の上半身の引き上げがキープできない
  • 腹筋・背筋が弱い
  • 臀部が硬くて伸縮できない
  • 脇の筋肉が弱く、アームスを綺麗な形に保てない
  • 甲がないためポワントで斜め立ちしてしまう
  • ポワントで立つときに膝をまげてたつ

 

上記の根本的な原因どういうことか分かりますか?

もちろんバレエ講師の説明不足や知識不足、才能のない生徒やオープンクラスでは特に注意しないで放置プレーなことも現いですが。

バレエで使う筋肉に注目してみると?

 

動くエクササイズでの伸縮できるインナーマッスル(体幹)の力が足りないことからおきることなんです。

体が固まった静止状態での腹筋や背筋を鍛えるエクササイズとはちがいますよ?

バレエではスポーツ選手のように固まった静止の動きで鍛える筋肉ではなく、自然に動いて美しく魅せるための流動的な筋肉が必要なんですから!

 

バレエオンラインダイエット:体の中からゆっくり燃焼させるストレッチやウォームアップ

個々で紹介する自宅でできるバレエのオンラインエクササイズはバーオソル(床バレエ)の一部。フランスのバレエ学校やバレエをやっていない人の間でも日本のピラティスのようにメジャーな体の中から脂肪を燃焼させるためのエクササイズです。

 

終わったあとは筋肉が柔らかく動くようになるし、汗もジワジワとかきますよ♪

 

 

バレエオンラインダイエット:内側の筋肉を使いながら自宅でできる簡単なバーレッスン

イギリスのロイヤル・アカデミーの自宅でできるオンラインバレエ、ビギナー編です。

バレエをやり始めた人も、バレエをすでにやっている人もこういった簡単な動きでしっかりと内側の筋肉を使っていくことを確かめながら、脂肪を燃焼させることができます♪

 

実際に伸縮できるインナーマッスルを使いながら、ピルエット系、足上げ、ジャンプ、アダージオのような柔らかい動きを何度も時間をかけて練習していくことで、インナーマッスルを意識しないでも自然にバレエの体ができあがっていくまでに時間と努力はすごく必要です。

 

ここでバレエをすでに習っていて、ドイツ、ハンブルグバレエ団で活躍している若い日本人バレリーナ、菅井円さんの自宅オンラインバレエも無料で公開されています。

 

バーレッスンなので、内側の筋肉を意識しながらバレリーナのように引き締まった筋肉の体型に近づきましょう!

 

どうしょう?

子どもの時からバレエを習っている人は大人からバレエをやった人よりも年数をかけてバレエの体を作っているので、見た目もそれだけバレリーナ体型に見えるということなんです。でもそれだけバレエで綺麗な脚のラインを改善しようとしたら時間がかかるものなんです。

ただ子供のころは解剖学といっても大人と違って理解度に差があるので、その分大人でバレエを始めた人は頭から正しいバレエの筋肉の使い方を頭に入れながら、レッスンに役立てていくことができるので、バレリーナ体型のように美しい体型に近づきながら、また上達するのに最短でできるようになります♪

 


 

 

おすすめの記事