バレエのレッスンに励んでいる子どもの生徒さんも大人の方も、プロのバレリーナも悩みのタネの1つが太ももの太さ。
この悩みは昔も今も変わらない(笑)。
依然と比べて日本人の体型も欧米化してきて、バレエのレッスンには欧米体型の足長で細くスラットした脚のラインの生徒さんもバレエでは見かけるようになってきました。
でもまだ、バレエといえば体が細くなる、痩せるという定番イメージがあるのに、特に太もも太くなる人ってまだまだ多いんですよね。
生まれつきの体型も多少原因はありますが。
でもそれだって使い方次第で太くなるのを改善できますからね。
では太腿が特に太くなってしまう原因を考えていきたいと思います。
バレエのレッスンで太腿が太くなる原因

img/2017y09m25d_082630597.gif” style=”width:200px;height:150px;” align=”left” alt=”” />

バレエで足が太くなる原因として大きな原因はまず「太もも外側のの筋肉を使いすぎることで、異常に太くなってしまうこと。
いわゆる四頭筋を使いすぎてしまうんですよ。
バレエの先生はよく、内ももの筋肉で足上げてとか、アンディオールして!とかいいますよね。
もっとそれは正しい注意です。まず基本ですよね。頭でイメージさせながら太ももの内側を意識させて働かせる訓練が必要。
でもそれだけではないんです。
完全に太腿の外側の筋肉を使わないでバレエが踊れるかというとそうではない。
外側の筋力を使う量を出来る範囲で最小限に使っていく。
これが正解。
といっても太腿の筋肉の量も質も個人差があるので、ある程度外側の筋肉が硬くパンパンに感じられるようになってしまったら注意が必要です。
太腿の外側を使いすぎという意味ですからね。
この太ももの外側の筋肉を使いすぎて硬くなってしまったら、血行が悪くなって疲労物質がたまってしまい、代謝が悪くなる原因の一つです。
新陳代謝が悪くなると何が生じるか?
むくみが生じるんです。見た目も太腿がかっこ悪く太ってパンパンにみえる。

太腿の外側の筋肉がパンパンに硬い

血行が悪くなる

新陳代謝が悪くなる、疲労物質がたまる

むくみが生じて見た目も太い

img/2017y08m01d_214106065.gif” align=”left” alt=”” />

だからむくみを解消させればある程度太ももの筋肉はゆるんできて、鏡越しにみる太腿のラインや太さも多少解消されます。
原因を知れば、取り除く方法、改善する方法は必ず見つかります!
バレエで太ももやふくらはぎの筋肉を使うのは立ち仕事や長時間のデスクワークに匹敵するほどの脚の無駄な筋力を使いすぎさせてしまいます。
むくみをとるにはバレエのレッスン後に体を伸ばすゆるやかなストレッチは大切です。
それと同時にむくみを解消しやすいサプリメントを使うのも相乗効果があります。モニター満足度75%以上!パンパンの悩みをスッキリへ導くむくらっく

 


LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

②フランス流バレエ上達のための骨格

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

おすすめの記事