MENU
LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

②フランス流バレエ上達のための骨格

✈海外バレエ留学のための個別コンサル

アンディオールのバレエ基本情報とアンディオールができない原因と改善方法

バレエをやっている人ならではの悩み。

誰しも見た目の観点から、180度股関節からアンディオールできている足はかなり稀なケースです。

楽にアンディオールができる人はそれほどいないけど、開く訓練というか感覚を身に着けることによって、レッスン中の鏡の前や舞台で正面から見たときにアンディオールより開いてみえる足のラインに見せることは十分可能です。

バレエダンサーでもアンディオールが完璧にでいている人なんてほとんどいないから。

バレエを習っている人の中には稀に、骨格上それほど開かない人もいます。

180度アンディオールに開くことは難しいけど完全に内股ではない場合、足を開こうとするときに意識する筋肉の意識さえ変われば、今よりもっと楽にアンディオールをできるようになります。

今回はアンディオールが本当にできない骨格かどうか確かめる一つの方法をお伝えしながら、生まれ持った骨格や筋肉のの質に応じて最大限にターンアウトを今よりできるように正しいアンディオール筋肉を使うための大元の箇所を解説していきます。

(このアンディオール筋、アンディオールの正しい開き方については全てパリ・オペラ座バレエ学校以下、フランスのプロ養成の国公立バレエ学校で学ぶバレエのための解剖学と運動生理学に基づいて解説しています。)

目次

アンディオールができない骨格を見分ける方法

床にあおむけになって全身の力を抜きます。そのときに骨盤、ひざ、足先はどの方向を向いているか確認してみましょう。

膝のお皿や甲から足先までは多少横に開いているのではないでしょう?

重力の関係もありますが、アンディールができないとか、アンディオールをしにくいという感覚の人は、立っているときに体に余計な物理的な力が働くため、アンディオールをすることに対して反対の力が働てしまっているということが原因です。

1番や5番ポジションでアンディオールしようと思い、股関節に力が入って多少むりやり外側へ足を開こうとレッスンしている生徒さんを多くみます。

股関節周辺の筋肉が固く縮まってしまっているために、アンディオールをしにくい筋肉ができあがってしまっていいるだけです。

むりやり足先だけを外側にむけてしまって、ひざにふたんかけちゃっているから結果的にひざが曲がってしまう。そんな5番や1番ポジションしている人も多いです。

残念ながらバレエ教室の中には先生も見様見真似でバレエを始めて自分の体の感覚で足をアンディオールするということをしている人もいらっしゃいます。

解剖学も学んだり、やはりプロのバレリーナの経験がある先生はやはりそれだけバレエを踊る条件をクリアしてプロになっているわけですから、体を正しく使うことを知っている人たちです。



日本の場合、バレエを教える立場の先生はプロの経験がなくても先生になれてしまうため、やはりバレエ団で踊っていた経験のない先生は厳しい言い方をするなれば素人です。

この点、素人が素人に対して正しい体の使い方を教えることはできるのでしょうか?

アンディオールができない骨格を力でターンアウトしようとした場合の危険性

股関節を意識して外に開くように訓練してたら、いずれ骨盤に異常がでてくることがあります。

生まれ持った骨格を変えることはできません。骨組みを力任せに開こうとしたら亜脱臼したり、長年そのように無理やりアンディオールしていたら股関節変形症の原因の一つにもなります。

見た目はアンディオールできる身体的条件を持つ生徒さんへのアドバイス

生徒さんの骨格をみているとアンディオールについては次のタイプに分かれることが多いです。

1番ポジションの場合

  1. 見た目、自然に120度~180度のアンディオールができている
  2. 90度~120度ぐらいのアンディオールの開き具合

例えば120度ほどアンディオールができる生徒さんに180度もっとアンディオールをさせようとすると、その場でできたとしても長年の積み重ねで骨の組み合わせが壊れていきます。筋肉に余計な負担もかけて万年的に痛みが生じたり、筋肉が過多うなってしまったり、足が太くなる原因にもなります。

もともと海外の国公立のバレエ学校で入学時にバレエの身体的資質に合格している生徒さんとは違うので、無理やり10度まで開かせようとするやらせすぎのレッスンには注意する必要が十分あります。

股関節を使ってアンディオールをするレッスンではなく、正しい脚のスタート地点を知り、その骨の周辺の筋肉を意識的に使えるようにレッスンで運連していくことで、少しずつ深層筋を使ってアンディオールが開くようになっていきます。

見た目楽にアンディオールができている生徒さんに対しては、アンディオール筋の箇所を伝えて意識的に使うことで、よりアンディオールが安定してレッスン中に使えるように訓練させていくことが必要です。

バレエを週2,3回通っているけどアンディオールができない原因

大人の方の5番ポジション矯正後

ターンアウト、アンディオール同じ意味ですが、これで悩んでいらっしゃる大人のかたから多くのご相談をLINEで頂きます。

ターンアウトといっても、筋肉の柔らかさの違い、腰部の可動域の違い、そしてバレエのレッスン回数や年数によってもアンディオールの悩み度は変わってきます。

バレエでアンディオールができない原因① 骨盤周辺の伸ばす筋肉を使えていない

個人レッスンでご相談いただく方々の例で話していきますと、例えばバレエを習って1年未満の方はまだアンディオールをするための骨盤から上半身にかけて引き上げの筋肉ができあがっていません。(または引き上げのための筋肉はどこを主に使っているのかわからないため)。

そのためにアンディオールするための筋肉を動かそうにも、体を引き上げていない、または引き上げの筋肉が十分でないため、可動域を広げるための骨盤周辺の伸ばして使う筋肉が思うように動いてくれない、ということがあります。

バレエでアンディオールができない理由② アンディオールをする根本の筋肉を知らない

2つ目の理由としては、アンディオールを使う根本の筋肉の箇所を講師から正しく教わっていない、的確なアドバイスをされていないことからターンアウトができてなくそのまま1番、5番ポジションが思うように開いていない、ということも十分考えられます。

バレエでアンディオールができない理由③ メソッドの違い

そして、これは知識だけでなくメソッドの異なる先生のレッスンに出て、そして講師のための講習会に参加して気づいたことですが、メソッドによってアンディオールをするための根本の筋肉と骨格の位置がずれが生じているということがわかりました。

ワガノワメソッドの特徴

特にワガノワ、ロシアのメソッドですと、やはり股関節を開くと教える講師が多いのが印象的です。もともとロシアではバレエは骨格的にバレエの条件に適当な人のみが本格的に習えるので、股関節から開くといわれてすぐにできてしまう骨格をバレエスタート地点から手に入れているため、股関節から開くということを言われて、すぐに開く骨格なのです。

ただもともと180度開脚ができない骨格の人もバレエを自由に習える環境の日本の場合、股関節を開くというと股関節周辺の具体的にどこの筋肉をスタート地点として使い始めるのか? 正しい性格な場所を指摘しているバレエ講師は珍しいと感じています。

まして、骨を開く、間接どうしを開いて使うようにしたら、大けがの原因になります。このあたりの詳細を知りたい人はこちら⇒

あわせて読みたい
アンディオールのバレエ基本情報とアンディオールができない原因と改善方法 バレエをやっている人ならではの悩み。 誰しも見た目の観点から、180度股関節からアンディオールできている足はかなり稀なケースです。 楽にアンディオールができる人は...

ワガノワのメソッドだけではなく、ロイヤルメソッド(RAD)やフランスメソッド(パリオペラ座バレエ)を学びながら、ご自分の骨格や筋肉の質にあうアンディオール方法を見つけると、今までできない、踊りにくい、苦手意識のあるパやVAが踊りやすくなります。

アンディオールをするための内側の筋肉を意識してレッスンしてみよう

アンディオールを使えるようになるために足を動かすための内側の筋肉を意識してレッスンして癖づけていくことで、少しずつ個人の骨格に対してアンディオールが開いていくようになります。

講座や個人レッスンでは詳しくお話しているのですが、股関節を開くというよりは、その上の筋肉の箇所を意識するようにレッスンで伝えるようにしています。

そうすることで次のメリットがあります。

  • 股関節に力を無理にいれないため、バレエで股関節の痛みはなくなっていく、あるいは減少する
  • 余計な筋肉が太もも周辺につきにくい
  • 足の長さが多少長くなる

元々股関節を意識してレッスンをする癖が長年ついていらっしゃる生徒さんでも使う筋肉の箇所の意識を変えることで少しずつ筋肉の固さはとれてきます。

アンディオールするためのストレッチ情報もネットで探せば出回っていますが、それよりも初めに使うアンディオール筋の場所を意識してレッスン中に変えていくことで、個々の骨格に合わせて最大限に楽にアンディオールができるようになります。

フランスで人気なアンディオール筋を育てるためのフロアーバレエをやってみよう!

フランスではピラティスやヨガよりもbar au sol バー・オ・ソル(床バレエ)がオペラ座バレエ学校を始めとする、プロを育てるためのバレエ学校以外でも、一般のバレエオープンスクールやでは60歳以上のシニア層の生徒さんまで習っているとっても人気でポピュラーな動きなんです。

バレエをやっている人は特にアンディオールの筋肉をどのように使っていくか?を習得するために必ずといっていいほど習っています。

それ以外でも日本でピラティスやヨガ、ジムで深層筋を感じながら太りにくい内部の筋肉を使ったり、ケガのリハビリや体力維持のために内転筋をつけてトレーニングするように、気軽にレッスンできることがフランスでは人気な習い事の1つになっています。

それではフロアーバレエはまだまだ日本のバレエ界では知られざる世界のため、ちょっとだけ小話をしてから、アンディオール筋を感じてバレエに取り入れるためにシンプルな動きの抜粋をしていきます。

フロアーバレエ、バーソル床バレエの発祥地と特徴について

バーオソル、またはフロアーバレエとは?

バレエのバーで行う動きを床に寝ながら行うバレエになります。

フロアーバレエは英語読み、本来はスイスで発祥しているため、バーアテールやバーオソルというフランス語の言い回しの方がネイティブになります。

またフランスやスイス、ヨーロッパではかなりメジャーなスポーツの一種で、怪我のリハビリにも行われています。

バーオソルはボリス・クニアセフ、ロシア系フランス人のバレエ教師、によって1937年にスイスのジュネーブのバレエ学校で行われたことが発祥とされています。

La barre au sol est une méthode initiée par Boris Kniaseff 1maître de ballet et pédagogue français d’origine russe. Dans l’interdiction de fixer des barres aux murs classés de son académie de danse classique fondée en 1937 à Genève, celui-ci décida de transposer la série d’exercices d’échauffement de son cours classique au sol. 

(参考:wikipedia barre au solより)

バーオソル、フロアーバレエの特徴とメリット

バーソル、フロアーバレエの特徴でもありメリットでもある点はなんといっても、床に寝ながら行うバーレッスンのため、通常のバーレッスンと違い、全ての重力(つまり体重)が直接足先へかからなくなります。

そのため、通常レッスンだとアンディオールしずらかった箇所も重力が減るため、アンディオールすべき筋肉の可動域や伸縮度が広がるため、アンディオールがしやすくなります。


オペラ座を始め、フランスのバレエ学校で学ぶバレエのための解剖学と運動生理学では、特に大腿骨~仙骨中心周辺までの内部の筋肉がアンディオールの大元の筋肉といわれています。

フロアーバレエでシンプルでゆっくりな動きをすることで、この大元のアンディオール筋を感じながら<足を開く><足を外に使う>ということがどの筋肉を使っていくのかが実感できるようになります。

またよくバレエを習っている人にありがちな筋肉をギュッと固めてレッスンすることから生じる腰周辺の痛みも、フロアーバレエでは床にまっすぐ寝た体制で背中をまっすぐに行うため、腰周辺の筋肉もギュッと固めずに<伸縮>する筋肉をつけることも可能です。

他にも、足の内側の筋肉を感じながら動かす動作が分かりやすく、結果、足のラインもほっそりと痩せ美しいバレリーナの足のラインに変わることが十分可能になります。

アンディオール筋を育てるためのシンプルなフロアーバレエレッスン抜粋

フロアーバレエ、バーアテールのレッスンはフランスでは通常50分~60分ほどのバーを中心としたエクササイズを床に寝ながら行います。

アンディオール筋を感じながら、仙骨から座骨周辺の筋肉を動かし、最終的に足の内側の筋肉を最小限の力を使いながら足裏をとおりつま先裏までを意識して動かすことができると、通常のバレエレッスンでのアンディオールをする場合に、正しい筋肉を使えるようになるのが目的です。

そのための動きとして、一番シンプルでゆっくりな動きの床バレエの動きを取り入れていきます。

14分41秒のところから始まるエクササイズです。


https://youtu.be/kTF-BJ0tYTU?t=881

アンディオール筋肉を意識して使えるようにするバーオソルのポイント

バーオソル、プリエ

足を床に対して開脚して膝を曲げる動きですが、たいていの方が外ももを使ってひざをまげます。

これはいくらたってもアンディオールの筋肉は意識して使えるようにはなりません。

ましてやるだけももの外側の筋肉や膝がしらのぶよぶよした筋肉が太くなるぐらいです。

正解⇒ 

  1. 仙骨周辺の内側の深層筋を出発点として、尾てい骨周辺の筋肉からもも裏の筋肉を通して膝頭うしろの筋肉を動かしていきます。
  2. ふくらはぎを通して足裏をつたい足先裏の筋肉を動かします。

上記の動画に関して、いくつかアンディオール筋肉を意識して使えるようになるための注意点は次のようになります。

アンディオールのバレエ基本情報、アンディオールができない原因と改善方法まとめ

全ての動きをマスターするのもいいけど、1つの動きの効果をじっくり実感して通常のバレエレッスンでもっとアンディオールが自然にできるようになることも普段の練習に取り入れていきましょう。

注意することは、人によっても無料動画だけをみてやった感を感じている人もオープンスタジオでみかけます。結局外側のももに力を入れて足を動かしていては無駄な時間を過ごすだけ・・という方も見受けられます。

この機会に専門家のフロワーバレエを受けてアンディオール筋肉はどこを意識して動かすのか?実感してみてはいかがでしょうか?


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次