オーストリアのインスブルク州立劇場バレエ団情報とオーディション

Tiroler Landestheater

オーストリア、インスブルク州立劇場バレエのオーディション情報とバレエ団が好むダンサーの特徴についてまとめています。

 

このバレエ団も毎年1年契約のオーディションを行っています。オーディションはだいたい3月中。

ドイツにも近いので列車でオーディションツアーを組んでみてはどうですか?

 

インスブルク州立劇場バレエ団のオーディション(例年)

 

Shakers 12

  • オーディション日時:例年だと3月中。HP要確認。
  • オーディションは、事前の書類選考で受かった人のみにメールで連絡がきます。

オーディション当日、女性はポワント必須。

男性の身長:175cm以上

女性の身長は書いてありませんが、男性が175cmということは身長の低い女性はオーディションに受かる可能性は低いと思われます。

 

  • 書類選考(参考):バレエの履歴書、写真(舞台で踊っている写真)

書類送付方法(参考):郵送またはメール

書類送付先:Tiroler Landestheater, Ballettdirektion, Martine Reyn, Rennweg 2, A-6020 Innsbruck, Austria

メール: ballettdirektion@landestheater.at

HP: http://www.landestheater.at/

TEL: +43 512 520 74

 

上記のバレエオーディションに関する情報は毎年HPで更新されるので、応募方法や応募先、日時、場所等のチェックは必要です。

 

インスブルク州立劇場バレエ団の特徴とオーディション対策

 

Shakers 7

インスブルク州立劇場のバレエ団の作品は、キリアン、ウヴェ・ショルツのレパートリーが多いので、コンテンポラリー要素が濃いカンパニーだと思います。

バレエ団の構成は約20人弱で中規模のカンパニーです。州立劇場ということなので、一応生活の保障はされています。

 

バレエダンサーの出身校は、ルードラ(ベジャールの学校)やカンヌのロゼラ・ハイタワーバレエ学校やフランスのマルセイユ国立バレエ学校の人が多く、バレエ学校時代から、クラシックバレエだけでなく、かなりコンテンポラリーや現代バレエ、インプロビゼーションの能力が高い人がバレエ団に所属しています。

2016年の段階で、日本人の女性の方が1名所属されています。彼女もベジャールの学校出身です。

 

 
 




PAGE TOP