バレエ団のオーディション合格と実際よくあるバレエ以外の成功ポイント

習っている人は一度は 憧れるのではないでしょうか?

今回はプロのバレエダンサーなるための情報、というか事実としてバレエ団のオーディションには実は劇場のディレクターや責任者の一声で決まることを知ってますか?

 

そう、毎日レッスンやコンクールの練習、発表会の練習、自習で真面目に練習しているバレエ好きな人が多いと思います。

(これは大人でもこども、ジュニアでも同じことがいえます)

 

中には、国内のバレエ団や海外のバレエ団を目指している人も少なくない。

 

どうしたらバレリーナになれるか?

成功する方法はあるのか?

 

オーディション時期なのでそういった事実をここで暴露します。

 

プロのバレリーナになるための成功法ってあるの?

 

元フランスのカンヌにあるロゼラハタワーのユースバレエやトゥールーズのバレエベースのコンテンポラリーバレエ団に在籍していた経験がある実体験と個人的なバレエ関係者の実際の話から、バレエ団でプロのバレエダンサーとして活躍できる人の特徴を事実を踏まえてお伝えします。

 

バレエ団に受かる人の特徴って、結果から言うと真面目にバレエのレッスンに取り組んでいる人だけではないんです。

 

バレエ団オーディション合格は劇場ディレクターの一声って本当?

バレエ団のオーディション、踊りの実力だけで合格するバレリーナもいます。

 

でもこれ以外のポイントが合否をわけるときも多いんです。

バレエ団のオーディションに合格するバレリーナは、その時の劇場ディレクターの一声これで決まる場合がほとんど100%。

愕然とする人が多いと思います。

 

アメリカのバレエダンサーでユーチューバーのヤマカイさん(笑)も実際にユーチューブーで↓これを堂々と発言してます(笑)。

 

そう、バレエの条件やバレエテクニック、踊りが上手にできるのはもちろんなんですが、一番のポイントはそう、ディレクターの好みのダンサーであること。

 

エって私も思いましたが、実際にオーディションを受けた過去があると、うなづけるんですよね、この事実。

 

これから私も実際に海外でバレエ団のオーディションを受けたときに実際にその場を見ました。きったな~い世界だなと感じましたね・・。

バレエ団のオーディションの目的=劇場やバレエ団の資金集めの場合

実際にドイツのベルリンバレエとライプチッヒバレエの中間点にある中劇場の某バレエ団では、オープン・オーディションを受けました。実際200人ほどのバレエダンサーが受けに来ました。

日本人は私一人。バレエ団には日本人の女性ダンサーが一人いらっしゃいました・・。

 

オーディションはバレエ団のスタジオで行われ、2グループに分かれて同じ日に行われました。

私は2グループ目で13時始まりだったと思います。

 

普通のバーレッスン&センター、そしてカンパニーのコンテンポラリーダンス作品を1分ほど踊るというオーディション内容でした。

 

力不足の人はどんどんバーレッスンから肩たたきでサンクスと言われて落とされていくオーディションでした。

 

私は最後まで残りましたが、コンテンポラリーダンスの振り移しで落とされました💦

 

最終的にオーディションで数名うかったのですが、これが曲者。

 

最後のコンテンポラリーダンスのレパートリーを踊らなくてスタジオにずっと座っていた東ヨーロッパ系(旧共産国)の女性ダンサーがなんとオーディションの合格者だったのです。

 

へんでしょう?

でもね、ヤマカイさんの発言やバレエ関係の友人にこの話をしたところ、オーディションは劇場のお金集めで、できであった可能性が高いよねって。

 

確かに思えば彼女、オーディション中にディレクターに話しかけたり微笑んでたりしたっけ・・。そういう現場を目の当たりしていたから、なるほどなってうなづけました。

 

彼女はすでにバレエ団合格者の中に事前に組み込まれていた。

 

おそらく、彼女は東ヨーロッパのロシア系のバレエ団ですでにプロダンサーとして踊っていた人で、今回のオープン・オーディションで顔見合わせのようなものだったといって間違いないと思います。

 

カンヌのロゼラハイタワーのユースバレエ団での事前合格に成功した事実もありますが、いずれ今後話すこととして、こういったバレエダンサーのパーソナリティーやディレクターとの事前の出会いや縁も関係が深い(コネと言って間違いない!)のが海外のバレエ団事情でもあります。

 

バレエ団の研修生としてプロのバレエダンサーになる方法もありますよ!実話3つ

ちょっと上では海外のバレエ団合格にはディレクターとの事前の出会いやコネも大きく左右するバレエダンサーへの成功のポイントですが、そうではなく実力でバレエ団のトップに駆け上がった日本人ダンサーもいらっしゃいます。

 

そのバレエダンサーたちはどうやってプロのバレリーナになったか?

 

結果いうと、バレエ学校への留学や欧米のバレエコンクールをきっかけに海外の有名な国立のバレエ学校在籍という基盤があったうえで、バレエ団の「研修生」としてオーディションをパスする方法です。

 

もちろん、研修生=正規のバレエダンサーではないので、お給料はなしです として1年間バレエ団の公演に参加して、バレエ団が求める=ディレクターが求める踊りができることを証明していく方法があります。

 

大きな怪我なしで、バレエ団のレパートリーが踊れて公演にすぐ出られる。そういうバレエダンサーである証明を1年の研修期間でディレクターや同僚のバレエダンサーの信頼を得ていくことができます。

 

一般企業の研修生制度と似たような感じですね^^。

このような研修制度を1年過ごして、バレエ団に正規雇用された海外のバレエ団で活躍している人の一人は、ロイヤルバレエ団の高田茜さん。

 

バレエ学校へ始めて留学したのはNBA全国バレエコンクールがきっかけ。

 

この時のチャコットの奨学金で、ボリショイ・バレエ学校に留学し、その後ボリショイバレエ学校に留学中、ローザンヌ国際バレエコンクールに出場してプロ研修賞と観客賞を受賞したのがきっかけ。

 

この国際的に有名なバレエコンクールの賞としてバレエ団の研修先がイギリスのロイヤルバレエ。

ここからは1年後には正規のバレエダンサーとして入団し、うなぎのぼりのバレリーナの階段を上がってます。

 

バレエ団オーディション合格:元シュツットガルト・バレエ研修生の実話

もう一人、私の身近なバレエ関係者でバレエ団の研修生として1年間無償でバレエ団の公演に参加し、その後世紀にドイツのバレエ団に入団した元バレエダンサーです。

名前は個人的な情報なのでここでは明かせませんが、彼女はバレエ教室の後輩

 

ドイツのハンブルクバレエ学校へは、オーディションを受け私費留学してます。

 

その後10件ほどのオーディションを受け、落ちまくりの中、一つだけ「研修生」として受かったバレエ団がシュツットガルト・バレエです。

 

1年後はどうなるかわからないと不安がっていた彼女でもありますが、研修後は正規のバレエダンサーとして雇用されています。

 

高田茜さんの件も後輩のSさんの件も、共通なのは海外の有名なバレエ学校で自分の存在をしってもらうことと、欧米のバレエのレベルを体に叩き込むこと。

そのうえでのバレエ団の研修生として1年を通して、バレエ団のディレクターからの信頼を得ることがバレエ団で正規のバレリーナになるポイントです。

 


LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

②フランス流バレエ上達のための骨格

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

おすすめの記事