国によって違うバレエに必要な身長・・。身長もバレエ体型の要素の1つ

 

バレリーナになりたい人はやバレエを習っているアマチュアの人たちの間でも浸透している「バレエは細い体系」が適しているっていう解釈。

 

うん、確かに間違いじゃないし、本当のこと。

ただし金取りして筋肉がある細さね。ぶよぶよだけど体重は軽いです~っていう体系はもちろんバレエでは論外。

 

今日はバレエ体型の1つで身長について。

 

バレリーナはやはり身長は低いとオーディションを受ける前にかすってしまう率が高いです。

 

(日本のコンクールやアメリカのバレエコンクールでは身長低くても上位入賞してバレエ団の研修のオファーを頂いている人も数人いるけど。)

 

 

特にヨーロッパのバレエ学校でもバレエ団でも、高校生の年齢以上になると少なくとも身長は165cm前後は欲しいもの。

それだけ周りの人たちがおっきくて充て脚長い。ごっつく筋肉もついているけど、手足の長さや首の長さで遠くから見るとか細くみえちゃうんですよね。

 

そのメンバーの中にはいってしまうと160cmの日本人だとかなり小さくみえて、よくない意味で目だたない。注目してもらえない

 

バレエ学校だったら先生によってはまだ生徒としていろいろ注意してくれたり、目を掛けてくれたりするけど、バレエ団のオーディションに行くとまず小さいと周りとの身長差で目立たないので損をしてしまうことがよくありました。

 

本当にオーディション会場いってもバーレッスンやセンターでも見向きもされないし、体の大きい他のダンサーに遮られて自分のことをアピールしようにも小さくて必然的に隠れちゃったりと、身長が160cmしかないので、バレエ団のオーディションを受けた時や、ワークショップを受けた時、バレエ学校でも身長が低いせいでいろいろマイナスな面がありました。

 

日本の有名なバレエ団:女性のバレリーナの身長は最低165cmはほしい!

 

 

 

日本のバレエ団もレベルの高いところだと身長制限は必ずありますよね。

  • 新国立劇場バレエ団:身長163cm~
  • Kバレエ:身長160cm~
  • 東京バレエ団:身長158cm~

 

だいたい主要なバレエ団はこんな感じ。やはり舞台に立った時に小さい人よりも大きいバレエダンサーのほうがいるだけで目立ちますからね。だから身長が高いということはそれだけバレリーナになれる可能性も高いってこと。

 

特に公募のオーディションはコールドを募集するので、身長をそろえる意味でも極端に背の引く人や高すぎる人はとらない傾向があります。165cmは大きすぎず、低すぎずバレエダンサー同士の踊りで合わせやすいちょうどいい高さです。

 

だから成長期の時に太るからといって、バレエのために下手に自己流ダイエットをすると身長がのびなくなるので十分注意が必要です。

 

バレエジャポンのサイトで元東京バレエ団のダンサーが語っているように、バレエと身長の関係で幼少期や成長期に欠かせない栄養素の1つが「カルシウム」です。

 

食事でカルシウムや他の栄養素を身長が伸びやすくかつ低カロリーで栄養価の高い食事の献立を考えるだけでも毎日大変です。そういう時には簡単でカロリーも少なく体重にも影響しないサプリメントでカルシウムを摂取していくのは1つの方法ですね!中高生応援サポート飲料【プラステンアップ】

 
 




PAGE TOP