バレエに必要な身長は何センチ?身長が低いとプロのバレリーナになれないの?

 

バレリーナになりたい人はやバレエを習っているアマチュアの人たちの間でも浸透している「バレエは細い体系」が適しているっていう解釈。

 

うん、確かに間違いじゃないし、本当のこと。

ただし金取りして筋肉がある細さね。ぶよぶよだけど体重は軽いです~っていう体系はもちろんバレエでは論外。

 

今日はバレエ体型の1つで身長について。

 

バレリーナはやはり身長は低いとオーディションを受ける前にかすってしまう率が高いです。

 

(日本のコンクールやアメリカのバレエコンクールでは身長低くても上位入賞してバレエ団の研修のオファーを頂いている人も数人いるけど。)

 

 

特にヨーロッパのバレエ学校でもバレエ団でも、高校生の年齢以上になると少なくとも身長は165cm前後は欲しいもの。

それだけ周りの人たちがおっきくて充て脚長い。ごっつく筋肉もついているけど、手足の長さや首の長さで遠くから見るとか細くみえちゃうんですよね。

 

そのメンバーの中にはいってしまうと160cmの日本人だとかなり小さくみえて、よくない意味で目だたない。注目してもらえない

 

バレエ学校だったら先生によってはまだ生徒としていろいろ注意してくれたり、目を掛けてくれたりするけど、バレエ団のオーディションに行くとまず小さいと周りとの身長差で目立たないので損をしてしまうことがよくありました。

 

本当にオーディション会場いってもバーレッスンやセンターでも見向きもされないし、体の大きい他のダンサーに遮られて自分のことをアピールしようにも小さくて必然的に隠れちゃったりと、身長が160cmしかないので、バレエ団のオーディションを受けた時や、ワークショップを受けた時、バレエ学校でも身長が低いせいでいろいろマイナスな面がありました。

 

日本の有名なバレエ団:女性のバレリーナの身長は最低165cmはほしい!

 

 

 

日本のバレエ団もレベルの高いところだと身長制限は必ずありますよね。

  • 新国立劇場バレエ団:身長163cm~
  • Kバレエ:身長160cm~
  • 東京バレエ団:身長158cm~

 

だいたい主要なバレエ団はこんな感じ。やはり舞台に立った時に小さい人よりも大きいバレエダンサーのほうがいるだけで目立ちますからね。だから身長が高いということはそれだけバレリーナになれる可能性も高いってこと。

 

特に公募のオーディションはコールドを募集するので、身長をそろえる意味でも極端に背の引く人や高すぎる人はとらない傾向があります。165cmは大きすぎず、低すぎずバレエダンサー同士の踊りで合わせやすいちょうどいい高さです。

 

だから成長期の時に太るからといって、バレエのために下手に自己流ダイエットをすると身長がのびなくなるので十分注意が必要です。

 

バレエでも身長が低くても真ん中や主役を踊れるチャンスはどういうとき?

 

 

個人的な話ですが、子供の時に習っていた地元のバレエのお教室(神奈川県では昔も今もけっこう有名なバレエ教室の1つ)

似たような身長で同じようなテクニックの生徒を集めて群舞の踊りにすることはありました。

 

先生の子どもは超デブでも、身長が普通でも常に真ん中。

逆にプロポーションもよく、バレリーナになれそうな資質をもってる生徒さんなのに、グループ作品の端っこの位置だったり。

 

コネとかではなく発表会では、お教室に在籍して古い生徒がいい役をもらえるということも普通だから。

いいんですよ、発表会だから。

 

バレエ団の女性ダンサーは男性と組む踊りがあるから身長が低いほうがいいって本当なの?

 

 

バレエ団では基本的に主役のバレエダンサーの身長と、群舞のバレリーナに求める身長は違ってきます。

 

主役は、女性のバレリーナに限り低くても高くても身長はそれほど関係ないといえます。

主役は一人で踊るので、一緒に踊るダンサーがいない分、オーディションで求められる身長より低くても主役をできます。

全てはディレクターや芸術監督の意向によります。

 

バレエ団の群舞の場合、ある程度身長がそろっていないと、舞台客席からみて全体的に頭のラインがそろっていないと、デコボコで汚いラインの作品にみえます。

 

世界的なバレエ団の標準として、現在は身長の低い人がバレエのオーディションに受かることは稀です。本音、自分自身のバレエ団の経験で知る限り、フランスやその他のヨーロッパ諸国では可能性はゼロです。

 

大抵の場合、職業としてのプロのバレリーナはコールドバレエ(群舞)からになります。そう考えると群舞でバレエ団に受からなければ結局バレリーナにはなれないんですから、やはり身長は高いほうがいいといえます。

 

ソリストや主役の人は、男性とパ・ド・ドウ・ドゥにしても、女性はポワントで立った時に男性の身長をあまりにも越してしまうと踊りにくいし、何より見栄えがしないので女性は身長が低いほうがいいという時代もありました。

でもこれは今の話ではありません。
特にヨーロッパではコンテンポラリーダンスも踊れるバレリーナを必要としています。現代ダンスの振付家は身長が高い女性がもっとダイナミックに踊ることを要求するコレオグラファーもたくさんいます。

 

例えばノイマイヤーさんの振付では、大柄で背の高い女性バレリーナが起用されていますよね。バレエ団内でも165㎝未満の女性ダンサーって見当たらない。

 

フォーサイスさんの振付でも、女性は大柄なダンサーが踊っていますよね?
ヨーロッパでは特にこういった女性ダンサーが男性なみに、男性といっしょに踊ってもダイナミックに踊れるダンサーを好んで振付をしています。

 

こう考えるとやはり女性のバレリーナは基本的に165cmは最低でも必要という結果になります。

 

実際に有名な女性のバレリーナの身長って具体的にどのくらい?

 

身長がネット等に出ている日本人の主役級のトップバレリーナの人たちの身長は次の通りに公開されています。

  • 吉田都さん 158cm
  • 菅井円加さん 162cm
  • 加治屋百合子さん 164cm
  • 上野水香さん 170cm
  • 中村祥子さん 174cm
  • 高田茜さん162cm
  • 落合リザさん163cm
  • 伊藤友季子さん164cm
  • 青山季可さん164cm

上記の有名な日本人バレリーナの平均身長は、164.5cm

 

世界のドップバレエ団でプリンシパルとして踊っているバレリーナでもこんなに背が高いんですよ。

やはり163c、164cmはせめて身長はほしいところ。

 

韓国のユニバーサルバレエ団の女性バレリーナの平均身長は166.7cmですよ?!

アジアのバレエ団でもこれだけ背の高い女性しかバレエ団に必要ないということです。

 

身長が低いのがコンプレックスでもあり、バレエ団に落ちる残念な苦渋も味わうことになる

 

アメリカのバレエ団でプリンシパルとして活躍されている倉永美沙さんは156センチで、今の世界のバレエ団の状況を考えると稀なケースと言えます。

ご本人もインタビューの中でやはり身長の低さで多くのバレエ団のオーディションに落ちたという厳しかった体験談をお話しされています。

 

156cmという小さな身長に華奢な腰つき、そして控えめな目鼻立ちは、表情に蓋をする。プロポーションに恵まれた西洋人の中で、彼女は役を得ることが出来ず解雇されたのだった。

(参考:SK-II,運命は変えられる。アジア人初のボストン・バレエ団トップダンサーが語る「不可能を越える力」

 

身長を伸ばすには何をどうしたらいいのか?解決方法

 

身長が伸びるということは、骨が1つずつ伸びるということ。この骨の「成長期」にどれだけ伸びるための環境つくりを整えてあげられるか?にかかってきます。

 

骨の成長期が盛んな時期:中学~高校生時期

骨の成長期には必要な3つの要素:栄養のある食事、十分な睡眠時間、ストレスをためすぎない、適度なスポーツです。

 

食事:

たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛等が特に大切

下手な自己流ダイエットをしない

 

睡眠と適度な運動:

成長ホルモンが睡眠や運動によって分泌されるので一日8時間は睡眠時間をとるように心がける。

運動によって筋肉が使われるのでそのため「成長ホルモン」が分泌される。

 

このように健全な生活を送るように心がけながら、身長が伸びやすくするための家族のサポートと環境つくりが必要になります。

 

特に将来バレリーナになることを目指している若い人にとって、骨の成長期にとっても大切な栄養素の1つ「カルシウム」他を通常の食事とともに補充という意味で取り入れれば、もっと身長が伸びやすい、=骨が伸びやすい体制を体の中かから作ってあげることをおすすめします。

 

バレエジャポンのサイトで元東京バレエ団のダンサーが語っているように、バレエと身長の関係で幼少期や成長期に欠かせない栄養素の1つが「カルシウム」についてお話しされてます。

 

 

食事でカルシウムや他の栄養素を身長が伸びやすくかつ低カロリーで栄養価の高い食事の献立を考えるだけでも毎日大変です。そういう時には簡単でカロリーも少なく体重にも影響しないサプリメントでカルシウムを摂取していくのは1つの方法ですね!中高生応援サポート飲料【プラステンアップ】

 
 




PAGE TOP