バレリーナに必要な身長は何センチ?低いとバレエ団に受からないの?

 

バレリーナになりたい人やバレエを習っているアマチュアの人たちの間でも浸透している「バレエは細長い体系」が適しているっていう解釈。

 

うん、確かに間違いじゃないし、本当のこと。

ただし筋力がある細さね。ぶよぶよだけど体重は軽いです~っていう体系はもちろんバレエでは論外。

 

今日はバレエ体型の条件の1つ「身長」についてプロの目線でお伝えします。

 

バレリーナはやはり身長はオーディションでの重要ポイントになります。

 

身長が低い女性バレリーナのデメリット

まずプロのバレエ団を目指す人にとって、身長が極端に低いとオーディションの1次選考の書類審査で落とされてしまうこともあるので、注意すべきです。

 

国内外のバレエ団で女性バレリーナの身長制限
国内外のメジャーなバレエ団では身長制限を設けています。

・国内のメジャーなバレエ団では少なくとも162cm~164cm

・アメリカのバレエ団は150㎝後半の女性バレリーナもいます
・ヨーロッパの主要バレエ団は最低男性170㎝以上、女性165m以上

 

海外だと、国のバレエ団によっても違いますが、ヨーロッパは比較的男女ともにバレリーナの身長がかなり高めに設定されています。

アメリカのバレエ団は女性は150㎝代の比較的低い人もちらほらみかけます。

 

ただオーディションを受けるときの選択幅が狭まってしまうので、なるたけ大切な成長期には過激なダイエットや睡眠不足は身長を伸ばすことを妨げる原因になるため、慎重にすべきです。

 

日本のコンクールやアメリカのバレエコンクールでは身長低くても上位入賞してバレエ団の研修のオファーを頂いている人も数人いるけど。

 

 

身長160cmの女性バレリーナはヨーロッパのバレエ団でかなり不利な理由

 

特にヨーロッパのバレエ学校でもバレエ団でも、高校生の年齢以上になると少なくとも身長は165cm前後は欲しいもの。

それだけ周りの人たちがおっきくて充て脚長い。ごっつく筋肉もついているけど、手足の長さや首の長さで遠くから見るとか細くみえちゃうんです。

 

そのメンバーの中にはいってしまうと160cmの日本人だとかなり小さくみえて、よくない意味で目だたない。注目してもらえない。

 

身長が低いバレリーナがバレエ団のオーディションで損をする理由

 

バレエ学校だったら先生によってはまだ生徒としていろいろ注意してくれたり、目を掛けてくれたりするけど、バレエ団のオーディションに行くとまず小さいと周りとの身長差で目立たないので損をしてしまうことがよくありました。

 

本当にオーディション会場いってもバーレッスンやセンターでも見向きもされないし、体の大きい他のダンサーに遮られて自分のことをアピールしようにも小さくて必然的に隠れちゃったりと、身長が160cmしかないので、バレエ団のオーディションを受けた時や、ワークショップを受けた時、バレエ学校でも身長が低いせいでいろいろマイナスな面がありました。

 

男性バレエダンサーの身長制限と最低限ほしい身長の高さ

男性バレリーナも身長制限を設けている国内・海外のバレエ団は多いです。一体どのくらいの身長が欲しいのか?参考程度にまとめてみました。

 

男性バレエダンサーの身長制限と最低限ほしい身長の高さはバレエ団のオーディション要項を見ると分かります。

国内の主要バレエ団男性バレエダンサー身長制限
・新国立劇場バレエ団:男性173㎝以上

・東京バレエ団:175㎝以上

・Kバレエ カンパニー:170㎝以上

他にもバレエ団はありますが、オーディション要項に明白に身長制限が書かれているバレエ団は、身長もオーディションで重要視するということになります。

 

ヨーロッパの主要なバレエ団の男性バレエダンサーに必要な身長

ヨーロッパは日本のバレエ団よりもかなり高めにバレリーナの身長制限を設けています。

男性バレエダンサーは最低限180㎝は欲しいところです。

 

➡ ドイツ・バイエルン州バレエ団:男性バレエダンサー:180㎝以上

➡ オランダ国立バレエ団:男性バレエダンサー:180㎝以上

➡ モナコ、モンテカルロ・バレエ団:男性バレエダンサー:180㎝以上

他にもいろいろオーディション要項で確認するとやはり180㎝以上のバレエ団がヨーロッパではメジャーになっていることが明らかになってます。

 

日本の有名なバレエ団:女性のバレリーナの身長は最低165cmはほしい!

 

 

 

日本のバレエ団もレベルの高いところだと身長制限は必ずあります。

    国内の主要バレエ団の身長制限
    ・新国立劇場バレエ団:身長163cm~
    ・Kバレエ:身長160cm~
    ・東京バレエ団:身長158cm~
    (各公式HPより参照)

    だいたい主要なバレエ団はこんな感じ。やはり舞台に立った時に小さい人よりも大きいバレエダンサーのほうがいるだけで目立ちます。そのため身長が高いということはそれだけバレリーナになれる可能性も高いってことです。

     

    バレリーナの身長が低すぎても高すぎてもバレエ団のオーディションに受かりにくい理由

    バレエ団によっては、特に女性のバレリーナの身長が低すぎても高すぎてもオーディションでは不合格になるケースもあります。

    特に公募のオーディションはコールドを募集するので、身長をそろえる意味で極端に背の引く人や高すぎる人はとらない傾向があります。

    そのため女性165cmは大きすぎず、低すぎずバレエダンサー同士の踊りで合わせやすいちょうどいい高さと一般的にいわれています。

     

    だから成長期の時に太るからといって、バレエのために下手に自己流ダイエットをすると身長がのびなくなるので十分注意が必要です。

     

    バレエでも身長が低くても真ん中や主役を踊れるチャンスはどういうとき?

     

     

    個人的な話ですが、子供の時に習っていた地元のバレエのお教室(神奈川県では昔も今もけっこう有名なバレエ教室の1つ)

    似たような身長で同じようなテクニックの生徒を集めて群舞の踊りにすることはありました。

     

    先生の子どもは超デブでも、身長が普通でも常に真ん中。

    逆にプロポーションもよく、バレリーナになれそうな資質をもってる生徒さんなのに、グループ作品の端っこの位置だったり。

     

    コネとかではなく発表会では、お教室に在籍して古い生徒がいい役をもらえるということも普通だから。

    いいんですよ、発表会だから。

     

    バレエ団の女性ダンサーは男性と組む踊りがあるから身長が低いほうがいいって本当?

     

     

    バレエ団では基本的に主役のバレエダンサーの身長と、群舞のバレリーナに求める身長は違ってきます。

     

    主役は、女性のバレリーナに限り低くても高くても身長はそれほど関係ないといえます。

    主役は一人で踊るので、一緒に踊るダンサーがいない分、オーディションで求められる身長より低くても主役をできます。

    全てはディレクターや芸術監督の意向によります。

     

    バレエ団の群舞の場合、ある程度身長がそろっていないと、舞台客席からみて全体的に頭のラインがそろっていないと、デコボコで汚いラインの作品にみえます。

     

    世界的なバレエ団の標準として、現在は身長の低い人がバレエのオーディションに受かることは稀です。本音、自分自身のバレエ団の経験で知る限り、フランスやその他のヨーロッパ諸国では可能性はゼロです。

     

    大抵の場合、職業としてのプロのバレリーナはコールドバレエ(群舞)からになります。そう考えると群舞でバレエ団に受からなければ結局バレリーナにはなれないんですから、やはり身長は高いほうがいいといえます。

     

    ソリストや主役の人は、男性とパ・ド・ドウ・ドゥにしても、女性はポワントで立った時に男性の身長をあまりにも越してしまうと踊りにくいし、何より見栄えがしないので女性は身長が低いほうがいいという時代もありました。

    でもこれは今の話ではありません。
    特にヨーロッパではコンテンポラリーダンスも踊れるバレリーナを必要としています。現代ダンスの振付家は身長が高い女性がもっとダイナミックに踊ることを要求するコレオグラファーもたくさんいます。

     

    例えばノイマイヤーさんの振付では、大柄で背の高い女性バレリーナが起用されていますよね。バレエ団内でも165㎝未満の女性ダンサーって見当たらない。

     

    フォーサイスさんの振付でも、女性は大柄なダンサーが踊っていますよね?
    ヨーロッパでは特にこういった女性ダンサーが男性なみに、男性といっしょに踊ってもダイナミックに踊れるダンサーを好んで振付をしています。

     

    こう考えるとやはり女性のバレリーナは基本的に165cmは最低でも必要という結果になります。

     

    日本や海外のバレエ団で活躍するトップバレリーナ身長をまとめました

     

    身長がネット等に出ている日本人の主役級のトップバレリーナの人たちの身長は次の通りに公開されています。

    国内外で女性トップバレリーナの身長
    吉田都さん 158cm
    菅井円加さん 162cm
    加治屋百合子さん 164cm
    上野水香さん 170cm
    中村祥子さん 174cm
    高田茜さん162cm
    落合リザさん163cm
    伊藤友季子さん164cm
    青山季可さん164cm

    上記の有名な日本人バレリーナの平均身長は、164.5cm

     

    世界のドップバレエ団でプリンシパルとして踊っているバレリーナでもこんなに背が高いんですよ。

    やはり163c、164cmはせめて身長はほしいところ。

     

    韓国のユニバーサルバレエ団の女性バレリーナの平均身長は166.7cmですよ?!

    アジアのバレエ団でもこれだけ背の高い女性しかバレエ団に必要ないということです。

     

    女性バレリーナは身長が低いのがコンプレックス、バレエ団に落ちた体験のまとめ

     

    アメリカのバレエ団でプリンシパルとして活躍されている倉永美沙さんは156センチで、今の世界のバレエ団の状況を考えると稀なケースと言えます。

    ご本人もインタビューの中でやはり身長の低さで多くのバレエ団のオーディションに落ちたという厳しかった体験談をお話しされています。

     

    156cmという小さな身長に華奢な腰つき、そして控えめな目鼻立ちは、表情に蓋をする。プロポーションに恵まれた西洋人の中で、彼女は役を得ることが出来ず解雇されたのだった。

    (参考:SK-II,運命は変えられる。アジア人初のボストン・バレエ団トップダンサーが語る「不可能を越える力」

     

     

    身長を伸ばすための参考文献・参考書

    ・子どもの背 こうしたら伸びた! :背が高い男女の生活調査でわかった効果的な身長アップ法

    蔦宗浩二 (監修)

    食事、運動、睡眠の3軸を生活習慣ととらえ、身長との関係性を分かりやすく解説してます。

    アンケート調査では:背の高い人のマーケティング分析をしています。そのため背が高い人が普段食べている「食材」も理解でき、食べる食材によって成長ホルモンが関係していることも解説してあります。

    子どもの将来の職業の可能性を広げるために、身長を健康的に伸ばしたい親の必読書と認定されベストセラーの1つ。

    (アマゾンで購入)

     

    中高生の身長を伸ばす7つの習慣 

    佐藤 智春 (著), 黒川 伊保子 (著)

     

    著者が医者であり25年間以上血液データをもとに身長=骨を伸ばす要因をわかりやすく伝えています。

    栄養と生活習慣の分析データによると男女の身長が伸びやすい時期は13~17歳の4年間という結果がでています。また身長が伸びる時期にはタイムリミットがあることも伝えてます。
    そして食べ物や生活習慣によっては、「背を伸ばす栄養素」「身長が伸びることを防いでしまう食べ物や生活習慣」があることも注意してます。

     

    参考文献より身長が伸びる原因は次のようなポイントになります。

    身長が伸びやすいポイント(参考文献より)
    ➡身長が伸びる時期にはタイムリミットがある

    ➡背が伸びやすい食材=栄養素と生活習慣がある

    ➡背が伸びる要因を阻止する食材もある

    ➡背が伸びやすい栄養素には成長ホルモンが関係している

     

    バレリーナを目指すならやはり成長期に背が伸びやすい栄養素を取り入れて、健康的な生活を心がけることが大切です。

    参考文献より考える、プロのバレリーナを目指す人が身長を伸ばすための改善手段 ➡【マルチ栄養ドリンク バランサー】

    バレリーナの食事サポートとダイエット厳選特集
    おすすめの記事