内股の足はどうやったらアンディオールできるようになる?

バレエをやっている人なら、バレエ向きの足じゃない人もいっぱいいますよね。

でもバレエが好きだし、踊ること好きだし、上手に踊れるようになりたい!って思う人もたくさんいるはず。

 

私自身も両足が180度開いていているってワケではないので、子どものころは「どうして左足は右足よりきれいにアラベスクだできないんだろう」って悩みました。けっこうつらかったですね。

 

すぐに内足をアンディオールにできるっていう神業はありませんが、(そんなことができるんなら誰でも天才バレリーナになっちゃってます)時間をかければ、バレエで求められているきれいな姿でアンディオールができているように見せることは可能になります。

 

各自の身体的能力や、運動神経のレベルによっても多少違ってきますが、少なくとも1週間、4、5回レッスンしてアンディオールになる筋肉を作る意識をしながらレッスンしていれば、自然にセンターでもいろいろなテクニックができるようもなります。

 

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– スマホ用レスポンシブル –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-1291817856532052″
data-ad-slot=”1072084120″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

内股の股関節をアンディオールに開くためのバーレッスンの方法

 

 

私自身がフランスのコンセルヴァトワールへ留学し、まっさきに矯正させられたことはアンディオールに使う筋肉を作るコト。

既に留学した時は24歳という特例だったので、私にはのんびり数年バレエ留学している余裕はありませんでした。周りのきれいなバレエをするために生まれてきたようなフランス人にバカにされても、死ぬほどレッスン毎日がんばりました。

 

まず校長先生に言われたアンディオールの矯正。

問題は左足の股関節。これが右ほど開いていないので、パッセをするとき、足をアラスゴンドやアラベスクに上げる時に「力まかせ」に外側へ使ってました。だから付け根の痛みがひどかった。

最初に注意されたのが1番ポジション。無理にアンディオールを180度開いても、バーなしではなにもできないし、バーから手を放すと180度なんてつま先を開いていられない。

 

足先~かかとを開く形、立ち姿のポジションは斜め前の上

 First Position

 

1番ポジション~5番ポジションまで、自然に開くところでカカトの上~付け根までを外側へらせん状に回しながら立つ練習。

  • そうすると、自然と背中から頭の後ろにかけて、斜め前の上へ引っ張る感じになります。
  • その状態だと、バーを持つ手も肩の位置より前にもてるはず。

この体の形の状態で、バーレッスンを訓練すること。

次第に筋肉がらせん状に動かせるようになります。

 

パッセをする足も自分が開く股関節の位置が正しいポジション

Ballet: Passe

パッセをする時の軸足も、バーを離しても片足でたてるポジションでレッスンします。

かかとの位置から付け根の位置まで、外側方向へらせん状に筋肉を意識して立つ姿は1番ポジションの時と同じこと。

 

パッセをしている足の開き具合は、ムリにアンディオールをしようと思って開こうとしないこと。

ムリに開くと、ピルエットの時のパッセの位置が不安定で結局ピルエット系のテクニックが上手にできるようになりません。

 

パッセをしている足は、イメージとして、お尻の尾てい骨から紐をひっぱり、太ももの内側を通り、骨盤の前側から体の内側を頭の後ろ方向へ引っ張る感じに筋肉をイメージしながら使っていきます。

軸足は地面の下へ押す感じ。

 

そうすると体を上下に引っ張れて安定しながら、パッセを横に引っ張ることもでき、ももの内側を使いながら(=アンディオールをしながら)ポジションが安定していきます。だからセンターでもピルエットが「きれいな形」で回れるようにもなります。

 

足や股関節をアンディオールにする筋肉を作ることは、バレリーナのようにきれいなポジションでバレエを踊ることもできるような体作りができるようになります。

時間はかかりますが、ちゃんとやっていれば時間とともにバレエのきれいな体もアンディオールも手に入れることができますよ。

 


フランスバレエでもっと上手くなりたい人限定無料会員サロン

当会員サロンではフランス流バレエ限定無料会員サロンの2か月無料のメルマガをやってます。

会員の方も2020年5月初めに100名を突破しました♪

 

https://www.xn--ick2dvds33lkj3e.net/

 

 

正規会員登録までの流れ

まずは正規会員サイト申込フォームに申し込んでください
簡単なアンケートにお答えください♪

 

 会員登録画面

  • お名前
  • メールアドレス
  • カンタンな質問アンケート

を入力し、「確認」ボタンを押してください。

 

 

 

 

 

 登録完了画面

登録したメールアドレスに会員限定サロン(無料)のご案内とサロン専用の「パスワード」が送られてきます。

すぐにご確認ください。

 

メール内容

送られてくるメールに 会員本登録サイトが書かれています。これをクリックします。

 

ログインパスワードも書かれているので、サイトをみるためにこのログインパスワードをコピペ&張りつけします。

 

 

↓ 会員限定サロンのURLをクリックすると、

 

限定会員サロン本登録サイトへ繋がります♪

情報は随時更新中です。バレエ上達にむけて応援してます!

 

メールに送られてきた「パスワード」を入力し、最後に「確認」ボタンを押すだけ♪

 

会員サイトへ繋がります。

 

 

注意事項

まず厳重注意として、このプライベートサロンではバレエを習っている方たち(子どもや女性,プライベート)の画像・動画を扱っております。サロンの主催・責任者として「万が一」の性犯罪やその他男女関係のトラブルはあってはならないことと責任を感じております。

 

大変残念ですが過去に成人男性登録者よる出会い系や恋愛系目的でサロンに入会する方が増えたため、男性の参加を基本的に「お断する結果」となりました。

 

純粋にご自身の「バレエ上達」だけを目的とした限定サロンなので、恋愛系・出会い系とは趣旨が全く違います。

 

また有料会員の方たちとのバレエの上達を目的とした「交流のイベント」をいくつか準備中ですが、このイベントは「女性限定のイベントの内容」になるため、男性の方の参加はお断りしております。

 

主催者としての責任を負っている立場として、子ども&女性の方の安全を第一優先に考慮するため、女性の方と未成年の女の子、幼少期からバレエを習っている未成年の男性のみの入会とさせていただきます。以上、ご了承ください。

 

またこのように注意書きしても執拗に名前やメールアドレスを変更して繰り返し登録してくる男性の方に対して法的措置も考えられます。ご理解のほど重ねてお願いいたします。

 

総合Arts-Danse代表
Artomo

おすすめの記事