ヨーロッパで有名なフランスの「ニジンスキー国際バレエコンクール」情報

 

今年も北フランスの地方都市ドーヴィル(Deauville)でニジンスキー国際バレエコンクールが開催されます。

 

このコンクールはフランソワ・モディさんが主宰のバレエカンパニー協賛の国際バレエコンクールで、これを足掛かりにプロのダンサーになる経歴作りに役立てたり、バレエ団からのオファーも予想できます。

 

エントリーは国籍に関係なく誰でも申し込み可能です。

 

今回の審査員の一人は、ニコラ アルベール・カーンさんです。彼は以前カナダ国立バレエや、オランダ国立バレエやモナコのモンテカルロバレエ団でプリンシパルだったダンサー。現在は世界各地の有名なカンパニーで教えを中心にやっています。

東京にも来日し、アーキタンツでゲスト講師としてクラスを受け持っていました。

 

エントリーの詳細は以下のとおり。

ニジンスキー国際バレエコンクール (Concours International de Deauville – Prix Nijinski)

日程:2017年11月25日、26日

場所:Theatre Casino Barriere, Deauville Caen

コンクール申込締め切り:2017年11月17日着

申込用紙: http://www.francois-mauduit.fr/web/fichiers/2017-06-13-fiche-inscription.pdf

 

フランスのニジンスキー国際バレエコンクールならではの特徴

 

 

 

他の国際バレエコンクールと違い、すでに国公立のプロ養成のバレエ学校でバレエを学んでいるプロフェッショナルなカテゴリーと、アマチュアでも私立のバレエ学校でプロ並みにバレエを習っている生徒対象のカテゴリーに分かれていること。

 

アマチュアでもバレエやコンテの才能がある若い人を発掘しようという狙いも主催者側にはあるようです。自身のユースカンパニーもっているので、最初のプロダンサーとしてのオファーも予想されますね。

 

2週間バレエ上達無料メルマガ講座

LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

バレエ上達2週間無料メルマガ会員

フランスのバレエ学校で学ぶバレエ解剖学を取り入れた上達する方法をポイントでお伝えしてます。

 

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

おすすめの記事