バレエのテクニックで「一番習得に時間かかるもの」「一番練習するもの」「練習しなくてもできる人が最初からいるもの」と言われていることがあります。

それは「ピルエット」系の回るテクニック。

幼い時からバレエをやっていてもピルエット系のテクニックは大人になってもなかなか完璧に習得できていないっていう現実があります。実感することありますよね?

 

またもともと回転系のテクニックができてしまう得意な生徒さんも時々いらっしゃいます。

本人は何をどうやって回転するのか、よく考えないでできてしまうんですよ。

 

回転系のテクニックはそれこそ何度も繰り返して練習することで、「自分のコツ」を掴んでいくことができます。でも時と場合によって、同じような感覚で回ってもどうしても失敗してしまう時がある。

1回転だってうまくきれいに基本通りにできていないときだってあるんです。

 

体は生ものなので毎日コンディションが違います。平衡感覚もちがってきます。

そして、ピルエットに関していろんな先生に習うと注意するポイントが違うときもあってその注意通りにやっても必ずできるとは限りません。

 

2回転ができても3回転ができない。

 

ピルエットはできていても美しいフォームで回れていないっていう生徒さんもたくさんいます。←こういう場合、コンクールではプラスの対象にはならないし、何より見ていてきれいじゃない、バレエではない、器械体操のような感じにみえちゃいます💦

1回転、2回転でも基本通り見た感じも美しいバレエのフォームで、安定して回ろうというタイプのバレエをここでは目指しています。そのためいくつか一般的にピルエットをまわるためによく言われるポイントと、これは私なりに自分の体にあった回り方で体に覚えさせているポイントも紹介していきます。

 

どのポイントが自分の体に適応するのか全て自習やレッスン中に試してみるといいですよ。

そういったちょっとしたことがバレエ上達のキーポイントになります。

 

バレエの先生がよく言われている耳にタコができるピルエットの注意

バレエでピルエットを習いだすと先生がよくいう基本的なことをまとめました。

これは半回転にしろ何回転も回る時によくいわれる「一般的なこと」です。

耳にタコができていることでしょう。

バレエの教本や教科書にはピルエットするときの一般的なポイントが書かれています。またレッスン中に先生からよくいわれることを次にまとめました。

でもその注意とおりに気を付けてやってもうまくできない場合もけっこうあるんですがね・・。

1番ポジション~5番ポジションの時の足の開き具合

内またになったままでピルエットのプレパレーションをしない!

例えば5番ポジションからのピルエットのポジションがあまりアンディオールができていない。

 

そうするとどういうことが考えられるか?

プリエから回転しながら立ち上がる時にパッセが余計に内またになってしまうことが予想できます。

 

足先をアンディオールしすぎない程度の、自分の5番ポジションを知る!

これがピルエットで床をける時の一つのポイント。

5番の形にこだわりすぎると、自分のアンディオール以上に足首を外に開こうとして余計な力が足首やひざにかかってしまいます。

またふくらはぎの筋肉も固まってしまう。=十分なプリエもできないし、アンディオールを無理して開こうとしているので、余計な力で骨格を開くのでゆがみが生じます。

 

そのまま回転しようとするとどういうことが生じるか知ってますか?

床をけって回転するために立ち上がった時に、脇が床に対して垂直になってないので軸もまっすぐにとれない。だから回転ができなかったり、きったな~い格好のピルエットになったり。

 

ひどい人だと転ぶ場合もあります。

 

自分の足首のアンディオールを知るにはバレエのレッスンをなんとなくうけるよりも、バーアテール(フロアーバレエ)重力の抵抗が最小限で骨盤の上の位置から自分の開くアンディオールを知る、パッセのアンディオールの位置を知る・感じる→ピルエットに必要な自分のアンディオールを感じることができるようになります。

 

パッセする足はひざ上で、股関節をアンディオールにする?

パッセをひざ上に!

パッセのももを開く!

っていう先生がよくいます。

 

言っていることは間違いでないのは確か。

 

でもパッセの位置ってひざ上になるかひざ下になるか?

これは持って生まれた骨格が影響します。無理やりパッセの位置をひざ上にするとどういうことがおこるか?

 

斜めパッセになってしまう。

つまり骨盤が斜めになってしまい、ピルエットは失敗します。

ピルエットの原理はざっというと駒のように回ることが必要なんだから。

骨盤がななめになるほど無理にパッセすると、軸が斜めになります。だからピルエットは大失敗する。

それよりも回っている間にパッセの高さが変わらない位置になる自分のパッセの場所をみつける。そのためにも股関節の位置が床に対して水平でいられるところでパッセをキープすること意識しておくことは大切。

 

このほかにもちょっとした一般的なポイントをよく耳にする。↓

  • パッセしている足先に力をいれすぎない(かま足になるから見た目も汚い)
  • プレパレーションで前足に重心をかける。後ろ足はすぐに浮かせられるぐらい。
  • 後ろ足のけりの力をつけて床をけり、パッセにもってくる。

 

ピルエットはすぐにパッセにしないって知ってました?

ピルエット系の回転がうまいバレエダンサーの動画を研究すると、自分ができないときと比べどこが違うのかがわかる時があります。

 

視覚でみるとすぐわかる。↓

ロイヤルバレエ団の通常のレッスンですが、ピルエットの動画をスローでとってみました。

4番ポジションから回転しだしたところ。パッセをする足は床から離れているだけです。

 

回転しだしてから3/4回転の時にふくらはぎの前側あたりからパッセに引き上げるところ。

(参考:world ballet day 2019, youtubeより抜粋)

3回転も見事に成功していますが、どうやっているのか?

今は4番ポジションからどうやってパッセになるのか?

すぐにパッセにもってきているのでなく、ふくらはぎの前あたりからパッセに引き上げているのがわかりますよね?

 

こうすることで上に引き上げてバランスで回ることができるようになる一つのポイントです。

自分でやってみると、回転中でも軸がブレにくいのでバランスとりながら回れる感じがつかめます!

すぐにパッセにもってくるという先生もいますが、パッセに持っていくまでに軸足のふくらはぎ下の位置からパッセにもってくるイメージでやると、軸足がまっすぐブレないで回転しやすいです。

 

一般的に言われるピルエットの顔の使い方とちょっとした工夫

ぎりぎりまで顔を正面に残し、回転が始まったら体より先にまたすぐに正面を向く

↑これはよくいわれること(笑)。

これを私もよく子供のころに教わり練習しました。

が、結局ピルエットは軸が斜めになってしまい、失敗しがちだったんですよ。

きっと私と同じ経験をしている人もいることでしょう。

 

生まれつき三半規管が弱い人によくあらわれる特徴です。

顔のつけ方に意識しすぎない。振り返りが早すぎたり、顔のいきおいの力が胴体より強いと体の柔らかい人やスピードを速く回りにくい人は回る感覚がくるってしまいがち。

 

フランスメソッドではスピードつけて早く回転するよりも美しいポーズでバランスを感じながらゆっくりと回ることを教えられます。

 

フランスメソッドのピルエット系のアームスは軸がブレにくい!

(参考 world ballet day 2019)

ロシアメソッドのプレパレーションは手の平が床をむいていて、手先を伸ばしてます。

フランスメソッドではこのプレパレーションから違います。

個人的にこのフランス式のほうが、プレパレーションから回転しているアンナバンのアームスが空気の抵抗をうけにくく回転軸が崩れにくいアームスになります。

ロイヤルメソッドでも同じことがいえます。

ロシア式だと、手先が伸びていてそのままアンナバンのポジションにするときに腕から手先までを回転させることになります。この時に軸が崩れにくい人、ピルエットが何らかが原因で苦手な人が回りづらい原因の一つです。

また半回転、1回転の練習、パッセにたつだけの練習でアームスは180度のポールドブラに開いてアンナバンに胸の前ですることを最初に覚えます。

でも実際回転するとなったら、このとおりにやるとできない人もいるんです。

できないピルエットの種類がある・・。

私自身は軸が弱くて筋肉も柔らかすぎで軸がブレやすい体質なので、ピルエットが苦手です。今では2回転、時に調子がいいと3回転もできるときがありますが。💦

 

でこのアームスの手が結構重要。

プレパレーションで180度開くことをあえてしません。

手に重点をおかないことです。

軸が弱いので手に注意を置くのでなく、手はできる限り力を抜くこと、アームスの力をできるだけつかわないで軸をまっすぐにキープすることを回転するときには気をつけます。

左手は最初から横斜め前に置いた状態。ちょうどバーにのっけた状態の感じ。

右手は胸の前から右斜め45度ぐらいまでしか開きません。開くときも勢いをつけません。

 

深いプリエをして回転するために立つときに、軸足のつま先の腹でたつ位置に少しだけ回転しながらたっています。

 

またアームスの位置はよく胸の前って言いますが、手を意識しすぐいると手に注意がいきがちでそこに重心が移ってしまうこともあるんです。(力が入ってしまった時など)

そうすると回転軸が崩れてしまう。だから結局回れない原因になります。

 

フランスメソッドはどうでしょうか?

パリオペラ座のバレエダンサーを見てもわかりますが、アンナバンの位置は胸の前よりかなり低い位置にあります。

 

人によって楽にアンナバンをできる位置はちがってきます。

 

 

私自身もそうなんですが、アンナバンをおへそより少し高い位置にすることで、手に力をいれすぎずに自然に保てます。

また手がしたな分、手をテーブルに置いてその分を脇をまっすぐに保ちながら上に伸びていく感じを癖付けると回転しているときも脇がまっすぐ崩れないので、回転軸がまっすぐに保つことができます。

立つときは回るって思うのでなく、い~~~~ちってちょっと45度ほど回転するときにたつ感じです。いきおいで回ろうと思うと、床をける足の力が強すぎたり、上半身が脇からねじれて変なポーズのまま失敗してました。

だからあえて床を押しながら、背中の軸を感じられるところで立つ感じがつかめるとバランスで回ることができます。1回転でも2回転でも3回転でも。

床を押すことで背骨から上~頭にかけて上に伸びようとできます。その位置で回ることができるのがバランスで回れるので余計な力がいらず、ゆっくりなスピードでもきれいにピルエットができるようになります。

軸足の背骨をまっすぐに床に押せる位置で上にもひきあげる

何をいっているかというと床を足で押しながら立ってバランスを取ろうとすると、逆におしりから上は上に伸びていこうとする。固めることなく自然に上に伸びられるところまでです。

バレエのピルエットで回転している軸の中心はどこにあるか?

(参考 world ballet day 2019)

左足軸で右回転のピルエットの時、左足におしりから上の上体をのせられるところに回転軸をもっていきます。

プレパレーションの時はだから軸足の左足に重心をかけるんです。

回転しだすときも左足の軸がどこなのか感じられると回る回転ができるようになります。

 

左側のどこにを軸を感じることができますか?

人によっても軸の感じる場所=回る軸を感じる場所は若干違いますが、私個人的には左の肩甲骨下のあたりの位置に軸をまっすぐに上下に伸びようとするとうまくバランスで回転できるようになりました。

左肩甲骨と背骨の真ん中あたりの位置に棒をたてにいれて、その棒で回転軸を取って回る感じです。

回転軸は回る方向によって中心からずれるというのが感覚的にわかるとまわりやすくなります。

回転軸は体の真ん中ではありません!

 

左回りのピルエットが成功するコツ!個人差があり、注意点もいろいろ

(参考 world ballet day 2019)

私自身、右ききなのですがなぜか左ピルエットのほうがバランスで回りやすい感覚があります。

個人個人の体の骨格や筋肉の質、アンディオールの開き具合によって左回転のピルエットがしやすいコツ、注意点はちがってきます。

私自身、脇の筋肉も弱く柔らかく、よじれやすいので回転をつけてスピードで回ることは不得意です。

だからこそ長年バレエをやり続けてこの年齢になってわかったことがあります。

次のことを意識するとピルエットがうまくバランスでまわりやすいことに気が付きました。

回る基本は上記で書いた右ピルエットの基礎と同じです。

 

生まれつき左の脇が縮みやすいので、プレパレーションのときに

脇を同じ高さで保つことを第一優先にします。このときに脇を同じ高さに保つことを意識する。

 

左手おへそよりちょっと上の高さで右手よりも下の位置になってます。

プレパレーションのときに左手は肘を横にはらない。むしろ床にむかって下にちょっと押す感じ。

そうすることで上体、肩甲骨の下あたりから上の上体は上に伸びていく感じ

 

プレパレーションで形にこだわって固まらない!

左手は右まわりの回転するときよりも横に開かないで、回転するときに立つときに右手をアンナバンにもってくるだけ

 

これだけを意識してます。

右回りも左回りのピルエットも人の体つき、バレエの条件:アンディオールの開き具合、筋肉の質(固い、柔らかい)、ルルベする足の強さによって気を付けるポイントが違ってきます。

 

2回転、3回転以上のピルエットをする場合の成功ポイント

基本的に注意することは右回りのピルエットに書いた基礎的なポイントですが、2回転以上のピルエットってどうやるのか?

フランスのコンセルヴァトワールの元校長先生経由でプロのバレエダンサーを育てるための教本や、インタビュー、生徒で元オペラ座のプルミエール・ダンサーズ(ソリスト)で元校長先生の教え子でもあるロー・ミュレさんのワークショップでトゥールーズのバレエ学校でお会いした時に聞いてきました。

顔を2回振り返りをすることは基本中の基本である。

音楽を味方につける!ということはよく言われていることだという結論になりました。

バレエの音楽はよくできてます。回転系の時は回りやすくリズムがつけやすいようにメロディーが作られてます。頭の中で1,2と規則的に拍子をとる人もいます。

またゆっくりバランスで回る人は早いアップテンポな音楽で回る回転の速さが違う時があります。

回る回転が1回転、2回転で違う人もいます。

私はその部類。筋肉が柔らかいから規則的に1,2と数を音楽通りに回るより、い~ち2ととりながら回っていることを指摘されました。

終わりの音は同じなのですが、最初の1回転は人よりゆっくり回っているということなんです。

 

ピルエット2回転ができる感覚はこう!

2回転目は2回回りきるより、軸をまっすぐにおりてくることを考えてます

ここでユーチューブであげている回転系が得意な人のピルエットをみてもわかりますが、2回転目は完全に回っていないで、パッセの足は1回転半まわったところからゆっくり床におちてきてます。

 

これをイメージしながら練習すると2回転はぐっと回りやすくなります。

 

ピルエット3回転が成功した時の感覚はどんな感じ?

(参考:youtubeより抜粋)

 

ピルエット3回転を成功させる女性のバレエダンサーは今でもまれ。

でも昔よりもできる人は増えています。

 

私自身も調子がいいとポワントでピルエットを回ったときに3回転ができてしまうことがあります。

 

その成功した時にどんな感じなのかを自分で感覚を覚えると成功しやすくなります。

私自身3回転を成功させたときの感覚

2回転目でずっと軸足の軸がいろんな抵抗をうけないでずっとまっすぐに立っていられる感じでした。

 

2回転を回りきるところでも体が不思議と落ちてこないんです。そのまます~と2回転半まわって、あとの最後の半回転でパッセを落としてくる感じ。

 

これができたときの条件として次のことが言えます。

両脇がまっすぐ高さが変わらなかった=アンナバンの高さが回転しているときもブレなかった。

これだけなんです。

ギュッと体をホールドするアームスではなく、なるべき力を最小限でテーブルの上に置く感じのアームスつくりを肩甲骨の下から形を崩さないように気を付けたらできました。

 

回転系で自分の弱点がどこなのかをまず知ること。

そこからどういうことに重点をおけば成功するのか?そういうことをレッスンや自習で学び取って練習していくのがピルエットや回転系で成功する近道です。

バレエ相談メルマガはコチラ

当会員サイトでは無料のメルマガやってます。

お名前とメールアドレス。専用会員サイトパスワードを入力してから

お入りください。

PASS;frenchballetclass

 

お名前  
メールアドレス
パスワード

おすすめの記事