パリ・オペラ座バレエ団の公開オーディション情報2018年

 

毎年同様、パリ・オペラ座バレエ団のオーディションが開催されることになりました。詳細はバレエ団の公HPに発表されています。

 

オーディションの方法は毎年同様2段階方式。

①書類選考

②公開オーディション

 

①書類選考で相当のオーディション希望者が毎年落とされています。

海外のバレエ団のオーディションの応募条件は、一般的に「既にプロダンサーとして公演を行ったり、どこかのバレエ団にすでに所属していること」が条件になってるカンパニーが多いんです。

 

日本のように、バレエ団でプロとして踊った経験がなくいきなりオーディションを受けて合格する確率は稀です。

理由は、バレエに限らずヨーロッパ事情として「かなり就職難」な状況だから。日本のようにちょっとバイトで短期で稼ごう!なんていうアイトも見つからないんです。

バイトさえ採用となるとしっかりとした学歴、職歴、職業訓練歴が必要となります。

 

だからこそ、この1次の書類選考でも書く内容が決め手となってきます!

受けることは誰でもバレエを本格的にやっていてバレリーナになりたいと思っている人ならできます。結果がどうであれ、受けたいなら受けたほうがいいですよ。チャンスなんてどこでどうなるあ分からないし!

 

 

① 1次審査:

パリ・オペラ座公式サイトの必要事項に入力して、添付書類を付け加えて送付する。

(書類選考&添付書類リンク→ https://www.operadeparis.fr/formulaire/concours-d-entree-dans-le-ballet-2018)

 

添付書類:

身分証明写真(カラー又は白黒) 1枚

バレエ用の履歴書 (学歴は簡単に)1枚

バレエショット写真 2枚

  1. 女性:ポワント付、レオタード、ピンクタイツ姿。アラベスクポーズ、ポワント立。男性:バレエシューズ、Tシャツ、男性用タイツ着用。
  2. その他、男女ともに顔写真1枚
     

書類選考期限:2018年6月15日

1次審査結果:合格したダンサーだけに2次審査案内がメールで届きます。

 

 

② 2次審査:公開オーディション

オーディション日 2018年7月6日(金)
場所:パリ・オペラ座(ガルニエ宮)
募集階級:コールドバレエのみ
年齢制限:16歳~26歳まで

オーディション内容:

  • 通常のバレエクラス(バー、センターワーク)
  • パリ・オペラ座ですでに決められているバリエーション1曲
     

バリエーション内容はオーディションの1か月前に公表されます。

その他オーディションに関する全てのお問合せ先(電話またはメールのみ)パリ・オペラ座バレエ団の秘書

お問合せ: 

  • le secrétariat de la Direction de la Danse(パリ・オペラ座バレエ団秘書宛)
  • TEL +33 (0)1 40 01 24 52、または メール sbreugnot@operadeparis.fr

 

 
 




PAGE TOP