バレリーナは健康で細長い体形が必須、ダイエットしたければ食事を見直そう

 

将来バレリーナになりたいと思っているたいていの人が悩む体形の問題。

 

ポワントを履いて、バレエをやっていない普通の人ができないテクニックや、足をあげたりジャンプするのに必要な筋肉はつきますが、見た目はやはりほっそりしている体形が要求されるのがバレエの世界。

日本のバレエ団も海外のバレエ団をみても太った人はいませんよね。

 

もともと食べても太りにくい体形の人もいますが、そういう人でも舞台が近づくとダイエットはしているものですよ。

あと2,3キロ痩せようとか。

 

成人している人はある程度体に必要な栄養素はもう取れていますが、主学生高学年~高校生の間は、下手に自己流ダイエットをしてしまうと、部分的に痩せるだけだったり、痩せたいところが痩せなかったり、身長がそれほど伸びなかったり、下手すると拒食症にもなってしまいます。

 

だからしっかり栄養素をとりながらダイエットしていくのがバレリーナには必要。

 

フランスのコンセルヴァトワールのバレリーナための筋力をつけて痩せるための食事を公開

私がいたToulouseトゥールーズのコンセルヴァトワールは寮がなく、アパートで1人暮らしをするところでした。

朝と夜は自炊でしたが、ランチはバレエ学校の食堂で栄養・健康面、そして太りにくくて筋力をつけることを意識したバレリーナ体系を維持するための食事メニューニなります。

ランチのメニューには最初びっくりしました。そんなに食べるの?食べなきゃいけないの?って感じでした。

 

フランス人がたくさん食べることは知ってましたが、バレエ学校でもそんなにたべなきゃいけないなんて・・・

留学した当初はこんなに食べて太らないか、すっごく不安でした。

 

これは↑youtuberのちあこチャンネルの中で、ちあこさんもおっしゃってることと同じことですよ💛

ちあこさんは留学中にかなり太くなって、偏食もあり、痩せにくい体質で困っていたところ、パートナーのあぶちゃんのアドバイスにより筋力をつけて脂肪を燃焼しやすい食事を心がける。

この筋力をつけて脂肪を減らす=燃焼させやすい食事管理をしたところ、今の素足でレオタード&バレエスカートでも痩せていて、きれいな筋肉がついているバレリーナの足になってますよね?

これが大切なんです。

私がいたコンセルヴァトワールでもこの<バレリーナに必要な筋力をつけて、脂肪を燃焼させやすい体つくり>を目的とした食事メニューで管理されていました。

一見ランチから鶏肉ソテーやお肉料理も選べるようになってました。

ボリュームはありますが、油の量を控えたり、テフロン加工の調理用の大きなフライパンで油を余計に加えない調理方法をしていたりと、よく考えられたメニューになってました。

  • 前菜、主食、パン、デザート、飲み物。
  • 前菜は、サラダや野菜のソテー
  • 主食は選択で、ステーキにフライドポテト山盛り、お魚のフライにグラタン添え、ハンバーグにフライドポテトつき・・
  • デザートは、フルーツ、チーズのもりあわせ
  • 飲み物、お水、100%果汁ジュース
  • 最後にカフェ

これがオーソドックスなランチメニュー。もちろんその日によって、主食を抜きにするとか、果物をあとでクラスが終わった夕方に食べるとかしている生徒もいました。

バレエ学校の生徒たちもその日の体調や体の微妙な動き具合によって食べるメニューを変えている生徒たちも見受けられました。

バレリーナための筋力をつけて痩せるための食事を続けた結果どうなった?

 

このような学校の食事メニューでも不思議と食べても太らなかったんです。むしろ食事をしっかりとれてエネルギーを感じ、午後のレッスンぶっ通しの時間も疲れない感じでした。

このランチの食事をとることで、急激に痩せることはなかったけど、筋力がつき、膝上のぶよぶよしたお肉がいつのまにか気にならない程度になり、太もも内側に縦の筋肉の筋が見えるようになるほど、脂肪が見た目に減りました。

 

朝8:30から夕方17:00までバレエ漬けの生活なので、それだけ食べても太らなかったんですね。

必要な筋力をつけて脂肪を燃焼させやすいバレリーナ体系になるため手段

また食事メニューでも特に<糖質の量と油の量>にかけては徹底されていました。通常のOLさんや主婦の人たち、バレエ以外の人たちが食べる糖質や油の量・カロリーよりもかなり制限はされています。

 体に不必要な糖分や油の量は必要ないってことです。

普段の生活でも太ったと感じたり、太ももがブヨブヨ、膝頭のぶよぶよしたお肉、お尻が垂れてきたダラ~ンとした贅肉、お腹の脂肪がつかめるブヨブヨ感・・・こういった体形になったら痩せるにはかなりの日数も根性もいります。結構ダイエットは我慢する精神力との闘いなんです💛

バレリーナ体系を目指してコンクールやバレエ留学を目指すには?

海外の有名な国立バレエ学校では、食事もしっかりとコントロールされていて、拒食症になったり食事をキチンと出来ない人は退学にになったり一時休学にさせられます。

例えばパリ・オペラ座バレエ学校は食事管理も厳しいです。身長が低いままではヨーロッパのバレエ団は受かりません。

 

日本でバレリーナを目指している人は朝から夕方まで一日8時間のバレエトレーニングは難しいですよね。

学校もあるし、バレエが出来るのはせいぜい一日2時間程度。それだと海外のバレエ学校の生徒より動くカロリーは低いので、スレンダーで筋肉を保つための食事制限をしないといけないかもしれないですね。

 

趣味でバレエを習っていてもやっぱり筋力つけてバレリーナ体系に痩せたいと思ったら?

趣味でバレエを習っていてもやっぱり筋力つけてバレリーナ体系に痩せたいと思ったら、バレリーナに必要なスレンダーで筋肉がつくダイエットメニューを実行することが望ましいです。

 

そんな状況でもきちんと食事制限ができるメニューの一例を紹介します!

夜の主食のごはんの量を満腹感を得ながら減らすには、おかゆにしてみる。

そうするとご飯の半分の量だけであとは水分でご飯がふやけて満腹を感じるようになります。お茶碗1杯のカロリーは160kcalだからその半分の80kcalでOKになります。

 

バレリーナ体系に必要体を作る素材:①野菜を必ず毎日とる

Food Is Love: Thoughts on Food, Father and The Paleo Diet野菜をとらないと便秘がちになるので、それが痩せにくい原因を作っているのかも。

 

朝、昼は冷たいサラダを取っても大丈夫。ドレッシングやマヨネーズは意外とカロリーがあるので、少なめにとること。

有機野菜だと野菜そのものの甘みを大いに感じれるので、ドレッシングが少なくても大丈夫。ドレッシングを使う代わりにオーガニックなオリーブオイルとお塩だけをサラダにかけてもおいしいですよ。

 

夜のサラダは控えたほうがいいです。生野菜は基本的に体を冷やすもの。特に夏野菜は冬にとると体を冷やして代謝が低くなるので、痩せにくくなってしまいがち。

だから「温野菜」をとれば、味付けもカロリーの低いおしょうゆやみりんが原料なので、太りにくくなります。

 

バレリーナ体系に必要体を作る素材:②お肉やお魚は必ず毎日食べること

Healthy Dieting

お肉やお魚は体を維持する上で重要な要素。バレエのエクササイズで必要な筋肉を作ったり保つのは必ず必要な栄養素です。

お肉はなるたけカロリーの低い、鶏肉のササミの白身の部分をたべたり、豚や牛の赤みのお肉の場合は一度お湯にゆがいてから調理すると余計な油がとれるのでヘルシーになります。

 

お湯にゆがきすぎると油がとれすぎてしまい、それを続けると体に必要な油がとれないので、肌がカサカサになってきたりします。

バレエにはきれいな肌や顔のラインも必要です。(だから海外のバレエ学校の子は早くからメイクをしています)

必要な油分は必ず採ること!

 

バレリーナ体系に必要体を作る素材:③牛乳の摂取は大切!

Milk

成長期はカルシウムをとることがすっごく大切です。牛乳はとりすぎると太るといわれていますが、成長期にとらないと身長が伸びにくくなってしまいます。背の低いバレリーナは特に海外のバレエ団はオーディションでとってくれません。身長制限もあります。

バレエ学校でも身長制限はありますよ。

 

バレリーナ体系に必要体を作る素材:④おかしはほどほどに!

私もおかし大好き人間ですが、バレエを本格的にやるようになってからスナック菓子はとにかくやめました。

朝はビスケット等を食べても一日の活動で消費されてしまうので太りませんが、お昼ご飯後や夜食べるお菓子は太りにくいものに変えました。もちろんバレエ学校でも同じようにしていました。

 

それは甘いものがほしくなるので、フルーツや100%ジュースをとるようにしました。お菓子を絶対に食べないっていうダイエットはつらすぎるし、食べるって言う楽しみも感じたかったからフルーツトジュースはかかせなかった!

 

フランスの100%ジュースは濃厚ですっごくおいしいんですよ。

ウェルチを申し少し濃厚にした感じ。これに炭酸をまぜるとおいしいだな!

お菓子に必須なのが、「こんにゃくゼリー」

ドラックストアで売っているもの。留学していた時は日本から送ってもらっていました。

こんにゃく自体0kcalなので、あとは甘味料等のかロリーだけ。

それに原料がこんにゃくなので、便秘解消にも効きました。おなかもいっぱいになるので一石二鳥です。

バレリーナ体系に必要体を作る食事メニューのまとめ

バレリーナ体系に必要な筋力を作る健康を維持する食事メニューはいろいろ考案されていますが、バレエ学校時代に授業で学ぶ「バレリーナに必要な栄養学」「解剖学」を考察し、バレエ学校の栄養士が考えて作っている特別な食事メニューを考慮すると次の重要ポイントが解明されました。

バレリーナのような筋力をつけて痩せるルール
油や糖質の量に注意する

主食の量に注意する

魚・肉類の調理に注意し、毎日必ず食べること

バレリーナに必要な筋力をつけるためのタンパク質の量に注意しながら毎日摂る

お菓子類は極力控える

筋力に注目した食事管理と適度に体を使い、筋肉をつけ脂肪を燃焼させるための運動時間が毎日必要

バレリーナの食事サポートとダイエット厳選特集

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

LINE@ではフランス流バレエの上達ちょっとしたポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

おすすめの記事