バレエ留学したければ、スカラシップのあるバレエコンクールを狙おう!

2015y06m16d_164248019

日本でのバレエに対する認識を広めようという目的で始められたのが、比較的歴史の浅いバレエのコンクールの開催。

コンクールで入賞している人たちのレベルも様々ですが、何よりメリットは、以前よりバレエ留学できるスカラーシップが増えたこと。

特に若い世代のこれからまだバレエを学んでいく人たちにとって、海外の国公立のバレエ学校で学べるというのはかなり魅力的ですよね。

 

以下のバレエコンクールは、短期・長期のバレエ留学ができるスカラーシップがあるコンクールの一部です。

  • NBAバレエコンクール
  • 伊達コンペティション
  • ジャパングランプリ
  • エデュケーショナルバレエコンペティション etc…

 

他にもまだ海外のバレエ学校へ留学できたり、サマースクールに参加できたりするコンクールがあります。

コンクールの開催時期も1年を通してばらつきがあるので、いくつかコンクールを受け続けてもいいと思います。その方がコンクールに向けてバリエーションの特訓したり、普段のレッスンを今以上に大切に受けるようになるので、コンクールの入賞に関わらず個人的なバレエの能力は飛躍的にアップします。

 

バレエコンクール入賞でバレエ留学した時のデメリット

 2016y07m18d_160433852

将来はプロのバレリーナになりたいからバレエコンクールのスカラーシップで海外のバレエ学校へ留学する!というのはやはりすごいこと!

逆にそれだけリスクも高いことも頭の隅っこに置いておいた方がいいのかなと思います。

 

リスクというか、将来的なこと。

バレエ留学してバレエ団に入ってプロのバレエ団で活躍している人が最近メディアでたくさん取り上げられるようになりましたよね。

でもこれって成功をした人をとりあげているので、逆に留学までしても国内・海外のバレエ団のオーディションに落ちている人の方が断然多いんです。

 

 

バレエ団のオーディションで落ちたと言っても、どこから不合格の対象になったかにもよりますが。

 

バーの時点で落とされる人、センターの途中で落とされる人、回転系のエクササイズの後に落とされる人・・。

いろいろありますが、見込がないのがバーの時点で落とされる人。海外のバレエ団のオーディションだと、こういう場合は、アンディオールができていない人がよく落とされています。

 

バレエの世界も世界中で就職難の時代です。

特に女性はいつでも激戦。バレエ体型に恵まれていても落ちることはザラにあります。悲しいことに・・・。逆にそれほど体型に恵まれていなくても、ディレクターが何かを感じることのできるダンサーだったら、入団OKしちゃう人もいます。だから感性や芸術の世界と言えるのでしょうね。

 

いずれにしても、将来的にバレエ団に受からなかった場合でも、大学に行き直すとか日本に帰って普通に就職するとか・・。バレエ以外の道もあり得ることは考えていた方がいいと思います。

 
 




PAGE TOP