バレエ留学したければ、スカラシップのあるバレエコンクールを狙おう!

2015y06m16d_164248019

日本でのバレエに対する認識を広めようという目的で始められたのが、比較的歴史の浅いバレエのコンクールの開催。

コンクールで入賞している人たちのレベルも様々ですが、何よりメリットは、以前よりバレエ留学できるスカラーシップが増えたこと。これはすっごく嬉しいこと!バレエを習う人たちがそれだけ増えますから!

 

若い世代のこれからまだバレエを学んでいく人たちにとっては海外の国公立のバレエ学校へ留学して学べるというのはかなり魅力的ですよね?

 


バレエ留学ができるスカラシップがあるレベルの高いメジャーなコンクール

 

以下のバレエコンクールは、短期・長期のバレエ留学ができるスカラーシップがあるコンクールと言われてます。

 

  • NBAバレエコンクール
  • 伊達コンペティション
  • ジャパングランプリ
  • エデュケーショナルバレエコンペティション etc…

 

他にもまだ海外のバレエ学校へ留学できたり、サマースクールに参加できたりするコンクールもありますが、スカラシップがあって留学している実績も歴史が長いコンクールなので、信頼できます。

 

スカラシップ付きのバレエコンクールを受ける利点・メリット

 

上記で紹介したバレエのコンクールに限らずこのようなバレエコンクールは、今では開催時期も1年を通してばらつきがあるので、いくつかコンクールを受け続けてもいいです。

 

バレエのコンクールで入賞することはすばらしいこと!

 

なんといってもスカラシップのあるバレエコンクールで上位入賞すれば、海外のバレエ学校に短期留学できる権利が無条件にもらえたりすること。コンクールによっては留学の一部資金も支援してくれるのもあります。

 

留学だけではなく、サマースクールや講習会にも無料で参加できたりと特典ばかり。

 

留学や講習会、サマースクールに参加することによって、海外のバレエ学校でプロダンサーを目指して練習している生徒たちのレベルを知ることもできるし、周りがバレエをやるためい選ばれた精鋭たちだから、自分のこれからのバレエに対するレベルアップにもかなり良い意味で影響します。

 

もちろん自分自身もバレエでレベルアップすることまちがいなしです!

 

コンクールで失敗してもプロダンサーを目指すことができる理由

 

コンクールでは失敗する生徒のほうが実際は多いでしょう?

上位に残らなくても長い目で見るとそれなりにメリットはあります。

 

コンクールに向けてバリエーションの特訓することで、普段のレッスンを今以上に大切に受けるようになるので、コンクールの入賞に関わらず個人的なバレエの能力は飛躍的にアップします。

 

テクニックでいうと、回転系のテクニックが前よりできるようになったり、バリエーションで最も基本で大切な五番ポジションやアンディオールが踊りの中で自然にできるようになっていたり・・。

 

コンクールでは特にこの基本で美しい5番ポジションやアンディオールがしっかりできているか?というのがポイントに加算されていくので、それをバリエーションやアンシェヌマンの中で頭で考えなくても自然に足が美しい規定のポジションになる癖づけができればそれだけ美しい動きができますからね^^。

 

だから万が一コンクールで上位入賞できなくても、最終決戦に残らなくても将来的にバレエダンサーになれないということはないので気落ちしないでレッスンを継続することが大切です。マラソンの持久走と同じ。

 

バレエコンクール入賞でバレエ留学した時のデメリット

 2016y07m18d_160433852

 

将来はプロのバレリーナになりたいからバレエコンクールのスカラーシップで海外のバレエ学校へ留学する!というのはやはりすごいこと!

逆にそれだけリスクも高いことも頭の隅っこに置いておいた方がいいのかなと思います。

 

リスクというか、将来的なこと。

バレエ留学してバレエ団に入ってプロのバレエ団で活躍している人が最近メディアでたくさん取り上げられるようになりました。

でもこれって成功をした人をとりあげているので、逆に留学までしても国内・海外のバレエ団のオーディションに落ちている人の方が断然多いんです。

 

 

バレエ団のオーディションで落ちたと言っても、どこから不合格の対象になったかにもよりますが。

 

バーの時点で落とされる人、センターの途中で落とされる人、回転系のエクササイズの後に落とされる人・・。

いろいろありますが、見込がないのがバーの時点で落とされる人。海外のバレエ団のオーディションだと、こういう場合は、アンディオールができていない人がよく落とされています。

 

バレエの世界も世界中で就職難の時代です・・。

 

特に女性はいつでも激戦。バレエ体型に恵まれていても落ちることはザラにあります。悲しいことに・・・。逆にそれほど体型に恵まれていなくても、ディレクターが何かを感じることのできるダンサーだったら、入団OKしちゃう人もいます。だから感性や芸術の世界と言えるのでしょう。

 

いずれにしても、将来的にバレエ団に受からなかった場合でも、大学に行き直すとか日本に帰って普通に就職するとか・・。バレエ以外の道もあり得ることは考えていた方がいいと思います。

 

どうでしょう?

将来バレエダンサーになれるかどうかは考えても今はわからないこと。自己判断してもわからないし。

 

将来的にバレエダンサーになりたいともってるのであれば、スカラシップありのバレエコンクールで実力を上げていくのは夢実現させるためのステップアップするいい方法の1つですよ。コンクールを受けたい場合は、バレエを習っている先生に相談することがまず大切です。そこから指示をもらって先生と自分の二人三脚でコンクールを目指していくことになります。

 

もしコンクールを目指しているような本格的なバレエ教室には通っていないのであれば、早めにバレエコンクールのクラスがあるお教室に代わったり、先生に相談してそのようなバレエスクールを紹介してもらうことも必要です。

最新情報をチェックしよう!
>バレエダンサーのための情報メディア

バレエダンサーのための情報メディア

本当にバレエで上を目指したい人、これからバレエを始めたい人。私のように海外留学をしたい人を応援するためにこのメディアを立ち上げました。

CTR IMG