成功するためのバレエ学校オーディション申請のベストな時期&手段

通常は(コロナの影響下の時期を除き)海外のバレエ学校は一般的に12月~1月末の間に翌年の秋以降の新規生徒を募集します。その場合のオーディション申請方法は通常次の3つの方法で参加申請ができます。

 

  1. 無条件にオーディション申請して、動画オーディションまたは現地オーディションを受けます。
  2. オーディション申請審査合格後➡動画オーディションまたは現地オーディションとなります。
  3. 動画審査のみで一発OK

 

またバレエ学校のオーディション時期に公募のオーディションではなく、プライベート・オーディションで、学校に問い合わせメールや電話をし、学校側の指示にしたがうことになります。

その他にもバレエ学校留学のためのオーディションが日本であるって知ってた?

公募オーディション、プライベートオーディション以外に、すべてのバレエ学校が行っているわけではありませんが、サマースクールや講習会、WSがオーディションを兼ねている場合もあります。

 

近年、日本でもいくつか学校や国は限定されますがWS講習会が行われるようになりました。

日本で入学オーディション兼WS講習会がよく行われる国のバレエ学校

日本で入学オーディション兼WS講習会がよく行われる国のバレエ学校は予想がつきますか?

ロシアのバレエ学校で、最近日本人の留学生も増えたバレエ学校が多いのを得に見ます。(お金の裏事情もありますが・←これについては後程また言及します)

 

残念ながら20215月の段階では、フランスのバレエ学校やドイツの多くの主流の学校は日本でオーディションを兼ねたWSや講習会は一度も行われてことがありません。

 

2020、2021年はコロナの影響のためバレエのWSや講習会の数は例年よりへりましたが、情勢により行なわれたバレエ学校もあります。

 

現在は世界中でバレエ人口が増え続けているため、サマースクールのみのバレエ留学でも、2番目のプレセレクションのために動画審査申し込みエントリーし、現地のバレエ学校で実際に通常レッスンのオーディション審査が基本的に多い方法です。

2021年コロナの影響でバレエ学校オーディション形式の変化

2021年11月~2月にかけて、予定されていた海外のバレエ学校の入学オーディションが延期になったり、キャンセルになった学校が多かったですね。

 

私も東京の某バレエスクールの生徒さんの留学・進路指導&アドバイザーとして3人の生徒さんのサポートをしていた関係、コロナの影響でバレエ学校オーディション形式の変化が大きかったポイントがいくつか見受けられました。

 

  1. バレエ学校入学審査オーディション形式
  2. ㊙コロナの影響と入学者数の関係の結果?

 

. バレエ学校入学審査オーディション形式

コロナの影響により、渡航できなくなったり渡航制限がかかったり、学校自体が長期休校が続き再開のめどがいまだにたっていない海外のバレエ学校も多いです。

そんな状況の中、オーディション形式もかなり変わり、バーチャルオーディションの全体の9割以上になってます。

 

バーチャルオーディションのメリット

バーチャルオーディションは、バレエ学校が決めた指定日にZOOM等でライブオーディションをすることです。

この方法だと現地にわざわざ行ってオーディションを受けなくていいので、費用の面や現地でのオーディションを受ける前に通常のレッスンをうけるための手配等、コスト面や調整において手間がかからなくてかなり勝手がいいです。

 

バーチャルオーディションのデメリット

ただZOOMオーディションを受けるとなるといくつかのデメリットがでてきます。

 

スタジオの予約

 

留学指導をしていた一人の生徒さんはアメリカのバレエ学校のバーチャルオーディションをうけるために、当日スタジオへ母親ときて、親御さんがZOOM設定や見栄えがするいい位置の事前調整、子供さんが動きに合わせて全体がZOOMに収まるように画面調整等もされていた苦労があります。

 

オーディションの時差

日本と時差があることも考量しなければならず、アメリカのお昼すぎのオーディションの場合、日本の日曜の早朝6時でした。

6時にオーディションを受けられるだけの体調を整えたり、ストレッチしたりする時間の確保もスタジオ側との事前調整がありました。

 

ZOOMに対応できるPCに詳しい付き添いが必要

日本でのオーディション当日のスタジオ確保、PCで同時オーディションするために見栄えがいいように映る位置の微調整などが必要です。

またZOOMもお互いが見えない、マイクが聞こえない等、技術面で市長があるときがあります。そのためにもパソコン操作にある程度慣れている付き添い者が必要になるでしょう。

 

バレエ学校のバーチャルオーディションのまとめ

このようにバーチャルオーディションは場所にとらわれず費用面でかなりメリットは大きいですが、時差、スタジオの確保、ZOOM調整する担当者の確保が必要になります。

 

. ㊙コロナの影響とバレエ学校入学者数の関係の結果?

2020年の春以降、コロナの影響によりバレエ学校から一時帰国をしなければならなかった生徒が大多数となり、学期が途中でもその後学校に戻れなくなった生徒さんもかなりいらっしゃいます。

 

例えばボリショイバレエ学校の最終学年に留学していた生徒さんは、日本に一時帰国し、そのままロシアに戻れない状況で2021年を迎えました。2021年4月末になっても学校へ戻れる連絡が一切きていないということでした。

 

フランスでは20215月中旬の今でもロックダウンが続き、入国自体をすべて拒否しています。

このような海外の状況で、バレエ学校を退学する生徒さんが多い状況となり、国立の学校側としても優秀な生徒さんを確保したいという運営側の目的があります。

 

また私立のバレエ学校は生徒自体が減少してしまうと、経営に直結するため、なんとかして生徒さんを確保したい=運営費を確保したいという事情があります。

 

そのため、バレエ関係者の中ではこういった経営難に直結している私立のバレエ学校ほどコロナの影響の時期では、生徒数確保のため通年と比べるとオーディションに受かりやすいという事実もあります。

 

どのように具体的にバレエ学校が再開されるか5月の段階では情報が公開されていないバレエ学校が多いため、コロナの影響で実際に2021年秋以降に海外へ留学可能かどうかはまだ様子見となります。

ドイツの国公立のバレエ学校へ留学するにはオーディションに2回合格する必要があります


私が担当している東京の某バレエスクールの留学希望生徒さんの中にドイツのバレエ学校(マンハイム、ドレスデン、シュツットガルト、ミュンヘン)を希望していて留学の手続きを段階ごとにサポートしています。

 

コロナ後の2021-2022年の入学オーディション要綱に書いてあったり、学校に直接問い合わせをしたところ、ドイツのバレエ学校は通常だとプレセレクションを動画審査で行い、合格者は5月~6月にドイツの該当するバレエ学校でレッスン審査やバリエーション審査があります。

 

バレエ学校のプレセレクションのための入学申請手続きの期間とコロナの影響

通常だと海外のバレエ学校へ入学希望する場合、12月~2月末までにバレエ学校の入学プレセレクションの申請が行われています。期間を過ぎると基本的に受け入れは却下されるため、エントリーの時期については直接学校のHPやメールで問い合わせをしたほうが安心です。

 

2021年秋にバレエ学校入学を希望する場合、かなり通常のエントリー期間に変更がありました。

 

朗報!2021年秋にバレエ留学希望者へ!オーディション申請期間の変更について

2021年秋にバレエ留学を希望する人たちは、オーディション審査期間に大幅な変更があるので、注意が必要です。

というのもコロナの影響が原因なんです。

 

通常だと前年の12月~2月終わり、遅くとも3月半ばでバレエ学校の入学オーディション申請期間があります。

ただコロナの影響で、この通常のオーディション申請期間が延期になり、3月~5月まで延期されている学校が多いです。

 

アメリカ、ドイツ、フランス、東ヨーロッパ(エストニア、ハンガリー、チェコ他)、ロシア圏のバレエ学校はそれぞれHPにエントリー期間が延長になっている場合が多く、ネットで探してみるといいです。

というのも、今現在担当している都内の某バレエ教室での留学希望者をサポートしているため、こういった各バレエ学校の情報はいち早く入ってきます。

 

個別でバレエ学校のオーディション審査を問い合わせてみると意外と受け入れてくれる事実?

これもバレエ学校の留学希望の生徒さんのことを元に解説していきます。

コロナの影響でバレエ学校のエントリー自体がキャンセルになることが続き、2021年になりやっと海外の主要なバレエ学校からから

 

サマースクールは1週間~3週間ほどの短期で終わってしまうので、長期留学審査よりかんたんに受かります。

 

審査の基準

バレエ歴はほとんど見ていません。

それより写真からバレエ向きの容姿が良い生徒を選びます。

アラベスクの写真や5番ポジションの写真で、足の筋肉がアンディオールになっていて、細長い人。これが最低受かるラインです。

 

舞台経験を書く欄がある場合

日本のコンクール歴やバレエ協会の作品に参加する等書くこともできますが、あまり意味がありません。

海外のバレエ関係者に日本のコンクールは知られていません。

 

書くのであれば、海外でも有名なコンクールの入賞歴や過去に参加したことのある外国人の先生の講習会等を書いたほうがプラスになります。

 

募集時期

サマースクールの募集は、参加したい時期の1年前から募集している場合が多いです。

 

9,10月に、海外のバレエ学校のホームーページでサマースクールの参加方法のページがアップされているので、そこから申請書(PDF)と参加費を支払えば、学校側から合否の通知がきます。

あとは滞在先を決めて、飛行機のチケットをとって現地へ行くだけです。

 

滞在先

滞在先は、学校の寮に入る場合、ホームステイ、一般の寮、ホテルを探す場合があります。

学校の寮やホームステイを希望する場合、オーディションの申請書に記入する欄があります。

自分で滞在先を手配する場合、学校によってはホテルや一般の寮のリストを教えてくれる場合もあります。

 

学校までの航空チケット~現地の電車予約

 

また留学先のヨーロッパのバレエ学校への航空eチケットや留学先での長距離列車や鉄道のチケットはアプリでもカンタンに予約~購入できるようになりました。まさにITの時代ですね💛

Omio:ヨーロパ交通予約サイト アプリはEU全域の鉄道やバス飛行機等全ての モバイルチケットがスマホでできるようになってます。日本語でのオンライン予約ができるので頼もしいです。

 

この海外の宿泊や鉄道eチケットをアプリでダウンロードすれば操作が簡単に購入できます。

Omio:ヨーロパ交通予約サイト➡

 

 

 

バレリーナの食事サポートとダイエット厳選特集
おすすめの記事