プロバレリーナのダイエット方法:2週間で痩せる糖質制限の食事と感想

バレエのトップ、プロダンサーのように、細長くて綺麗な体のラインを手に入れたいと思いますよね。やはり生まれつき綺麗な体のラインをもっているプロのあらゆるジャンルのダンサーの方々も大事な試合前、舞台、イベント、コンクール、発表会では必ずダイエットしてます。

 

今回はその一例を紹介したいと思います。ダンサーでもバレエのジャンルから、バレリーナのような細くて健康な体を維持したい人は、真似をしてみてもいいのではないでしょうか?

 

それにしても新国立のバレリーナの人は国の税金でなりたっているから、それなりに外見が見栄えのする人が所属されているのは当然ですよね。バレリーナということもあって、体力勝負の職業

 

普通にダイエットしていたら、細いモデル体型にはなるかもしれないけど、一日中動いているので体力がなくなってしまうと大変なことになってしまいます。

 

そこで今回はダンサーのような見た目スリムな、引き締まった筋肉質な体型になるための方法と糖質制限の方法がダンサーダイエットに適していることを参考書等を紹介しながら解説していきます。

 

途中で実際にダンサー向けに考案された糖質制限の食事方法を実践して頂いた人の中からいくつか感想や口コミを紹介していきます。

バレリーナのような体型になるための正しいダイエット情報を知ってますか?

成長期の子供が自己流のダイエットを自分勝手に行ったり、正しい栄養知識のないバレやダンスの先生がダイエットの指導してしまうと、生理が止まったり、局部的な痩せ方をしてしまったり(例えば太ももが痩せたいのに、別の部位が痩せてしまったり)、身長がのびなかったりとしてしまいますよね。

 

私自身も東京近郊のバレエスクールで子供のころからずっとバレエを習った先生のところは、先生はスパルタで一昔前の昭和の時代の先生でいい先生なのですが、今の時代の先生のように、体の作り方や正しい筋肉の使い方や、必要な細長くて脂肪がぶよぶよしてない筋肉を作るための正しい食事方法等、習っていない先生なのです。

 

だから、海外の国公立のように正しい食事方法も知らないし、生まれつき綺麗なバレエ体型の体でない生徒はプロのダンサーになれない・・・なんて思っている。

 

たしかに生まれもった体の骨格や、体型、筋肉の質はバレリーナに必要といえば必要だけど。

完璧なバレエをするために生まれてきた人は世界で一握りじゃないの?

みんなバレエダンサーだって、どこか欠陥がありますよ?

いろんな体のコンプレックス持っていますよ?

プロのダンサーでもそうなんだから!

生まれつき内股の足首をアンディオールするより、ダイエットしてきれいに痩せるほうが楽でしょう?^^

 

海外のバレエ団でも日本の有名なバレエ団であれば、身長制限が必ずあります。日本では最低でも女性は163㎝以上ほしいです。ヨーロッパのバレエ団でもアジアのバレエ団でも、女性は最低でも165㎝以上ないとオーディションを受ける段階の書類審査で予選落ちしちゃいます。

 

そんな栄養知識のない人が食事の指導するなんて、フランスの国公立のバレエ学校ではありえません。大切な子どもの将来を預かるのに「痩せなさい!」だけいうバレエ教師なんて最低ですからね・・。

 

ここで世界的に有名なレベルの高いバレエコンクール、<ローザンヌ>でのバレエ体型を参考にしてみましょう。

 

ローザンヌ・バレエコンクールで奨励されているバレリーナ体型とは?

ローザンヌ・バレエコンクールは、海外の一流のバレエ団へ入団するための準備段階としてコンクールとしても有名で、毎年日本からも将来バレリーナになることを目指して出場している人たちが大勢いらっしゃいます。

 

このコンクールの出場条件として定められている通り、ただ単に痩せている体型の生徒さんではなく、身長に対する体脂肪率、体重の基準が定められています。この要綱を見る限り、バレリーナの体型はそれほど痩せている人を望んでいるわけではないことが理解できます。

(かといって太りすぎは基準外ですが。病的に痩せすぎている、拒食症等のバレリーナはコンクールの基準外ということになります。)

 

詳細を見てみる➡

身長160㎝の場合の体重やBMI値がしっかりと書かれていますね。女性は生理も始まっています。極端なダイエットをするよりも体脂肪を減らし、見た目をもっと強い筋肉で引き締めた細さが必要です。

 

新国立劇場のプロのバレエダンサーでも正しいダイエットは常識!

新国立劇場バレエ団の本島さんがネットサイトでインタビューを受けていらして、その中でおっしゃっていらした言葉。

 

「心がけているのは、バランスよく食べること。朝はご飯とお味噌汁。(・・・)でも今年の夏は忙しかったせいか、ちょっと痩せてしまって……。痩せすぎても力が出ないし、食事はきちんと摂らなければと再認識してる今日この頃です(笑)。」

  • 朝はしっかりと体が栄養補給できるように朝食はきちんと食べること。
  • 季節によって、湿度が多く暑くて何をしなくても汗がでてくる夏場はカロリー消費が激しいので、他の季節よりも栄養に気を付けて健康な痩せた体を作っていくことが大切。

 

とはいっても一日3食の中で大切な要素をとりいれながら、痩せ体を維持する食事メニューを考えなくてはならないダイエットはちょっと時間もかかるし、手間もかかるし、必要な食材を買うのもコストがかかってしまいます。

 

そんな時にお助け食品としていろいろな低価格のサプリメントを毎日少し取り入れると栄養不足にもならないし、均等とれたきれいなバレリーナ体系を維持するために貢献してくれます。カロリーも少なめだし手っ取り早く補充できるので、試してみるのもいいですね。

 

こちらではここで情報提供している糖質制限の食事方法がどのレベルのダイエット方法なのかが詳しくわかります。

 

 

プロバレリーナのような引き締まった体型になるための糖質制限ダイエットについて

 

ホームページやHPや関連ブログのに「バレリーナのための2週間ダイエット方法」のお問合せを多数いただいております。

 

 

2週間ダンサーダイエット方法の結果を紹介します。

バレエダンサー糖質制限ダイエットの成功者の感想

 

 

お問合せ頂いた方:バレエのプロダンサーを目指していらっしゃるバレリーナさん

 

➡年齢:17歳、バレエ留学中

➡ダイエット期間:2週間

➡体重変化:マイナス1.5kg!

➡ダイエットした後の変化:鎖骨周辺が痩せた!

➡ダイエット方法について:(食べる食事療法のため)食事管理がつらくない!

➡また継続希望!

 

こういうアンケート結果をメールで頂きました。

 

 

もともとプロダンサーになることを目指してバレエ留学中という本格的にバレエをやってらっしゃるバレリーナの方なんですもの。

もともとバレエのほっそりとした体型の方。

 

2週間で健康的に食べるものを食べて、1.5kg痩せるということができたのは理想的な結果です!

 

体脂肪も短期間で痩せたダンサーの糖質制限ダイエットの結果

ダンサー糖質制限のダイエット方法を短期間で成功させた17歳の女の子が体脂肪を減らすことにも成功した嬉しいアンケート結果を頂きました。(引用参照:https://ameblo.jp/balletfrance/entry-12627659911.html

 

6痩せる前の体脂肪率と痩せた後の体脂肪率(分かればお願いします)

体脂肪率の変化:20%➡18.2%へ

→ 体脂肪も1.8%減って、脂肪も減り見た目も少しスリムになっていることがイメージできます!

 

体脂肪が減ったということは、<余分な脂肪が筋肉に変わり>見た目が以前よりもほっそりスリムな体型になったといううれしい事実ですね💛

7 痩せたことによる効果(鏡でみる自分の姿に納得できた! レオタード姿でよりきれいになった! 自分の姿に自信がついた! 健康になった!モテるようになった!(笑)など)

少し鎖骨周りがすっきりしたとおもいます。

 

相乗効果で、鎖骨周りがすっきりすると、胸のボリュームも減って見えるので、胸が大きくてバレエで悩んでいらっしゃる人にも有効なダイエット方法なのではないでしょうか?

 

8 このバレエ学校のダイエット方法でよかった点・悪かった点も記載してください。

あまりきびしくないので、ストレスなくとりくめました!

→ これがいちばん嬉しい感想です。

 

鎖骨周りが痩せると、レオタード姿でも上半身が以前より華奢で可憐な感じのプロダンサー姿になっている姿を思い浮かべることができます!

 

 

ダンサーやバレリーナのダイエット体験から実証できた一番のメリットをまとめました

何よりダンサーやバレリーナダイエット方法では、ダイエット特有の、食べたい!、食べらない、食事制限が厳しいという悩みもなく、大幅なリバウンドの心配もなく痩せられてよい結果を出してくださいました!

 

他にも同じような結果がでたバレリーナ体型を目指す30代、40代の女性の方も多数いらっしゃいました。

今のところリバウンドもせずに体重をキープしているといううれしいコメントも頂いてます。

 

様々な年代の女性が、個々のライフステージや目標に合わせてダンサー、バレリーナの糖質制限ダイエット方法で体脂肪を減らしより引き締まった体型を手に入れることができたことが一番の喜びになります。

 

2週間バレエダンサーダイエット方法の失敗者の感想

このおだやかなロカボレベルの糖質制限のダイエット方法でも失敗した人はいらっしゃいます。

 

ロカボレベルのダンサー糖質制限ダイエットに失敗した実践者の20代女性の方からは次のようなメールを頂きました。

糖質制限の食材から自分で食べたいものを選んで食事を作らなければならないので面倒くさい、という意見が多数でした。

 

確かに置き換えダイエットのように、食事の1食や2食をカンタンにドリンク等で済ませる食事方法はこのホームページでは推奨していないんです。

 

理由は2つ。

 

置き換えダイエット食品だけに頼らないダイエット方法の2つの理由

① 食事の量やカロリーを単に減らして1~2週間の超短期で3~4キロ体重を減らすだけのダイエット方法はリバウンドをひきおこすので推奨していません。

② 体重を減らすだけのことにはフォーカスしていなく、体脂肪を減らして余分な脂肪を燃焼させ、筋肉で引き締めたダンサー体型を目的としているからです。

 

ダンサーに最適な糖質制限や低糖質ダイエット方法について、参考書を紹介

糖質制限や低糖質なダイエット方法が安全だということが医者の観点からもしっかりと書かれている参考書になります。

 

体が変わる! 最強の糖質制限食

江部康二  (著), 沼津りえ (著)

著者の江部氏は、医者であり、糖質制限食を実践して糖尿病を克服した本人でもある。

糖質制限食事方法の第一人者の一人でもあり、正しい糖質制限の食事を続けることで筋肉を減らさなく、余分な脂肪を落とすこおができることを実証しています。

 

彼の医学研究により糖質制限の食事により「老化現象を穏やかにする効果」があることも注目されています。

また管理栄養士である沼津氏は、糖質制限や低糖質のレシピを紹介しています。

 

アメリカの名医が教える内臓脂肪が落ちる究極の食事

マーク・ハイマン (著)

かなり参考となった2冊目の本は、アメリカの医学博士が書いた書物になります。

医学の専門用語を訳している段階で、多少なりとも難しい内容もあります。

私自身、フランスのダンスの高等専門学校や大学で栄養学、化学を学んでいるため多少の専門用語には慣れ親しんでいますが、医学的な専門知識も必要とされる高度な内容がでてきます。

 

他の糖質制限を肯定する医療関係者の方々の専門書や参考書の内容と一致することが書かれているので、信ぴょう性が高いと思いました。

糖質制限では高たんぱくのもの、低糖質のもの、炭水化物はほどほどに体に摂り、脂質はよい油をできるだけ体に吸収されることが正しいと論じられています。

プロダンサー、バレリーナのダイエット方法を実践したい人のためのまとめ

バレエダンサーのように筋肉で引き締め、体脂肪をアップさせリバウンドをしにくい体型をキープするためには、おだやかなレベルの糖質ダイエット方法が有効です。

 

医学的根拠もあり、ダンサーにとって糖質制限や低糖質のダイエット方法が、リバウンドのリスクをかなり減らし、不必要な脂肪を取り除き、代謝アップさせ、より筋肉質で引き締まったスリムな痩せ体型になるためのかなり有効な方法だといえます。

 

ただ痩せるのではなく、食べる食材、自然を基本とした食べ物、適度な運動を継続することで、体の内側と外側の良質な筋肉をキープし、常に新しいより強い筋肉を作り出すで1年中見た目も美しい引き締まったボディーラインを手に入れてくださいね💛

ダンサーのためのダイエット特集➡ 

バレリーナの食事サポートとダイエット厳選特集
おすすめの記事