バレエの発表会でいい役もプロのダンサーになるのも高い身長は必要

 

バレエをやるには身長ってやはりある程度考えたほうがいいです。

日本のバレエのお教室で習うにしても、プロのバレエダンサーになりたいとしても、やはり小さすぎる体だと見栄えもしないし、印象にも残らない。

 

海外の有名な国公立のバレエ学校で入学する時点で身長制限を含む、身体的能力が第一に問われるので。

バレエ留学する際にも身長は1つの条件となっている学校が多いです。

 

私も、164cmですが、バレエ界の中では小さいほうなんです。ソリストだと、170cmを超える人が多くいますから。」 「私も、もうちょっとはやくスクスクのっぽくんに出会っていれば、もっと身長が伸びたかもしれないですね。」

(新国立劇場のプリンシパル、本島さんの対談「すくすくノッポくん」より抜粋)

本島さんの言葉のとおり、日本のバレエ団でも有名なバレエ団では

身長制限があり、東京バレエ団だと160cm以上、新国立バレエだと163cmは最低限女性は必要ですから。

 

私の出身のバレエ教室からは海外のバレエ学校やバレエ団へ入団した人もいますが、やはり身長はみなさん高かったです。シュツットバレエ学校に行った人は、当時173cmはありましたし、アメリカのカルフォルニアバレエの人は163cmはありました。163cmだと小さい方だといってました。

 

日本のバレエのお教室で趣味のバレエの発表会でも身長は大切

 

 

バレエのお教室やバレエ学校では、だいたい年齢の同じような生徒さんは身長がだいたいに通っているので、グループ作品を踊るときには身長でだいたい発表会の役がきまっていきます。

飛びぬけてバレエの身体的能力があり、テクニックもそれなりにできる子どもは、主役や主役に近いソリストの役がつくこともありますよね。(ここでいうテクニックとは、アンディオールや五番の基礎がきちんできている上での回るテクニックや、ジャンプのテクニックの意味)

そういう将来的にプロのバレリーナになれそうな子どもを抜けば、あとはコールドで同学年の人たちといっしょに踊るようなコールドなので、その時に極端に身長が低いと舞台からの見栄え上、一番端になることが多いです。

 

コールドの役には舞台からみてみんな同じ踊りにそろって見えるように身長に気を付けて順番を先生たちは決めています。だからコールドに上手い下手もない。舞台から見たうえで全体的に綺麗にみえるか、そろってみえるかが重要。

 

やはり将来的にプロのバレエダンサーになりたいのであれば、日本であれ海外であっても身長はせめて163cmほどはほしいものですね。

下手に自己流ダイエットで成長期に成長ホルモンを伸ばす栄養素のものも摂取していなかったり、痩せることだけに執着すると当然身長の伸び悩みがでてきてしまうので、ダイエットもやはりプロのトレーナの元に行ったり、デュカンダイエットのようにアドバイスや相談がしっかりとできるアフターフォローのある信頼できて体に安心な健康ダイエット等を行うことで身長も伸ばしていくことをお勧めします。またダイエット中でも、成長期に背を伸びやすくする栄養素が入ったサプリメントを摂取するのも一つの方法です。プラステンアップ

 

 

2週間バレエ上達無料メルマガ講座

LINE@ではフランス流バレエの上達ポイントをお伝えします。

理想のバレリーナ自分像を目指そう!

友だち追加

ID検索は @avv2235f
Lineからお友達追加くださった方に、今だけバレエ上達のための無料プレゼント2つ↓

①フランス流バレエ上達のための骨格概要

②バレエとイタリアオペラの共同制作「SAKURA」の短いリハーサル動画

バレエ上達2週間無料メルマガ会員

フランスのバレエ学校で学ぶバレエ解剖学を取り入れた上達する方法をポイントでお伝えしてます。

 

フランス流バレエ上達養成講座-無料オンライン個別相談会

 

何故あなたのためだけの上達プログラムが必要なのか?

おすすめの記事