バレエのポワントの立ち方をもっと美しく動くコツって知ってますか?

今はいているポワント、本当に自分で美しくバレリーナのように甲がでるなりまっすぐに軸がとれるように立ててますか?

 

ポワントが足裏にフィットする感じって、履いた瞬間に「あ、これ!!」っていう一瞬の感じで決めることができるんです。

 

そういう感覚ってお店のフィッティングで大事。

あれこれ店員さんと話しながらポワントを決めるのも大事ですが・・・。

最後は自分がたった時に違和感がないかどうか?で決めたほうがいい。

 

私もトーシューズ難民をしていた時期がありまして・・。

 

日本でバレエT先生に習っていた時は、「ブロック」のセレナーデ。

脚の甲のアーチがきれいにフィットするのと、足先の指の部分が短いのでその長さに合うポワントがセレナーデだったのです。

 

他のブロックの種類も試しましたが、ソールの硬さも自分にはちょうど良かったので。

潰れるまではブロックもいいのですが、つぶれるととくにピルエット系のものがこのポワントだっとできなくなるっていう超難点がありました。

 

それからフランスに行って、地方在住のこともありブロックがあまり入荷しないこともあり、別のポワントを探す羽目に・・。

 

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– スマホ用レスポンシブル –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-1291817856532052″
data-ad-slot=”1072084120″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

バレエでポワントを履く時期は大人と子どもで違うことを知ってますか?

よくバレエの先生の許可なしにトーシューズを履かないこと!ってお教室によっては言われてますよね?

 

大人からバレエを始めるとある程度自己責任のもとでポワントを履くようになる人も多いので、なんとも言えないってのが本音。

 

こどものころからバレエを習っていてすでにポワントでガンガン踊っている人でも、いつもポワントで正しい立ち方をしているか?っていうとそうでもない。

 

100%ずっと正しい立ち方をしていれば、どこも筋肉も傷めたり、ひざが痛かったり、足首に支障がおきなかったり、といいことばかりだ。

 

でも実際はトーシューズに慣れている人でさえ、脚の痛みはあります。

長年のポワントで立って踊る感覚で癖がついているから高度なテクニック、フェッテ他もできるわけで・・。

 

だとすると、大人からバレエをスタートしてポワントを履いて練習をし始めるときは、踊りができなくて当たり前!

 

ある程度、バレエがバー、センターワークができるようになったら、ポワントを履いてもいいのでは?って私は思います。

 

履きながらポワントでたってテクニックをできるようにしていくほうがアンディオールの筋肉や引き上げで軸を感じながら回るテクニックも感じ方が違ってくるので。

ポワントで練習をするのに慣れてくれば、この辺に体を持ってくれば軸がぶれないで回れるな! バランスがとれるな!っていう感覚が分かってきます♪

足先の条件でバレエのトーシューズに悩んでいる人はいませんか?

人によって足先の形や強さ、足裏の強さや甲の出具合、柔軟性によってポワントの種類が違ってくるので、自分の足に似ていない人のアドバイスは難しいです💦

 

だから私と同じような足首から足先の条件に似た人で、ポワント選びに困っている人がいたら参考にしていただけると嬉しいです。

  • 足指の長さが短い
  • 甲のアーチが少し出ている(もしくは甲はでていなく平)
  • 偏平足(偏平足に近い)
  • 足指の親指~中指までほとんど同じ長さ
  • ポワントの底が普通~硬めがフィットする人
  • トゥの先(プラットフォームが大きいものを好む)

 

全部当てはまる必要はないですけど、↑こんな条件だと、「グリシコの2007」の普通ソールをお勧めします。

 

グリシコ2007のメリット

ブロックのセレナーデを履いていたころと比べると、グリシコ2007の利点は次のようになります。

  • ポワントで立った時のフォームが美しい
  • 足先(プラットフォーム)が安定して、床を押しながら上に引き上げができる=安定感があり、ずっとバランスでたっていられる時間が長い
  • それほど甲はなかったのですが、甲のアーチがでるようになった
  • ピルエット等の回転をするときも安定して軸の上に立つことができ、ブレが少なくなった
  • アラベスクの上げている足先のフォームがより美しくみえる

 

こういうメリットがグリシコ2007に変えただけでありました。

実際に私自身それほど足の甲があるわけではありませんが、グリシコに変えてからはポワントの立つフォームが変わりました。実際にこんな感じです。(もっと美しくポワントで立てるプロのバレエダンサーもいらっしゃいます・・💦)

長持ちするし、お財布にも助かる♪

 

ゲイナーやフリードも試しましたが、結局お金の無駄でした。

 

バレエのポワント、ゲイナーのデメリット

バレエのポワントのゲイナーも友人が履いていたので、1足買ってレッスンでトライしましたが、やはり1回はいただけでダメでした。

 

デメリットはなんといっても、「ドゥミ」ができないこと。

さすがに立ちやすさが売りのゲイナー。ポワントで立つことは簡単。ポワントが立たしてくれるって感じかな・・。

 

でもポワントで降りてくるときに、体を引き上げてドゥミをやりづらいんです。

ドゥミがやりづらいと、アダージオやゆっくりとした動きがやりづらくなってしまうので、ゲイナーは私の足には合わなかった・・。

 

ポワント、フリードも合わなかった理由

ロイヤルバレエやパリオペラ座バレエではフリードを履いている人が大多数ですよね?

でもこのフリードも私の足には合わなかったんです。

まずフィッティングの段階で、底が固すぎて立ちにくかったです。多少ポワントの底を加工して、3/4にカットしてみたのですが、そうしても底の素材が厚く、私の足底には硬すぎて立ちづらかったです。

 

また、ポワントがつぶれるスピードも速く、コストを考えるとフリードは断念しました。

立ち姿もグリシコと比べると、主観的ですが、フリードよりグリシコのほうが美しい足首のフォームができているように見えます。要は見栄えの問題。

 

お店でフィッティングしてもらっただけだと、実際にレッスンでジャンプしたり回転したりしたときに踊りづらい、履きやすい!といったことが初めてわかります。

時間があれば思い切ってポワントのブランドチェンジをしてみてるといいかもです!

 

ポワントでテクニックを上達するには、フィットするポワントをみつけることが大切。そのあとで、より自分の足裏にフィットさせ、回るテクニックやバランスを美しくとれるように、ポワントの底の加工もお勧めします。

 

ポワントの底を少し切ったり、下敷きを薄くしたりすることを禁じる先生もいますが、私は自分の足にあう履きやすい、踊りやすいポワントでより快適に踊れるようになるのが、バレエを踊るものにとって一番の喜びじゃないかなと思います。

(パリ・オペラ座やトゥールーズのバレエ学校でも多少のポワントの底の加工をすることは一般的ですよ。少し柔らかくするのもありです。)

 

自分にあったバレエ軸を育てる、美しいフォームでポワントで立つためのポワント加工情報も「会員限定サロン」では近々情報公開していきます。

 

プロダンサーの目線からのポワント加工情報でいつもよりもっと楽に美しくポワントで立って踊ってみたくありませんか♪♪

 


フランスバレエでもっと上手くなりたい人限定無料会員サロン

当会員サロンではフランス流バレエ限定無料会員サロンの2か月無料のメルマガをやってます。

会員の方も2020年5月初めに100名を突破しました♪

 

https://www.xn--ick2dvds33lkj3e.net/

 

 

正規会員登録までの流れ

まずは正規会員サイト申込フォームに申し込んでください
簡単なアンケートにお答えください♪

 

 会員登録画面

  • お名前
  • メールアドレス
  • カンタンな質問アンケート

を入力し、「確認」ボタンを押してください。

 

 

 

 

 

 登録完了画面

登録したメールアドレスに会員限定サロン(無料)のご案内とサロン専用の「パスワード」が送られてきます。

すぐにご確認ください。

 

メール内容

送られてくるメールに 会員本登録サイトが書かれています。これをクリックします。

 

ログインパスワードも書かれているので、サイトをみるためにこのログインパスワードをコピペ&張りつけします。

 

 

↓ 会員限定サロンのURLをクリックすると、

 

限定会員サロン本登録サイトへ繋がります♪

情報は随時更新中です。バレエ上達にむけて応援してます!

 

メールに送られてきた「パスワード」を入力し、最後に「確認」ボタンを押すだけ♪

 

会員サイトへ繋がります。

 

 

注意事項

まず厳重注意として、このプライベートサロンではバレエを習っている方たち(子どもや女性,プライベート)の画像・動画を扱っております。サロンの主催・責任者として「万が一」の性犯罪やその他男女関係のトラブルはあってはならないことと責任を感じております。

 

大変残念ですが過去に成人男性登録者よる出会い系や恋愛系目的でサロンに入会する方が増えたため、男性の参加を基本的に「お断する結果」となりました。

 

純粋にご自身の「バレエ上達」だけを目的とした限定サロンなので、恋愛系・出会い系とは趣旨が全く違います。

 

また有料会員の方たちとのバレエの上達を目的とした「交流のイベント」をいくつか準備中ですが、このイベントは「女性限定のイベントの内容」になるため、男性の方の参加はお断りしております。

 

主催者としての責任を負っている立場として、子ども&女性の方の安全を第一優先に考慮するため、女性の方と未成年の女の子、幼少期からバレエを習っている未成年の男性のみの入会とさせていただきます。以上、ご了承ください。

 

またこのように注意書きしても執拗に名前やメールアドレスを変更して繰り返し登録してくる男性の方に対して法的措置も考えられます。ご理解のほど重ねてお願いいたします。

 

総合Arts-Danse代表
Artomo

おすすめの記事