バレエのターンアウトを正しくできると筋肉が固まらない、痛みがない?

子供からの質問や、大人からバレエを始めた人から時々寄せられる悩みの1つにバレエの美しいターンアウトが自然にできないということ。

自然にできないというのは、レッスン中に自分の足元をみて確認したり、鏡越しに自分のアンディオールを確認しなくても、体にターンアウトが染みつくようになっていないとう意味です。

 

個々の脚の形や骨格、骨組みの可動域、筋肉の質によって、ターンアウトができる範囲が違ってくるというのはこのサイトでも時々お伝えしてます。また何も180度股関節が開いている骨格でなくても、美しいアンディオールはできる!ということも知ってますよね?

 

だから自然に綺麗なアンディオールができる=自分の脚にあった「ターンアウトの改善」をすることが必要。

それには次のことをやると十分改善できます。

 

フランスのコンセルヴァトワールやパリ・オペラ座のバレエ学校で教えているバレエのための解剖学でも以下の方法を教えています。

(残念ながら、フランスの本や(FNACやGilbertではバレエ学校で使っているテキストは売られていないんですよね・・)

 

バレエで最も必要なターンアウト改善:レッスン中に足元をみて確認しない

フランスのバレエ学校でもターンアウトを足元を見たり鏡で確認したりする生徒はいます。

これが癖になってしまうと、重心が大幅に狂ってしまうので、十分注意しなければならないのですが・・

 

どうしてかっていうと、足元を見るときに必ず頭がまっすぐでなく、下に傾くでしょう?

そうすると頭は重いので、体の向きがまっすぐでなく、頭の先が下に向かってしまう。

 

せっかく体がまっすぐに引きあげる訓練をしているのに・・・頭は重いのでこれではバランスをとったり、ピルエットをまわるための脚も尾から頭の先までまっすぐの体を作りあげることはできなくなってしまいますよ・・。

 

足元をみてターンアウトを確認するのは、レッスン中でなく、自習のときにでも動きをやめてちょとだけ確認したり、自撮りで動画で後で確認して、この動きの時にはターンアウトに注意する!っていう自分メモを作り上げていって、どういうときに自分のターンアウトに注意するか?って頭の片隅にでもいれておくと、「ここで自分のターンアウトに注意」するっていう意識ができてきます。

 

こうやって1つずつターンアウトができていない自分の箇所を探して1つずつ「ターンアウトができないパ」を意識的に注意してレッスンしていくと改善に効果的です。

 

バレエでターンアウトをするためにセッションでワザと股関節の可動域を広げるのは間違いって知ってますか?

バレエのレッスンでも股関節を広げることでターンアウトをワザと開こうとするバレダンサーや、そういう教えをする先生たちがいらっしゃいます。

そもそもこれは間違いです。股関節を広げようとするってことは、自分の股関節の組み合わせを壊そうする行為

 

それが進行するとどうなるか分かりますか?

 

すぐには骨の異常は見られないかもしれませんが、レッスンを何年も続け長い期間かけて骨を広げようとする行為は骨を変形させる恐れがあります。

つまり私自身のように股関節変形の原因を作ってしまうことも考えられます。

 

私がバレエ留学していたフランスの某コンセルヴァトワールでも、股関節を広げなさい!っていう教えはしていないし、バレエ学校で必修科目となっている「バレエダンサーのための解剖学」の授業でも股関節を広げることは教えていないです。

 

ターンアウトができない人の特徴はいくつかあるって知ってた?

バレエダンサーを輩出しているフランスのバレエ学校で教わったことや、バレエダンサーのための解剖学の本や授業で学んだ時に股関節部位のターンアウトができない人の原因がいくつか載ってました。

 

バレエダンサーでもけっこうターンアウトができない箇所があって悩むんですよね・・

 

足を開こうとすると力で開こうとするので、周囲の筋肉がずっと固まってしまう

筋肉が固くなってしまったら、自己流のストレッチで柔らかくしようとトライしてもけっこうできないことが多いです。また、力でターンアウトしようとしちゃうので、股関節周辺が痛くなることもあります。

 

(私は股関節の組み合わせが浅いので可動域が広いためターンアウトも内股もできますが、日本のバレエのお教室では安易に股関節を力で開こうとレッスンしていたので、そのため股関節周囲の故障やケガ、痛みが多かったです。)

 

バレエの基本ポジションはターンアウトができるのに足をあげるとパラレルになってしまう・・

例えばバーレッスンで1番、2番、5番ポジションはラクに何も深く考えずにターンアウトができるのに、足を90度以上上げようとするとなかなかアンディオールで足をあげることができないっていう悩みがある人もいます。

 

また、足をあげるにしても、アラスゴンドやアラベスクはカンタンにターンアウトができるのに、ドゥバンの脚がアンディオールしにくいとか・・

人によってそれぞれアンディオールの悩みはつきませんよね。

 

バレエでターンアウトができる人にも悩みがあるって知ってますか?

もともとの骨格上、骨の可動域が広いと、それだけ外側にも内側にも関節が動いてしまう領域が人より広いため、ターンアウトが簡単にラクにできる人にも悩みはあります。

 

ターンアウトがやり明日い体というのは、股関節の場合を例にとると股関節の部位で重なっているお皿となっている骨同士のくみあわせが緩い。だから内股にも外側にも動きやすいので、アンディオールがカンタンに自然にできてしまうということ。

 

いいことなんんだけど、その分開きっぱなしということが生じて、筋肉のコントロールがききにくい。

 

もともと筋肉が強い人ならいいけど、弱い人は、バレエをやっていると「筋肉がぐにょぐにょでしまりがない」、ピルエットの軸がぶれやすい、回りにくい、ポジションがかなり動きやすいなど、筋肉がしっかりしていないと踊りにくいことが生じてしまいます。

 

アンディオールが生まれつき自然にできる人にも悩みはつきないものです。

 

ではターンアウトが自然に身についている人も、そうでない人も、コントールができる自分のアーンアウトができる体を手に入れるには?

 

バレエにおける自分のターンアウトを知ろう!

自分のターンアウトができる骨格の構造を知るには、1人でやるのは危険です。専門知識がないのにバレエの経験と自己流による判断ミスが生じるからです。

 

一番いい方法は、先生や、バーアテール(フロアーバレエ)等の先生にアンディオールがどこまで開くか、力をかけずに開く可動域を教えてもらうことしっかりとワークショップやレッスンで教えてもらうといいですよ。

 

私自身はフランスの某コンセルヴァトワールで、バーアテールを教えてもらったため、自分のアンディオールがどのくらい開くのか感じることもできたし、視覚的にも理解できました

そしてこのフロアーバーをやると、必要な筋肉がどの部位なのあが分かりやすい。重力が立っているときよりも床に寝ているときのほうが体に余計な負荷がかからないので。

 

フロアーバーで、余計な力を筋肉にも骨にもかけずに最小限の力で筋肉をほぐしながら(リリース)上下に力を伸ばしてあげる、筋肉を長く細く引っ張るイメージをフロアーバレエで習得できるとバレエでも生かすことができます、

 

筋肉や関節に痛みがあるときは、その個所をがんがんに動かさずにほぐしながらゆるめていくことが大切です。

 

楽にターンアストができる「自分の方向性」と筋肉の伸ばし方~リラックスする」ことを習得できれば、美しいターンアストも自然に癖づくことができますよ!痛みもなくね。

その部分をほぐして行く事が大切で、ターンアウトし続ければより開くというものではありません。とは言え、少しでも制御された部分がほぐれ始めたら、ターンアウトする時でもその”方向性”が分かってくるのです。

この動画はタ0ンアウトもできるようになり、筋肉をりらっくすさせて伸ばしていく運動の一部です。↓

 

個々の能力や体の合う合わないもありますが、フロアーバー=バーアテールを続けると、筋肉を伸ばしてリラックスさせながらた美しいターンアウトが手に入るので、バレエノレッスンと並行してトライと継続が必要です。

バレエ相談メルマガはコチラ

当会員サイトでは無料のメルマガやってます。

お名前とメールアドレス。専用会員サイトパスワードを入力してから

お入りください。

PASS;frenchballetclass

 

お名前  
メールアドレス
パスワード

おすすめの記事