国内・海外のバレエ団オーディションと1次選考の書類選考で必要な「身長」の関係

 

バレエをやっている人であれば身長は高ければいいということはもう知っていると思います。

日本国内のバレエ団でも有名な東京バレエ団や新国立劇場のバレエ団では163㎝以上が当たり前。

 

身長で差別化するなんてと思うかもしれませんが、背が高い方がその場にいるだけで舞台で映えるんで、仕方のないことです。

やはり容姿もバレエでは重要ですから。

ジュニアの人たちやこれからバレリーナになりたいと思っている人は、男女ともに変なダイエットで成長が止まらないようにだけは心がけてください。特に10代後半に栄養素が足りないと男女ともに背は伸びにくくなってしまうので。

 

ヨーロッパのバレエ団ではどうかというと、160cm以上では小さすぎます。最低でも女性であれば165cm以上は欲しいところ。

男性であれあ175㎝以上は当たり前ですね。女性の身長が高いし、ポワントでたったら20㎝はプラスされますから、男性もそれ以上に高い人を望みます。

 

 

背が低い人がバレエ団のオーディションに合格することはできる?

 

 

バレエ団のオーディションを受ける前に、履歴書CVをバレエ団に送って、一時審査の履歴審査に受かった人だけが(公開)オープン・オーディションを受けられるのが通常です。これは日本でも海外のメジャーなバレエ団でも同じこと。

 

そこでネックなのが、身長制限。

極端に背が小さい人はオーディション会場に行くとわかってしまい、最初から受からないこともありますが、4,5cmの身長であればウソを書いてもいいのかなと経験上個人的に思います。

 

どうしてかというと、履歴書を送った段階でオーディションエントリー不合格なんて、自らチャンスをつぶしているようなこと。

それに5cmほどの差であれば、オーディション会場でそれほど目立ちません。

それより踊りや、立った時の雰囲気や踊り方、テクニック、プロポーションが重要視されるからです。

 

個人的に私自身は160cmですが、ヨーロッパのバレエ団を受けるときは164㎝と書いてオーディション履歴をまんまと送ってました。

165㎝以上の人をのぞむ!という時は、当然165cmと書きました。それほど身長制限には注意して記入をしてください。

ウソとわかっていてもオーディションにこぎつけなければ話になりませんから。ポワントを履いてしまえば身長差なんて関係なくなるし。

 

日本国内の有名なバレエ団でも160~165cmが最低ラインの身長です。

新国立バレエ団は女性の背が高いことでも有名ですよね。背の低い人は研修生に選ばれてもその先の新国立のバレエ団へ入団で来ている人は背が高い。これは新国立バレエが始まって以来、芸術監督が代わっても継続していること。

 

すごくテクニックが上手で見た目もバレリーナ体型で、バレエの条件を備えている体だとしても、見てもらえなければ意味ありませんよね?

 

だから特にプラベート・オーディション以外でのオープンオーディションではぱっと見、他のバレエダンサーよりも見栄えがすることが要求されます。

 

結果、オープン・オーディションや海外のバレエ団の1次書類審査では身長が応募条件より低い人は落とされます。

 

 

バレエのために無理なダイエットや悪い生活サイクルは身長も止めてしまう

 

 

 

成長期には誰でも太ることは仕方ないです。

ここで栄養素をよくとっておかないと、背が大きくなりません。

 

国内のバレエ団であれば例えば谷バレエ団であれば背の低いバレリーナの方やバレエダンサーの方もいらっしゃいますが、身長が低いとバレエ団を受ける際にも身長制限に引っかかってしまう場合が多いです。

 

だから海外のバレエ団や日本の有名なバレエ団を受けたいと思っている人は小さい時からダイエットのやり過ぎには注意が必要です。

 

 

身長を伸ばすには何が必要か?

 

 

バレリーナを目指す子供にとって、高校生から身長が伸びるように気を付けようというのでは遅いです。

 

高校生になるまでに体が成長するための重要な栄養素や十分な睡眠が必要だからです。

 

身長が伸びる成長期までにいろいろな栄養素をとっておて、健康な体つくりを作っておくことが「成長期」で背を伸ばすことに必要なんです。

だから小学生や中学生の時には無理なダイエットをするのではなく、太りにくいもので身長を伸ばすために必要な栄養素を取る必要があります。

 

 

シリアルはパリ・オペラ座バレエ学校では推奨されていない食べ物って知ってますか?

 

 

発表会の練習やコンクールの練習で休日や祭日でも長時間練習するときは、シリアルとかチョコバーとか簡単に食べられてすぐに栄養補給はできるけど、シリアルを食べること自体はしないほうがいいかな。

 

理由は簡単。シリアル自体は栄養価が高いい割にカロリーが少なく、食物繊維も豊富なのでダイエット中にも便秘になりにくい。だけど市販で売られているのは、必ず油やお砂糖、糖類のものが混ざって売られている。味をおいしくするためなんですよ。これが太る原因。それよりも例えば2週間のバレエ学校用のダイエットメニューをやったほうが、下半身が痩せて健康的な体になるます。

 

フランスで留学していた時は、シリアルは食事メニューには一切出てきません。それほど注意すべき食べ物です。(もちろんパリ・オペラ座バレエ学校でもシリアルの食事メニューは寮生活の食堂で一度もだしません!)

 

ダイエットをするならパーソナルトレーナや栄養について十分知識がある元バレエダンサーや教育を受けた資格のあるバレエ教師の元で正しい指導を受けることをぜひおすすめします。

デュカンダイエットをトライしてみるのも健康的な体になれるし、痩せる体を維持できるので自己投資をしてもいいんじゃないですか?デュカンダイエットやフランスの某バレエ学校(コンセルヴァトワール)の成長期にも健康的な食事方法を知りたい人はコチラ☞

 
 




PAGE TOP