バレエで胸を小さくみせる方法:レオタード選び編

バレエをやると胸が痩せるという都市伝説を書いているHPやブログがありますよね?

3歳からバレエをやってコンクールにでるほど毎日夜中まで練習して、フランスに留学してバレエ団でやってきましたが、バレエ=胸が痩せるという因果関係は直接ありません。(経験から言って)

 

ただバレエを本格的にやろうとすると自分の体型を気にするようになるでしょう?

もう少し痩せたい・・ってね。

 

そうすると必然的に食事の量や食べるもので脂肪がつきにくいものを選ぶようになります。だから痩せていく。

その痩せる過程で、胸から痩せやすい人、おなかやお尻から痩せやすい人、いろんなタイプがいます。

元同僚のバレリーナをみていると、日本人の場合だと、胸から痩せる人が多い感じがします。

 

こういう↑バレエの事情を踏まえたうえで、本題に入っていきます。

胸が大きくて困っている思春期のバレリーナちゃんの悩み

 

164cm、49kgで胸がDカップです。
なぜか痩せても胸はそのままで、痩せるとかえって胸が目立ち、みっともなく感じます。

学校のお友達からは羨ましいとか言われますが、バレエをしている私は全然嬉しくありません。

また今回男性とパ・ド・ドゥ(※)を組むので気にしています。

何か胸を小さくする方法、または小さく見せる方法はありますか?
参考 http://xn--ick2dvd106o837a.net/archives/201)

 

バレエやっていない人だと痩せているのにバストが大きいって女性的にうらやましいんですけど・・。

やっぱりバレエで胸が大きいと、それだけ上半身が太って見えちゃううんですよね。

衣装を着て舞台にでるとかなり太って見える。

(舞台はなぜか太っていない体系のバレリーナでも普通体型にみえて、お稽古場だと普通体型なバレリーナが舞台ではちょっとポッチャリ系にみえちゃうっていう怖さがありますよね・・。)

 

私もバストがバレエの世界ではあるほうなので、この悩みよくわかります・・。

(160㎝、46㎏、Dカップ、W56ですから・・)

 

ただ、レオタードを小さいサイズにしたり、厚いフィット感がする生地のレオタードを選ぶと余計に呼吸が苦しくなるんです。特にフェッテや、男性とのリハで・・。

 

だからレオタードの素材で何とかしようとは考えるのをあきらめました。でもレオタードのある2点に着目して、バストが大きくみえるのをカモフラージュは多少成功しましたよ。あとで私自身の実体験をお話しします。

 

バレエをやるのに胸が邪魔です。
小さくする方法を教えてください。

23歳、157.5cm48.5kg(ややデブ)
胸はC65ぐらいです、

もちろん体重も10kgぐらいは落とすつもりですが、胸の重さが

結構あるので身長の割に体重が重い感じです。
今はUNIQLOのブラトップSサイズにTシャツ、タイツ、三分丈のスパッツでレッスンしています。

年齢が上で大人からバレエの人の方が胸がスッキリしていて、自分だけブヨンブヨンで恥ずかしくてたまりません。

(ヤフー知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10177156175より)

 

別に体系的にはふつうタイプじゃないかな?

 

バレエを本格的に目指すんだったらもう少し痩せたほうが美しいバレリーナ体型に見える・・ぐらいかな。(でも下手なダイエットすると、体が大人になっていない分いろんな栄養素が足りなくなってしまうので、バレエどころではなくなってしまうことも。)

 

バレエのレッスン中はやはりいろんな重ね着して練習してると、体のラインが見えにくいので先生も注意しにくくなる→結果、バレエがうまくなることを自分で妨げてしまっていことにつながるので注意が必要です。

 

特にまだ未成年のバレリーナちゃんや、幼稚園や小学生の小さい子どもたちは、体のラインの矯正(見た目の改善)をレッスン中に先生に注意してもらいながらバレリーナの美しい動きやしぐさ、テクニックが備わっていくから、あまり重ね着はお勧めしません。

 

(特にバレエ留学や、コンクールでの入賞、将来バレリーナになりたい人は、やはり体のラインを矯正してもらえるように外国のバレエ学校ではピンクタイツ+レオタードですよ♪)

胸を小さくみせるレオタードを選んでバレエに集中しよう!

バレエのレオタードにはいろんなタイプ、いろんなカラーのレオタードがあります。

また使っているレオタードの生地によってもバストラインの見え方や体全体の見え方がちがってきます。

ここでレオタードをちょっと詳しく比較してみましょう!

胸が小さく見えて痩せるみえるレオタードを探してみよう♪

レオタードの生地、形、色によって体のラインの見え方が違ってきます。

特に思春期の胸が大きくて気になるバレリーナちゃんはどういうレオタードを選べばいいか分かりますか?

 

胸を小さくみせるレオタード生地比較

 

レオタードの生地 触った感触 締め付け感
ベルベット 厚みを感じるちょっとザラザラ感 しっかりホールドする感じ
メッシュ、リクラ、ナイロン、ポリウレタン等 サラサラ ホールドしながらも呼吸が楽にできるし、様々バレエの動きにフィットする感じ

 

胸を小さくみせるレオタードの形比較

レオタードの形の違いはバスト~肩の付け根までのデザインの違いになります。以下の種類にレオタードはわかれます。特に胸が大きくて困る人はどのタイプのレオタードを着れば多少は目立たなくなると思いますか?

 

タイプ別キャミソール 特徴
キャミソールタイプ 紐タイプなので肩から胸が強調されるつくりになります。
ノースリーブタイプ

キャミソールよりは胸~腕の杖根のラインは強調されません。バストの大きさが気になる人だった胸と並行に胸のカットがデザインされているものよりもVネックの形を選んだほうがまだ胸の大きさは気にりません。

フレンチスリーブタイプやキャップタイプ

胴体から袖部分まで続いてカットされた生地のタイプなので、胸から腕にかけて太さが目立ちにくようにカットされているのが特徴です。

ホルタータイプや袖ありの襟ぐりがVネックや胸元があまり開いていないデザインと同様、バストが大きい人でも目立たないデザインになってます。

ホルターネック ホルターネックは肩を強調させる形なので、ある程度バストへの注目が薄れるタイプになってます。バストを隠して肩を強調させて見せるタイプなので、腕が長く見えるのが特徴。
袖ありタイプ(半袖、5分丈、7分丈、長袖)

胸がすっぽりと生地で隠れているため、胸の大きさが多少カモフラージュされるタイプです。

 

袖の長さの好みもありますが、長そでや7分丈が腕がほっそりして見えるのも特徴。

 

どうでしょう?

見た目、どのレオタードのタイプを着ると胸の大きさがカモフラージュされる設計になってるかわかりましたか?

 

避けるのはキャミソール。腕が太くみえて、肩も胸も太く見えがち。これは肩紐だけで、胸周りや肩周りが大きくあらわに露出されてしまうのが原因です。胸の大きさが気になるバレリーナちゃんにはお勧めしません。

 

逆に、ホルターネックタイプ、フレンチスリーブタイプやキャップタイプの袖が長いタイプのレオタードで胸をすっぽり隠してカバーする形のレオタードは胸が大きい人には多少悩みを解決してくれるレオタードに見えます♪

 

ここらへんでも胸が多少小さくみえるレオタードは決まるんですが、あと一押し!

どういうカラーが痩せて見えるか?=胸が小さくみえやすいか考えていきましょう!

 

胸が小さく見えやすいバレエのレオタードの色選び

 

あとは色の問題ですよ!

カラー カラーで与える印象
黒、茶色、ダーク系 体を引き締める効果のあるカラー
白、淡い明るいピンク系 体のラインを膨張させるカラー(特に淡いピンク系)
ブルー系、緑系、ラベンダーや紫の淡い色 黒やダーク系よりは引き締め効果のある色ではないけど、落ち着いた感じや柔らかな印象を与えるカラー。生地によっては痩せている印象を与えるカラー
ビビット感の原色やはっきりとした色 元気な印象を与えるカラー。体のラインを引き締める印象はない。

 

どうでしょう?カラーを選ぶだけでも、多少は胸の大きさをカモフラージュできるので、レオタード選びには注目したいですよね♪

 

胸の大きさをある程度カバーする効果のあるレオタードの色は、黒やダーク系、深いブルー系や、濃いグリーン系が好まれます。またダーク系の色に続いて引き締め効果のカラーの淡いブルー系やブルー系、緑系、ラベンダーや紫の淡い色もそれほど胸の大きさは強調されないです。

 

以上のことを考えると、胸が大きくて気になるバレリーナちゃんは、次のポイントをおさえるとバストが強調されづらいレオタードをみつけることができますよ!

 

  • ・レオタードの素材がベルベット以外の多少フィット感がある生地
  • ・ホルターネックタイプ、フレンチスリーブタイプやキャップタイプ(袖が長いタイプ)
  • ・黒やダーク系、深いブルー系や、濃いグリーン系、淡いブルー系やブルー系、緑系、ラベンダーや紫の淡い色

 

いろんなレオタードのタイプを実際に試しながら、自分の体のラインが一番綺麗に見えるレオタードを見つけてレッスンや男性とのリハーサルができるようになると、もっとバレエが楽しくなりますよ!

 

バレエが楽しくなるから、レッスンももっとするようになる→バレエの上達の近道につながります!

 

またバレエのレオタードには胸のラインの裏地が二重になっていて胸のホールド感をキュッとさせてバストが多少揺れない設計になっていたり、胸がすけにくいようになっているレオタードがあります。

 

私の知る限り、Yumiko、Otonorito(オトノリト)、エルベのレオタードはこういったバストラインも二重構造になっていて、しかもバレリーナやバレエ関係者が作っているレオタードなので、バストラインだけでなくバレリーナの体のラインがより美しいように形作られているので、こういったブランドからレオタードを選んでみるのも一つの方法です。

 


 

 

おすすめの記事