ネレアさんをバレエ目線で辛口評価:バレリーナの太さと収入を考えてみた

バレエyutuberとして有名なヤマカイさんのパートナーのネレアさん。今回はバレエのプロ目線からネレアさんのバレエ界におけるバレリーナとしての条件、バレリーナとしての収入や人生設計について検証してみようと思います。

 

バレエの世界の人、プロのバレリーナを目指す人にとっては十分理解できると思うところもあると思いますが、特にヨーロッパの人たちと対等にバレエを職業としていくための体の条件は、踊りをパッと見た限り、う~んん・・・と思わざるを得ないの人も多いのではないのでしょうか?

 

それほどバレエの世界、特にヨーロッパでのバレリーナとして仕事にするにはかなり身体的条件が求められることを念頭においてこのブログを読んでほしいです。

 

またネレアサンファンには申し訳ないのですが、実際にフランスのバレエ学校で手足の細長い将来のバレリーナになるべく選ばれた生徒たちを目の当たりにして、またヨーロッパでのオーディションで目の当たりにした圧倒的なヨーロッパ人たちの体型、バレエの条件、カンパニーでの葛藤、そういう経験をしている元バレリーナの目線でネレアさんを一人のバレリーナとして検証してます。

 

そのためネレアサンファンの人たちには申し訳ないと感じています。

 

ただこれからプロのバレリーナを目指す日本人の生徒さん、ヨーロッパのバレエ団で活躍したいと思っている生徒さんにとっては、こういうヨーロッパのバレエ学校の現状、バレエ団の現状を知っていてほしいのです。

 

その点において↑今回はネレアさんをバレリーナとしてそしてユーチューバーとしてバレリーナの条件とバレリーナの収入(人生設計)を比較していきます。

アメリカのバレリーナ、ネレアさんが学生の時の踊りについての印象

 

今ではアメリカの中規模のバレエ団に所属のバレリーナ、ネレアさんですが、一般の前で踊りを公開したのはローザンヌコンクールがあげられます。

 

まずこの初動画を見た感想。あくまでもバレリーナを目指す人たちの目線、バレエ教師や元バレリーナとしての目線から。

全体の踊りの印象、イメージとしては手先の伸ばし方、オーロラの3幕の振り、音のアクセントの取り方、オーロラ3幕のアチチュードの高さ等、「ロシア流バレエ」ということがすぐにわかりました。

 

ただ一つ、ロシア流バレエ、ボリショイアカデミーバレエ学校へ留学してプロのバレリーナになるための学んできたとプロフィールには書かれてますが、バレリーナとして西ヨーロッパのバレエ関係者の感覚では正直「身長がかなり低いために余計目立つ足の太さ、特に太もも」が疑問に感じるという声を聴きます。

 

ローザンヌ決戦でのyoutube動画はまだ細い、他のバレリーナの方たちと似たような体型でもあります。

 

 

やはり太もも太すぎるのでは?プロのバレリーナとしてネレアさんの足の太さを考える

ここからはあくまでもプロのバレリーナを目指している方に対しての一アドバイスになればと考えてます。

事実、特に西ヨーロッパのバレエ団で活躍しているバレリーナたちと比較して、ネレアさんのバレエダンサーという立場を考えると辛口になってしまうので、ファンの人にはご気分を害されると思います。

 

しかしこれから西ヨーロッパのバレエ団を目指しているバレリーナ、子どもさんに対して真実をお伝えできればと思い情報を公開します。

現在の、アメリカでのバレエダンサーとしてのネレアさんのスタイルは、はっきりいうと西ヨーロッパのバレエ団に入りたいと思っている人、バレエ学校に留学したいと思っている人にとって、太すぎます。

 

足のラインは世界でもトップレベルのバレエ学校に留学しただけあり、美しいラインです。

X脚で甲のラインもあります。アンディオールも見事にできてみえます。

ただ「太いん」です。

 

特に所属されていたニューヨーク郊外の中規模のバレエ団では「クラシックバレエ」のみを演目にしていたので、同じジャンルのバレエ団はやはり「バレエの世界におけるライン、体の美しさ」をかなり求められます。

また身長もかなり低いのでよけいに足の太さが目立ってしまいます。

 

今の若いバレリーナを目指している子どもさんのほうがよっぽど足のラインも体全体の見た目の美しさ、身体的能力も西ヨーロッパのバレエ学校に通う生徒さんに劣りません。同等でバレエ学校で戦えるレベルまで上がってます。

 

私もフランスにバレエ留学した時に激太りした結果↓

膝~太ももが極端に太いバレリーナのデメリット

バレリーナでもネレアさんのように足、特にひざ~太ももにかけて太すぎるラインだとやっていることはすごいことなのに、すごくみえないというデメリットがあります。

 

↑画像のアラベスクの高さは2人とも同じくらい。

でも、

ひざ~太ももの太さによって、アラベスクの長さ・美しさ・高さの見え方が違うのは瞬間にわかるでしょう?

 

  • 足が高く上がっていても視覚的に高く上がっているようにみえない
  • ジャンプ力もあるのに重くてドシドシした踊りに見えてしまう。クラシックの演目を踊るための「可憐さ」にかける
  • 脂肪が邪魔して上がる足も高くあがらない
  • 体重が重いため足腰、股関節を痛める危険性が高い

 

身長がバレリーナとしては異例なほど(155㎝)かなり低いので、余計に他のバレリーナと比較して太ももはより細くないとほっそりとしたプロのバレリーナに必要な美しいラインが見られないのが残念です。

 

次にバレリーナの収入と生活設計について考えていきます。

 

youtuberとしてのネレアさん、バレリーナを目指す日本人は果たしてどのように解釈しているのか?

バレエをやっていてyoutuberで7桁~8桁の年の売り上げに成功したバレリーナやバレエダンサーの一人であるネレアさんですが、youtuberという肩書を除くとバレリーナとしての要素は国柄もありますが、ヨーロッパでも日本の主要バレエ団でもオーディション条件には入っていないほど条件が悪いのは知ってますよね?

 

youtuber &アメリカの片田舎の小規模バレエ団のバレリーナですが、本当にバレエが好きな人、趣味でも本格的にバレエを習っている人、バレリーナになりたいと思っている生徒さんたちはネレアさんについてどう思っているのでしょうか?

 

コチラでちょっと批評をみました。

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/dance/1596973821/58-n

ローザンヌコンクールに出場した時、すでにボリショイバレエスクールに留学中で参加したネレアさんですが、彼女の踊りにはどのような批評があったのでしょうか?

 

賛美両論ですが・・。

やはり真面目に、本格的にバレエを学んでいる人は年齢にかかわらず、バレリーナとしての体型もバレリーナとしての生活方法もいい評価はされていないことが見えてきます。

 

プロとして将来的に職業舞踊手となる可能性が高いコンクール参加者であることが入賞の目的になるコンクールです。

また審査員関係者もローザンヌコンクールを経験し、世界の大きな劇場でバレエダンサーと活躍してきた人がジャッジをしているので、一人ひとりのバリエーションに対する特典、批評についてもまちがいないでしょう。

 

身長:155㎝(ダンサーとしてはかなり身長は低いです💦)

 

youtuberとして副収入を得る方法だと、長期的に将来や老後を考えた時に果たして続けられているのかかなりあいまいな副業になります。

 

自転車操業と同じ収入の獲られ方ではなく、とりあえず収入をバイトやこういったユーチューバーとして収入を得られる手段を選んだとしても、同時に長期的に資産を稼げるようにあなたの人生設計を考えながら、資産構築方法を早めに取り入れておくことを警告しておきます。

 

まとめ:ユーチューバ&バレリーナとしてのネレアさんに対する私の考え

身長がかなり低く容姿も太いバレリーナは世界で有数な国立のバレエ学校やバレエ団では職業としてのプロバレリーナを目指すことから反しているため、オーディション不合格の対象となるので、これからプロのバレリーナになりたいと希望する人は彼女を目標の一人としていたらマイナスになります。

 

もしバレリーナや芸術家、スポーツ選手等、フリーランスの副業としてのユーチューバーを目指すのであれば、成功する手段が見つかっているあるいはサポートしてくれる人たちがいるなら生活費+@として考えるのはベターなのではないかと考えます。

 

日本では特にバレリーナ、芸術家のフリーランスとしての仕事は社会保障が全くないため、生活費を稼ぐための一つの手段として芸術家としての職業以外で一時的に収入を得られる方法がないと生きていけませんから。

ただこういったユーチューバーは、グーグルの規定が厳しいため、突然グーグルの広告判断やアップデートでチャンネルを消されることも予測しておくことが必要です。チャンネルが消えたら一気に収入も0になります。

 

やはり西ヨーロッパのバレエ団で将来活躍したいバレリーナの人たち、バレエを学んでいる方たちはやせ型の体型を目指したほうが合格率がアップします。

 

フランスでも極端に太い生徒、太ってしまった生徒は入学できないし、退学を言い渡されます。

ジェシカズ・フォーミュラ

バレリーナの食事サポートとダイエット厳選特集
おすすめの記事