ドイツ、フォアポンメルン州立バレエ団の情報とオーディション

 

TanzArt4397

 

 

ドイツの一番北に位置するフォアポンメルン=グライフスヴァルト州立バレエ団、BALLETTVORPOMMERN

 

フォアポンメルン=グライフスヴァルト群立バレエ団の紹介

 

このバレエ団の特徴は、クラシックバレエと現代バレエを踊れる約10人ちょっとのダンサーで構成されています。

ダンサー30人以上の中・大カンパニーと違い、どのダンサーもかなり踊ることができるし、重要な役も渡されます。

カンパニーの作品は現代バレエ的な振り付けが多いです。振り付けは若い新進コリオグラファーとのコラボで、ストーリー性のある踊りが多いです。

 

 

フォアポンメルン=グライフスヴァルト州立バレエ団のオーディション(参考)

 

tanzart-rkw-230515-7722

 

 

バレエ団のHPにオーディション情報がのるので、最新情報はHPを確認してください。

通常であれば、メール連絡先に必要書類を送り、書類審査が通れば、プライベートオーディションについて折り返し返信がきます。

 

必要書類(参考):

  • バレエの履歴書(英語OK)
  • バレエの写真
  • 踊っている映像があればそのリンクを伝えること

 

(メールで書類を添付する時は、Director ~宛てに送った方がいいと思います。 )

HP: http://www.theater-vorpommern.de/ensemble/ballett/

 

 

フォアポンメルン=グライフスヴァルト州立バレエ団

 

 

Theater Vorpommern, Greifswald

 

 

10人ほどの小さなバレエカンパニーですが、ドイツのバレエ団ではめずらしいことではありません。

経費削減の方法の1つなんですよね。逆に一人ひとりのダンサーに重要な役が割り振られるので、いろいろな踊りをレパートリーニ増やすチャンスです!

 

州立のバレエ団なのだから、お給料もしっかりと支払われるし、生活も踊りだけで生計できるんですよ!日本と違い、ほんと恵まれてますよね!

 

このカンパニーには以前「新国立劇場」のダンサーだった野村綾子さんという方が所属されていらっしゃいました。足の付け根から足先まで外側に筋肉がついていて、すっごくきれいな足にみとれてしまいます。




PAGE TOP