元オペラ座エトワールの新しい私立バレエ学校の留学詳細

 

フランス、パリにある元パリ・オペラ座の有名な私立学校を知ってますか?

この学校は2015年の9月に創立したばかりで、元パリ・オペラ座のエトワールご夫婦が開校しました。

クレール・マリー・オスタとニコラ・ル・リッシュさんのバレエ学校です。

 

学校の正式名称は、 l’Atelier d’Art Chorégraphique、(通常LAAC)。

場所はシャンゼリゼ劇場内にある有名な私立のバレエ学校です。

 

この学校のコンセプトは、若いセミプロのバレエダンサーをプロフェッショナルなバレエダンサーや振付家を育てることです。

この点は、カンヌのロゼラ・ハイタワーのバレエ学校と同じです。

 

基本的に13歳~17歳で才能のある若いセミプロのバレエダンサーがより本格的にバレエ、振付、その他振付家たちとのコンテンポラリーダンスの作品作りが主なレパートリーです。

 

 

創設者がオペラ座やその他のバレエ団との繋がりが深いため、いろいろなバレエ関係者とのコネクションもあり、国立のバレエ学校への編入やバレエ団への入団、クラシックやコンテンポラリーダンスのコンクール入賞も輩出しつつあります。

 

老舗のバレエ学校へ長期留学する前に留学経験を味わうためや、バレエ留学とはどういうものかを経験するためにも、こういうバレエ学校へ短期留学して、自分のバレエの留学経験を増やしてもいいですね。

PAGE TOP