バレリーナになれないと分かったときどうする?

58257896

小さい時からバレエを本格的にやって、いつかバレリーナになりたいと思って練習していても、バレエ留学までしてもプロのダンサーになれない人は今の時代いっぱいいますよね。

悲しい事実ですが、そういう時にどうするべきか、自分と見つめなおす時期が誰にでもやってきますよね。

 

スポニチのネットニュースで読んだ記事。ご存知の人もいると思いますが、2011年の<3年B組金八先生>で俳優さんとなった趣里さん。お父さんは俳優の水谷豊さんともあって、芸能界にデビューしたのは当たり前かなと思いましたが、そうではなく思春期の頃にイギリスにバレエ留学したほど、バレリーナになることだけを目指していた人の一人です。

 

いろいろな小さなケガが続いたことと、アキレス腱断裂という大きなケガでバレリーナになることを断念しなくてはならなかったつらさは相当なものだと思いますね。

ケガ以外にも身体的能力やバレエのラインに生まれつきなっていないことに気づき、バレエを趣味に変更して継続したり、全くバレエを諦めてやめてしまう人もいます。

 

本当に自分にバレリーナになる才能があるのか?

56711001

そう、ある程度までバレエを踊れる人でも、プロになれない自分の状況をどう理解するか。自分の進むべき道をもう一度考え直して、大学に行きなおおすか、大検を取り直すか、一般の会社に就職するか、それとも中途半端なバレエ教室のアシスタントやバレエ協会の時々ある公演に参加しながら、バレエをセミプロ?として続けるか・・。進むべき道はいろいろありますが、どれを選択しても責任は自分に振り返ってきます。だからこの選択を間違わないようにバレエ関係者以外の声も聴くといいと思います。

 

自分もバレエのプロとして目指した経験があるので、友人・知人もバレエ関係者がいますが、やはりバレエの教えをやったり、バレエ協会の公演にでて生きるのもやはり20代前半ぐらいまでだったら許されるのかなと感じましたね。

もちろんそれだけでは生活は成り立たないので、(実家生活なら生活を切り詰めればできるのかな?)、バイトをしながらの生活をしている人がほとんどでしたね。

そういう経歴だと、20代後半、30代以降、一般社会では何も職歴がないので、毎月生活していくのも黒していますね・・。
女性であれば結婚してしまえばダンナさんに生活費を稼いでもらえるから、バレエもこれまでどおり続けられると思うという考えも夢で終わるのが大半ですね。今の日本は就職難だし、正社員でもいつ首切られるかわからない状況で人の心もシビアになっている時代です。そんな生半可な気持ちでは結婚生活も破たんしている元バレエダンサーの友人も数人います。

 

私自身ももう40代前半になり、バレエ関連のお仕事はしてますが、自分が踊るだけの生活からは足を洗っています。いつまでも自分のバレエのラインが美しく綺麗に保てていられるわけでもないので・・。悲しい事実ですが年齢には勝てません^^。

でもバレエが好きなので趣味としてレッスンも続けているし、大人のバレエの発表会にも時々参加させていただいています。

 

「バレエすること」は年齢とともにいろいろなやり方に変化していきます。

プロのバレエダンサーになれなくても、バレエを続ける方法、発表会に参加して踊る喜びを味わうことはいろいろあります。

もしバレリーナになれなかった時に、いかに自分がバレエ以外のを探すことにプライドが許せるかということは大切ですね。

「プロとしてバレエの才能がない」と思春期に見極めるのも大切です。

 




PAGE TOP