バレエ教師が自己満足のために教えているバレエ教室を見抜こう!

バレエブームになって、大人のバレエ初心者のかたも爆発的に増え、子どものころからずっとバレエを習っている大人の継続者や再開者の方たちも増え、バレエをすることによって楽しみが増えているのが純粋に嬉しい!と思います。

 

こういう状況に便乗して、個人的に気がかりなことが1つあります。

バレリーナになるのが夢だったけど、夢を実現でき無かった人たちが、バレエ教室を開いたり講師として小さなバレエ教室で教えていたり

プロとしてダンサーになれなかっただからせめてバレエ関係の仕事に就きたいという気持ちなのでしょうか?

 

でもよく考えてほしいですね。

そもそも論として、バレエのプロダンサーになる「実力」がないから、プロになれなかったんですよ。

若い先生であれば、今ならお金を出せばバレエ留学できちゃう学校もあります。そういう状況でもバレエ(短期)留学の経歴もないというと、留学する実力ではなかったんですよ。

所詮、アマチュアです。好きと現実は違います。

ここでいう実力はバレエで基本的な要素、アンディオールができてなかった人も多いと思います。アンディオールができないと、筋肉の使い方も違ってきますし、外見的な要素も違ってきますからね。

 

バレエ団で踊ったことのないバレエ教師がよく言う言葉はこれ!

511③

そういう実力のない人たちのあきらめの悪さ。そういう低レベルの人たちが開いているお教室で子どもたちが教わっていると思うとゾっとしちゃいます。

そんなお教室に通っている子供たちも可哀そうに思います。

 

そういう低レベルの人たちがよく言っていること。

「プロのバレリーナでも教えが上手とは限らない。」

確かに教え方はうまい人もいらっしゃればそうでない人もいらっしゃると思います。でもバレエを教えるには自分の足や手、頭や首のラインを見せながら教えるんですよね?ターンアウトができていない内股の足、5番ポジションが甘い人、そんな人お手本になると思います?

 

バレエってイメージの芸術でもあるんですよ。良いイメージも悪いイメージも柔軟な子どもの頭ほどイメージとして残ってしまいます。内足、甲なし、ひざが曲がっている他、バレリーナとしてほど遠い汚いイメージを子どもの頭に植え付けちゃっていいのかな?って思います。

 

実力のあるバレエの先生の見分け方

5574519856_0773162277 (2)

バレエを「教える」ことは責任が伴うこと。だから次の3点がないひとはバレエ教師になるべきではない

  • ピルエットのパッセが内股で、2回転も普通に自然にポワントで回れない人がどうやってテクニックを見せながら教えるんですかね?
  • メジャーnなコンクール入賞の経歴がなくて、どうやってコンクールのレッスンをみることができるの?
  • 留学した経験がないのに(バレエ団で踊った経験がないのに)、どうやって生徒にバレエ留学の正しいアドバイスをするの?

 

 

バレエのプロダンサーなる夢を実現できなかった人が開いている人のバレエのお教室は、自分の夢だけに固執した「自己満足」でしかないですよ。

将来、本気でバレリーナになりたいと思ったら、まずバレエのお教室選びからよく考えてくださいね。
先生のプロフィールをよくみること。
特に「~の公演、プロジェクトに参加」だけで、バレエ団在籍が書いてない人は、バレエ団に入る実力のなかったアマチュアの人ですよ。

 

PAGE TOP