バレエのオーディションと身長の関係

 

バレエをやっている人であれば身長は高ければいいということはもう知っていると思います。

日本国内のバレエ団でも有名な東京バレエ団や新国立劇場のバレエ団では163㎝以上が当たり前。

 

身長で差別化するなんてと思うかもしれませんが、背が高い方がその場にいるだけで舞台で映えるんで、仕方のないことです。

やはり容姿もバレエでは重要ですから。

ジュニアの人たちやこれからバレリーナになりたいと思っている人は、男女ともに変なダイエットで成長が止まらないようにだけは心がけてください。特に10代後半に栄養素が足りないと男女ともに背は伸びにくくなってしまうので。

 

ヨーロッパのバレエ団ではどうかというと、160cm以上では小さすぎます。最低でも女性であれば165cm以上は欲しいところ。

男性であれあ175㎝以上は当たり前ですね。女性の身長が高いし、ポワントでたったら20㎝はプラスされますから、男性もそれ以上に高い人を望みます。

 

背が低い人がバレエ団のオープン・オーディションにこぎつける方法

 

 

バレエ団のオーディションを受ける前に、履歴書CVをバレエ団に送って、履歴審査に受かった人だけが公開オーディションを受けられるのが通常です。これは日本でも海外のメジャーなバレエ団でも同じこと。

そこでネックなのが、身長制限。

極端に背が小さい人はオーディション会場に行くとわかってしまい、最初から受からないこともありますが、4,5cmの身長であればウソを書いてもいいのかなと経験上個人的に思います。

 

どうしてかというと、履歴書を送った段階でオーディションエントリー不合格なんて、自らチャンスをつぶしているようなこと。

それに5cmほどの差であれば、オーディション会場でそれほど目立ちません。

それより踊りや、立った時の雰囲気や踊り方、テクニック、プロポーションが重要視されるからです。

 

個人的に私自身は160cmですが、ヨーロッパのバレエ団を受けるときは164㎝と書いてオーディション履歴をまんまと送ってました。

165㎝以上の人をのぞむ!という時は、当然165cmと書きました。それほど身長制限には注意して記入をしてください。

ウソとわかっていてもオーディションにこぎつけなければ話になりませんから。ポワントを履いてしまえば身長差なんて関係なくなるし。

 

無理なダイエットは身長も止めてしまう

 

成長期には誰でも太ることは仕方ないです。

ここで栄養素をよくとっておかないと、背が大きくなりません。

 

国内のバレエ団であれば例えば谷バレエ団であれば背の低いバレリーナの方やバレエダンサーの方もいらっしゃいますが、身長が低いとバレエ団を受ける際にも身長制限に引っかかってしまう場合が多いです。特に海外のバレエ団や日本の有名なバレエ団を受けたいと思っている人は小さい時からダイエットのやり過ぎには注意が必要です。

 

ダイエットをするならパーソナルトレーナや栄養について十分知識がある元バレエダンサーや教育を受けた資格のあるバレエ教師の元で正しい指導を受けることをぜひおすすめします。

 




PAGE TOP